スパーダありきのステップワゴン その実力は?試乗インプレ①

スパーダ頼み

いくら物が良かったとしても売れるとは限らない。

強者は売りやすく、チャレンジャーは何か新しい機軸を打ち出さないと見向きもしてもらえない。

新しい機軸はゲテモノとなってしまうこともある。

純粋に商品力を高めるか、コマーシャルというかイメージ戦略に賭けるか、商売とは難しいものです。


トヨタはなんだかんだで車両として信頼性が高くユーザーの趣向に合わせてノア・ヴォクシー・エスクァイアーを用意し安定の商売。リアゲートの使い勝手が悪かったりセレナやステップワゴンと比べて先進安全装備が弱く、取り敢えず 対車両自動ブレーキだけはつかました、レベルでも売れています。

セレナはやっちゃえ日産ということで自動運転風のプロパイロットとリアのガラスハッチ、ハンズフリースライドドアなどの機能面の打ち出し方で、旧型のプラットフォームとパワーユニット、偽ハイブリッドでも売れています。


スパーダの顔を売れ筋のデザインにすることでマイナーチェンジを敢行したステップワゴン。



今回はステップワゴンスパーダクールスピリットとスパーダハイブリッドホンダセンシングG-EXについて試乗したのでインプレッションとしてまとめていきたいと思います。

もはや販売比率的に8割がスパーダらしい、ってことでデフォルトでスパーダのインプレになります。

1.5ターボはどうか


まずは1.5リッターのターボの印象から。

ターボでV-TECであっても相変わらずの実用型のエンジンで、2リッターNAと言われても違和感のない感じです。実際のところ2リッターのNAよりもトルクに厚みがあるような感じで、力感と言うか、温かみのあるトルク感と言うか、意外とパワフルに感じます。

年次改良かMCでのセッティング変更か、1年くらい前に乗った時よりもなにか変わったように感じました。


営業マン曰く、CVTのマッピングなどが少し変わったかもしれず、坂道での制御や回転の引っ張り具合などで馬力は変わっていなくても力強く感じる部分もあるかも?とは言っていましたが、地道な改良を重ねているのかもしれません。


1.5リッターターボのハンドリングや乗り心地についても少し改善されているように感じます。

17インチとのマッチングが良いのかハンドルの切り足しに対して車体が無理なく付いてくるような印象です。

段差などの通過したときの衝撃なども大き目のアルミの割に良好な感じです。なんだか、以前に試乗したときよりもちょっといい車感が増しているかもしれません。


残念なのが速度を上げた時のロードノイズでしょうか。

クラス相応なので仕方がない部分ではありますが、50㎞/hを超えたあたりからはそこそこ騒音が高まるような気がします。

国産の5ナンバーのハイト系のミニバンであればどれも似た感じですが、まあまあウルサイですね。

スタッドレスを履いた日にはヒャーっと盛大なロードノイズが透過してきそうな気がします。

インテリアに華があるか


インテリアはルームランプの調光機能が個人的なツボです。



内装の仕立てとしても合皮とファブリックの組合せは好きですが、照明によってインテリアの見え方がより上質に見えるものではないかと思います。

走行中に煌々とつけるものではありませんが、リラックスするときやリフレッシュするときに活用できそうに思います。


1.5リッターターボのスパーダクールスピリットは総じて出来が良いと思います。

エアロパーツにクロームメッキ、室内は黒を基調としたクールな空間、マイルドヤンキーが好む上級そうな仕立てで、クールスピリット仕様はハイブリッドには設定がないと言うのも差別化のポイントとして良い。

要望があればハイブリッドモデルのクールスピリット仕様も追加されるかもしれないとのことですが、ハイブリッドモデルのプライスライン的に微妙とのこと。

価格は高め

車体で370万の仕様と言うのはやり過ぎ・・とのことでマイナーチェンジではその仕様の設定はされなかったとのことです。


デメリットとしてはハイブリッドでないのに値段が高い、ってことでしょう。

だいたいですが車体で310万円くらい、オプション着けて乗り出し360万円ってところです。

17インチは個人的にマッチング良いサイズの足回りだと思いますが、維持費的には16インチよりはタイヤ代が高価です。

非ハイブリッドで機能が違ってくる

そして実はホンダセンシングの機能の違いがあり、ハイブリッドモデルでは全車速前車追従クルーズコントロールとなり、停止まで制御されます。

ですが、ハイブリッドでないホンダセンシングの機能としては30㎞/h以上のみでの追従走行であり、30㎞/hを下回ると機能解除されて惰性で走るというオチがあります。

その後もプリクラッシュセーフティが働いて追突せずに止まらないこともないそうですが、ACCによる停止制御ではないので非常に危険とのことです。



あえてハイブリッドを選ばない理由として・・


運転席、助手席から2列目へのウォークスルーの頻度が高ければ非ハイブリッドとなるでしょう。



ハイブリッドモデルはフロントシート下にバッテリーを搭載しているため、フロントフロア下が盛り上がっています。

それをカバーするようにセンターコンソールとトレイを置いており、さらに電子式パーキングブレーキのスイッチをわざとらしく飾っています。

ウォークスルーには正直邪魔です。

天井が高く車内移動しやすい車を求めているのであれば、ハイブリッドは不向きかもしれませんね。


そんなこんなで試乗レポートは②へと続きます。


ハイブリッドのインプレについてです。



Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ