C-HRは今買わない方が良い?オススメグレードは?試乗記⑤

出足好調のC-HR

納車まで3か月以上待つということで人気車種となっているトヨタ新型C-HR。

ザックスのサスを装備して欧州車的な走りを実現、内装はデザイン製でそこそこの上質感を演出、プリウスとのプラットフォームの共有でコストを抑えてそこそこ割安に見え、ハイブリッドはプリウス・1,2リッターターボはオーリスと共有してコストカットでターボで4WDとなるとトヨタ的珍しい組み合わせ・・など売れる要素を備えまくっています。

ハイブリッドには前輪駆動の2WD、ターボには4WDのみと割り切った設定。ハイブリッドの4WD、ターボの2WDは今のところ用意されていません。今後売れ行きを見て、ユーザーの要望に応えたという形で新しい組み合わせのグレードが展開されると思われるので、それを待ってもいいかもしれません。

駆動方式による車高に注意

ちなみに都市部のマンションなどに多い機械式駐車場ではC-HRは入らない可能性があります。

駐車場の規格をしっかりと確認しましょう。
ハイブリッドは全高が1550㎜となっていて利用可能なところが多く、ターボ(4WD)は1565mm、車高的に入らないところが増えます。


全幅が1795mmあるというのも要注意ポイントと言えるかもしれません。

納期とエコカー減税

出たばかりですが、納車までにそこそこの期間がかかるとのことでエコカー減税の適用を受けられるのか?といったことも気にかかる人も多いとか。

3月末までに納車分であれば適用OK、4月以降・来年度も概ねエコカー減税延長されるだろうとの見通しで見積もりを作ることも多いようです。

もし、納車スケジュールと減税で問題あればその分は販売店が持つ!と強気で言い切るところもあるようです。

震災・天災的なもので不可抗力的に遅れることもしばしばあるので余裕を持った車選び、納車スケジュールとできるように、常日頃から新車チェックは大事ですね!

ちなみにエコカー減税の概算でいくと


ハイブリッドが10万円くらい


1.2リッターターボが2万円くらい


と、なっています。ハイブリッドを選択する方には割と重要になってくる額です。

走りのグレードが人気?


人気のグレードは1.2リッターターボ(4WD)のG-Tグレード。18インチアルミのモデルですね。


2,775,600円~ からのグレードです。


次いでハイブリッドのG(上級グレードのほう)
2,905,200円~


その次がハイブリッドのS
2,646,000円~


最後がS-Tのターボの廉価グレード。
2,516,400円~


新車の販売開始直後の傾向として、上位グレード、装備てんこ盛りが多く出るというのがあるようで、販売が落ち着くと廉価グレード~中間グレードに人気が映るというのが通例だそうです。

ナビは装着率が高め、値引きの材料にも

装着の多いオプションがナビ 10万円~30万円までありますが、30万円のナビは値引きが出来るとのことで比率が高めになっているとか。

次いでLEDランプ関係のもの。15万円くらい。

レザーシート(7万円)は装着率は微妙だそうです。ノーマルのファブリックやハーフスエードレザー調のものでも十分に質感が高く満足度が高め、必要性が薄いとのことです。

カラーはホワイトとレッドが有償で3万円くらい。

下取りに有利な白黒とカタログでのイメージカラー的なシルバーも人気が高いとか。

陰影がきれいに見えるということで濃い目の色が映えるということで色選びは楽しそうな車種です。

流行りのツートンカラーは遅れて追加

おそらく流行りのツートンのルーフカラーのモデルが追加になるとのことですが、時期は未定だそうです。

1年とか2年経ってのモデルやグレードの何かしらの目新しさを出す時に合わせてくる可能性が高いでしょう。

値引きは対抗モデルとの比較で

値引きに関しては渋く、5~10万円前後とのこと。オプションの装備品によって値引き・・とありますが、ナビ・バックモニター・ETC、コーティング関連の値引きがメインとのことです。

本体と合わせての値引きとしては20万円前後が限界かと思われますが、直近でMAX値引きは3月頃にならできるかも、販売店による提示条件との兼ね合い次第でしょう。


比較となりそうなモデルとしては日産のジューク、
最大のライバルで潰しにかかっているホンダのヴェゼル、
そしてマツダのCX-3と言ったところ。


輸入車だとプジョー2008とかだと値段的に260万~ と、バッティングするところでしょう。
それぞれのモデルに一長一短あると思いますが、簡単にまとめると
ジュークは単純に安い。ただ古いってだけだけども、173万円~


ヴェゼルは広い。走りがスポーティ、だけど硬い乗り心地、そして室内が圧倒的に広め。ここ最近のコンパクトSUVのベストセラーでランキング上位。200万円前後~


CX-3はデーゼルゆえに走りもパワフルで乗り心地も欧州車的、室内はC-HRと同じような感じで狭め。しかしディーゼルオンリーで値段が高め(と言ってもC-HRと同じくらい)250万~ となっていて売れてない不人気車種になっています。


C-HRの初期のオーダー的には乗り出しで330~350万円前後のモデルが多いという話です。


多少は割高でも、新しくてトヨタが満を持して販売するSUVだから人気、という気もしますが、まずは実車の早めのチェックが大事かもしれません。

新しものに飛びつくタイプでなければ、今後のグレード展開やカラーバリエーションの追加など、年次改良やマイナーチェンジくらいまで待っても良いかもしれません。そこらへんで完成度・満足度が高まる車かもしれませんね。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ