C-HR試乗インプレ③ デザインとリアの居住性などなど

C-HR、見るからに狭そうに感じるのに、よくコレで市販に踏み切ったな・・と多くのトヨタ車ファンの方は思ったのではないでしょうか?コンセプトカーに似せて、しっかりとデザインにエッジを効かせて登場させてくれました。
リアのランプの造形とか、かなり頑張っています。鉄板の加工で実現できないデザインの部分は樹脂パーツを用いて形を作るなど、こだわりが見えます。トランクスポイラーとルーフから傾斜の流れなど、ワゴンとは思えない角度でガラス面が備わり、アグレッシブさを強調しているようです。
20161217_130720.jpg
個人的には色んなライバル車からのインスパイアを受けたものもあると思いますが、その筆頭と言えばリアドアのハンドルでしょうか。
20161217_130726.jpg
ドアハンドルのレバーをヒデゥンタイプの物を採用していて、ジュークとヴェゼルの後に続いています。アルファロメオにも多かったタイプですが、リアドアがスムージングされたようにキレイに面が出せるというメリットや空力的なプラスポイント、デザインのアクセントになっています。反面、ドアを開けるときがやや手間だったりします。たぶん、C-HRのドアは子供からすると非常に開けにくい。100㎝の子供であれば届くとか、開けられるとは営業マンの話ですが、小学生未満には開けずらいのは間違いないので、そういったキッズがいる場合にはエスコートして開けてあげましょう。
リアのガラス面積は異常に狭いのですが、室内は思いのほか閉塞感はないかもしれません。
20161217_1303401.jpg
スライドやリクライニングは無く、荷室とのアレンジもシートの6:4に分けての前倒しのみですが、リアシートの着座感はまあまあ。肘周りのスペースがあり、そこそこ広くは感じますが、印象としてはパッソのシートと同じような感じかと思いました。
12.jpg
外からの見た目の割に広めです。
大人4人の乗車であれば難なくこなせる居住性と言えます。
2016.jpg
フロントシートが大きめでセミバケット風、肉付きの良いシートバックゆえに圧迫感を感じる方も居るかもしれませんが、足元、膝前のスペースに関しては確保されています。物理的には空間はあっても、見た目の印象的には圧迫感はあるので、感じ方は人によって差がありかもしれません。ぜひ実車を見てみましょう。
なぜかリアシートばかりのインプレッションになってしまいましたが、見た目に反してトヨタ的な快適性は最低限担保されている印象。ラゲッジスペースがそこまで広くないということや、リアシートのスライドできず荷室スペースの調整ができないなどの使い勝手でやや不便な部分はありますが、コンパクトSUVとしてそこそこ広くて快適、3人くらいであれば板3枚積んでスノーボードに行くなどの使い方もできると思います。トヨタでSUVでスノボ・・というとあまり他の車種で選択肢はハリアーかランクル(笑)、となんだか大げさな車というチョイスに。パーソナルでコンパクトなスノーボードエクスプレスとしてはもしかしたらC-HRは良いのかもしれません。

このあとにも
試乗記続きます。
C-HR試乗インプレ④ ナビの収まるインパネって実は・・
更新しました。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。


90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です