ジャスティはやめておけ!?スバルの兄弟車は損をするかも というハナシ

スバル・ダイハツ・トヨタの国内戦略車、ルーミー・タンク、トールの兄弟車、スバルジャスティ。

日本で約21年ぶり車名復活となりましたが、ある意味初代のcompactハッチバックを現代の水準に当てはめればもしかしたらこうなるのかも?・・といった感じでしょうか。

デザインエッセンスがまんまトヨタのルーミーの標準フェイスと、ダイハツトール・トヨタタンクのカスタム顔という取り違っちゃったのかと思うような組み合わせで販売。

エンジンが1リッターなんてのは旧ジャスティを彷彿とさせちゃう当たりはちょっと面白いところ。

スバルジャスティ 標準モデル



トヨタルーミー



スバルジャスティカスタムグレード



タンク



ちなみにつぶしにかかっているライバルのソリオ



ソリオバンディット(トヨタ・ダイハツで言うところのカスタムグレード的な)



デザイン的にはスバルの組合せはやはり謎。

ジャスティの美点としては全車スマートアシスト付きのグレードしか設定がないというところ。

自動ブレーキ普及の立役者的なメーカー故に、そこだけは譲れないようです。

スバルが本当に売りたいのはインプレッサやレヴォーグですが、どうしてもコンパクトカーや軽自動車をラインナップせねばならず、トヨタやダイハツの圧力に屈しなければいけない部分もあるようです。

しかし、販売店はジャスティを全然売る気がない。展示車も試乗車もほとんどのディーラーで用意しないという中々の暴挙。

インプレッサの販売時期とややカブリ、どちらを優先・・となればOEMではなくて自社の自車となるようです。

同時期に販売が被ったスバルインプレッサの試乗記 シリーズで⑤まで続きます。

インプレッサスポーツ試乗①・レガシィを超えるのか?

インプレッサは200万円~でデキの良いスポーティな乗用車。ジャスティとはコンセプトが違います。

スバルでは以前もOEMでトヨタラクティス→トレジアを扱っていたりしましたが、全然売れませんでした。

売れてもあまりスバル的には利益は出ず、走りの質感でも全くスバル車の水準ではなくプアなもので、中古市場では寝落ちが激しく下取りも悲惨と言う販売店泣かせな問題車であったりしました。

今回の新型ジャスティもOEMで供給されるものの、走りの性能ではイマイチです。

1リッターのNAに関しては動力性能的にギリギリ許容できるかどうかと言うレベルだと思います。

しかもスバルで買うと、メーカーのバッジのせいで売ろうとした時に二束三文になりかねないという多大なリスクを含んでいます。

値引きも自販でないので渋く、魅力と言えば好みの顔の選び方とグレード選びがシンプルで、人気が微妙なため納期が早めなくらい(地域によって異なるそうですが)。



内装の使い勝手はスバル車にないものを備えており、子供などの家族を中心に短距離の移動、車内での過ごし方にフォーカスする車としては中々リーズナブルで、良いチョイスになり得ます。

スバル車で広々とした室内とスライドドアの車は無かったりしますので、使い道によっては選択肢に上るかもしれません。


ただし、スバルで買うというデメリットが結構あるということを念頭に置いて検討しましょう。

トヨタ、ダイハツで買うことを強くオススめします。



過去の試乗インプレ参考にしていただければと思います。

ルーミー試乗 不足するパワーをどう考えるか?インプレ①

ライバルの試乗記

トヨタ製のソリオに負けない スズキ・ソリオ試乗インプレ①



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です