ジャスティはやめておけ!?スバルの兄弟車は損をするかも というハナシ

スバルのビッグネーム復活ではない

スバル・ダイハツ・トヨタの国内戦略車、ルーミー・タンク、トールの兄弟車、スバルジャスティ。

日本で約21年ぶり車名復活となりましたが、ある意味初代のcompactハッチバックを現代の水準に当てはめればもしかしたらこうなるのかも?・・といった感じでしょうか。

OEMでグレードとデザインチグハグ

デザインエッセンスがまんまトヨタのルーミーの標準フェイスと、ダイハツトール・トヨタタンクのカスタム顔という取り違っちゃったのかと思うような組み合わせで販売。

エンジンが1リッターなんてのは旧ジャスティを彷彿とさせちゃう当たりはちょっと面白いところ。

スバルジャスティ 標準モデル



トヨタルーミー



スバルジャスティカスタムグレード



タンク

ちょっと変わった組み合わせのグレードでフロントフェイスを中心に変化を持たせています。

ソリオキラーの一端を担う



ちなみにつぶしにかかっているライバルのソリオ



ソリオバンディット(トヨタ・ダイハツで言うところのカスタムグレード的な)

ソリオは標準フェイスとカスタムでオラオラ具合やマイルドヤンキーの好みなどに合わせてチョイスできるフロントの差別化をしています。


見比べてみてみると、
デザイン的にはスバルの組合せはやはり謎。

ジャスティの美点は自動ブレーキ標準

ジャスティの美点としては全車スマートアシスト付きのグレードしか設定がないというところ。

トヨタやダイハツ的には一部レスオプションに出来る自動ブレーキ系の安全装備ですがスバルは純正で標準装備一択です。

自動ブレーキ普及の立役者的なメーカー故に、そこだけは譲れないようです。

スバルの売る気のなさよ

スバルが本当に売りたいのはインプレッサやレヴォーグですが、どうしてもコンパクトカーや軽自動車をラインナップせねばならず、トヨタやダイハツの圧力に屈しなければいけない部分もあるようです。

しかし、販売店はジャスティを全然売る気がない。展示車も試乗車もほとんどのディーラーで用意しないという中々の暴挙。

インプレッサの販売時期とややカブリ、どちらを優先・・となればOEMではなくて自社の自車となるようです。

同時期に販売が被ったスバルインプレッサの試乗記 シリーズで⑤まで続きます。

インプレッサスポーツ試乗①・レガシィを超えるのか?

インプレッサは200万円~でデキの良いスポーティな乗用車。ジャスティとはコンセプトが違います。

ジャスティのメリット・デメリット

スバルでは以前もOEMでトヨタラクティス→トレジアを扱っていたりしましたが、全然売れませんでした。

売れてもあまりスバル的には利益は出ず、走りの質感でも全くスバル車の水準ではなくプアなもので、中古市場では寝落ちが激しく下取りも悲惨と言う販売店泣かせな問題車であったりしました。

今回の新型ジャスティもOEMで供給されるものの、走りの性能ではイマイチです。

1リッターのNAに関しては動力性能的にギリギリ許容できるかどうかと言うレベルだと思います。

しかもスバルで買うと、メーカーのバッジのせいで売ろうとした時に二束三文になりかねないという多大なリスクを含んでいます。

デメリットばかりなんですよね。

値引きも自販でないので渋く、魅力と言えば好みの顔の選び方とグレード選びがシンプルで、人気が微妙なため納期が早めなくらい(地域によって異なるそうですが)。



内装の使い勝手はスバル車にないものを備えており、子供などの家族を中心に短距離の移動、車内での過ごし方にフォーカスする車としては中々リーズナブルで、良いチョイスになり得ます。

スバル車で広々とした室内とスライドドアの車は無かったりしますので、使い道によっては選択肢に上るかもしれません。

在庫状況的に納期が早いとかと、スバル随一の室内広さとスライドドアと言うのがメリット


ただし、スバルで買うというデメリットが結構あるということを念頭に置いて検討しましょう。

トヨタ、ダイハツで買うことを強くオススめします。



過去の試乗インプレ参考にしていただければと思います。

ルーミー試乗 不足するパワーをどう考えるか?インプレ①

ライバルの試乗記

トヨタ製のソリオに負けない スズキ・ソリオ試乗インプレ①

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ