C-HR試乗インプレ④ ナビの収まるインパネって実は・・

高い完成度で評判となっているブランニューモデルのトヨタC-HR。
コンセプトカーの形を忠実に市販モデルに落とし込んだと人気を呼んでいます。インテリアにしてもショーモデルのような高いデザイン性とドライバーオリエンテッドな雰囲気が人気を博す理由のようではあります。
しかし、ショーモデルやカタログとちょっと違和感を覚えたナビ周りのインテリアの質感。
試乗したのはG-Tという1.2リッターターボの上級グレードですがナビなしのモデル
20161217_130742.jpg
ややドライバーの方を向いているナビやエアコンのスイッチ類ですが、ナビ周りのボリュームが少ない・・?
20161217_1307423.jpg
蓋をしてあるから・・?と思いきや、
9インチのナビを付けるとセンタークラスターパネルが一回り大きめの物に変更になるとのこと。
カタログに写真掲載されていたり、試乗車でデモカー的に仕立てる時は9インチのナビをインストールするよう仕向けられていたりするようです。
05_01.jpg
センターパネルごと交換して9インチのナビを装着。C-HRのインテリアにはこれくらいのボリューム感などがマッチするように思います。
05_011.jpg
パネルごと交換する9インチのナビは25万~30万円くらいの設定です。
7インチのナビで10万円~20万円くらい、このタイプだとセンタークラスターは標準の(私の乗った試乗車サイズ)ものとなり、やや小ぶりにはなります。大きいナビが収まる方が車の外観とのバランスやサイズ感的に似合うような気がしますが、9インチの装着で300万円超えてくるのは間違いないでしょう・・
インテリアの見どころとしては、フロントシートのボリューム感が良いことがあり、着座感がワンクラス上のモデルのように感じること。コンパクトSUVという括りで言えば、シートに関してはレクサスNXと比べても見劣りしないかもしれません。
デザインのアクセントとしてはダイヤモンドの形、ひし形がモチーフとなっているそうです。
ルーフを走るダイヤモンドの流れ。
08.jpg
ドアの内側のパネルの紋様もダイヤ風。
carlineup_c-hr_interior_cockpit_pic_13.jpg
エアコンのスイッチやハンドル埋め込みのスイッチ類もダイヤモンド柄になっています。
20161217_130734.jpg
ミニが丸・〇モチーフを使ってデザインの全体のコーディネートをするような感じで、C-HRも随所に菱形のデザインを入れてきていますが、これが伝統として貫き通せるかが見ものです。トヨタのそういったモチーフは万人受けしないとなるとあっさり変更になることも多く、一貫性のないモデルデザインとなることが多かったりしますので、マイナーチェンジやモデルチェンジで古臭くならないことを祈りたいと思います。
外観、内装のデザインの目新しさやに心を奪われがちですが、インパネの質感、触り心地でいうとけっこうハード系のプラスチックを使っていて、実はそんなに高級感はありません。レベルでいうとシエンタに近い感じでしょうか。デザインで質感の低さをカバーする≒コストが低い素材をそれなりに仕立てる好例としてあげらることの多い車種ですが、なんとなく似ているものを感じます。爪で押したり叩いたりすると音と感触で質感が解るかもしれません。若干ですがプリウスの内装の方が良い素材(感触の良い素材)を使われている面積が広く、長期間保有したときの質感の高さで差が出るかもしれません。
ターボの4WDモデルでも車内へのロードノイズなどの侵入は少ないので、走りの実の部分を優先して作られているように感じます。
この辺はぜひ実車をチェックしてほしいところです。
試乗インプレ⑤へと続きます。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。