ガソリン式EV ノート e-POWER 試乗インプレ① 概要 編

コンセントから解放されたEV といった表現が正しいか、2016年11月に登場した新型ノート 1.2 e-POWER。


現行ノートが登場したのが2012年、今回のモデルは新型ではありますが、実際はモデルチェンジでなくてマイナーチェンジによる追加パワーユニットのグレード設定と言えなくもないです。

セレナも自動運転を大々的に謳っていますが、プラットフォームはキャリーオーバーした物凄い大掛かりなマイチェンのようなものです。そういう意味でもやっちゃっているぜ!日産!



ちなみに純粋なEVであるリーフの登場は2010年末、ノートのプラットフォームと1.2リッターの発電用にちょっと手直しした旧型のエンジンに、リーフのモーターを組み合わせるというので出来上がったのが新型ノートイーパワーとなります。

リーフのようにコンセントや充電設備は不要なのがポイント。


ノートイーパワーのくくりとしては一応ハイブリッドということになりますが、エンジンで車軸を直接回すわけではないので表現が微妙です。

モーターで走るEVですが、容量の大きくないバッテリーをフロントシート下に積み、バッテリーの蓄電エネルギーと、パワーが必要な時の電力や電圧低下時にガソリンエンジンの駆動でオルタネーター・インバーターを回して電気を稼ぐもので、間接的なエンジン駆動です。

BMWのi3のレンジエクステンダーモデルと同様ですが、ベースが大容量のリチウムバッテリーを積むEVでエンジンがオプションのi3・500万円~に対し、ノートはバッテリー容量を小さくして以前までの在り物ををミックスして作ったから200万円くらいで用意できる、とはディーラー営業マン談。


ノートe-POWERのサイズは5ナンバーコンパクトクラスの標準的なサイズ


全長 x 全幅 x 全高 4100 x 1695 x 1520 (mm)


アクアやフィット、ヴィッツやデミオと似たようなサイズ感です。


ベースのガソリンモデルとの外観上の識別点はグリル周りのブルーのラインが解り易いところです。



サイドやバックにも専用のエンブレムがあり、エコでクリーンっぽい感じに。



車重1.2トンは運転席と助手席のシート下に配置されたバッテリー、エンジンと組み合わされるモーター、その搭載に伴うボディ補強などでの重量増でベースの1.2リッターガソリンエンジンにくらべて200㎏くらい重いようです。


カタログ燃費は34.00(km/l)、ガソリンタンク容量は41Lとなっていて、理論上は1394キロ走行可能、少なく見積もって800~1000㎞無給油で走行可能とのこと。

担当営業さん曰く、どうあがいても満タンから600㎞は走っちゃうとか。


EVですが、結構頻繁にエンジンがかかるタイプで、強制EV走行出来たりはしません。

頻繁にエンジン掛かるといってもハイブリッド車よりもエンジンの回っている時間は少ないように思いますが。

プリウス、アクアではEVモードというのがあったりしますが、そこまでの畜電池の容量がないようで、坂道に差し掛かればすぐエンジン掛かるし、アクセル踏み込んでもすぐエンジン掛かります。

しかし、従来のハイブリッドのようにエンジンとモーターの出力の切り替えの段差のようなものはないのと、アイドリングストップの始動停止に関してもかなり静かでオーディオをかけていたら気付かないレベルとも言えます。

従来の車では味わえない電気モーターで走る気持ち良さを身近に、そして日常の足として、そして充電設備を気にせずガソリンスタンドでなんとかなる、というのが新しい価値観を提示してくれています。

コンセントからの解放、これって現状のインフラでは物凄く大事です。新型ノートは今までの車と同じように付き合える、そしてEVのようである、というのがポイントになりそうです。

気になる方は展示車、試乗車チェックして見ましょう!


試乗インプレ② 走り編 そしてリーフの現状に続きます。



展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。


90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です