ボルボにSクラスは作れない?Eクラス対抗新型S90/V90ってどんな?

果たして真っ向勝負となるのか?満を持して登場するボルボの新世代フラッグシップS90・V90シリーズ。
ボルボのイメージリーダーとしてはワゴンのV90を推してくる部分ではあると思いますが、そのポジションは、SクラスとEクラスの間を狙うようなところでしょうか?
S90
全長×全幅×全高=4963mm×1890mm×1443mm
V90
全長×全幅×全高=4963mm×1890mm×1475mm
20160711-20102901-carview-002-1-view.jpg
20160711-20102901-carview-006-1-view.jpg
ボルボのフラッグシップとしてのサイズ感は、全長と幅が結構あるイメージ。
対してメルセデスベンツのサイズ感。
Eクラス
全長×全幅×全高=4880×1855×1455
Sクラス
全長×全幅×全高=5120×1900×1495
となっています。
モデルチェンジの度にサイズが大きくなっていくのが世の常、Eクラスもモデルチェンジすればサイズはもう少し大きくなることが予想されるので、概ね次期Eクラス相当として、S90・V90が登場すると言った感じのようです。
北欧のプレミアムブランドとして打ち出したいボルボですが、さすがにSクラス相当のモデルをラインナップするのは厳しいかもしれないですね。
価格的にはEクラスより若干安く、600万円~日本に導入されることが予想されます。Eクラスも現行では599万円~となっていますが、最安グレードは受注生産で、実際にはほぼ売ってない、売る気のないという釣りグレードなので、注意が必要です。
ボルボのエンジンのラインナップ。
T5(FF)はターボで254PS、
T6(AWD)はスーパーチャージャー&ターボで320PS
PHEVのT8(AWD)はモーターとのシステム総合で407PS
ディーゼル・エンジンも直列4気筒2.0LでD4(FF)は190PS、D5(AWD)は235PS
エンジンはすべて直4の2リッターで、排気量は共通、チューニングの違いとか、過給機の違い、モーターによるアシストの追加などでスペックが異なり、それに合わせて価格も上がります。付随して装備品のレベルも上がる設定になるようです。そういった仕様は先にデビューしたXC90と同様のヒエラルキーとなっているようです。XC90はPHVだと1000万円を超えるグレードとなるなど、S90/V90でどういった値付けとなるか興味がわきますね。
20160711-20102901-carview-003-1-view.jpg
インテリアも新世代のXC90に準ずるもの。
ダッシュボードを左右に流れるシルバーのトリムがシームレスにつながったものであり、木目の質感もテカテカした感じではなくマットに仕上げているような印象にあります。スイッチ類がかなり減らされ、縦型のモニター内に集約されているようです。トレンドと言えばトレンド、乗っかっている感じではあります。
あとは価格帯的にメルセデスEクラスやBMW5シリーズ、AudiのA6あたりと真っ向勝負できるほどの走り、質感の高さを実現できているかどうか、そのあたりが気になります。
日本国内導入は2016年内、もしくは2017年初頭を予定しているとのことです。ディーゼルモデルは遅れて2018年くらいの導入でしょうか。XC90もディーゼルモデルが追加を予定していると、営業担当さんは言っていたように思いますが、実際のところ時期や詳細はまだ決まっていないとのこと。VWに端を発するディーゼル問題で、チェックが厳しいんだかなんだか、いろいろあるようです。BMWなどは1シリーズやミニにもディーゼルを導入するなど、積極的なので、ボルボも負けず遅れずサードウェーブディーゼルと謳っていたころのように勢いを見せてほしい物です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です