さながら走るオール電化か!?東京キャンピングカーショー2016

展示台数は多くはないけども、いつも新しいコンセプトの車が話題になる、東京キャンピングカーショー2016・・・行きたかったなぁ・・・
いくつかの車種を写真を交え紹介したいと思います。
rem Forest(キャンパー鹿児島)車載用リチウム蓄電池を搭載したモデル。
20160704-10247615-carview-005-1-view.jpg
走行して充電出来るタイプ。
満充電だと、エアコンなら約13時間、IHクッキングヒーターで約7.5時間、液晶テレビで約80時間、全部同時に使うと3時間位使えるとのこと。エアコンだけなど、炎天下の車中泊であれば、一晩持つくらい。料理も電気で出来る。テレビならナイター中継くらいは冷房を聞かせながら見ていられる、イメージでしょうか。
トヨタハイエース(スーパーロング)をベースに制作すれば、室内居住空間にも不足はないでしょう。
蓄電池やシンク、家庭用エアコン、給排水タンク、外部電源、常設ベッド、フロア施工などが標準装備され、19インチテレビや冷蔵庫、電子レンジ、リアヒーターなどのオプションが付いて、約690万円で販売とのことなので、結構興味がわきませんか?
装備てんこ盛りだとこの価格ではありますが、使用用途や装着アイテムなどを厳選すれば理想の一台を作り上げることも出来るはず。
キャンピングカーイベントなどあれば行きたいものですね。
日本を旅する楽しい人が増えれば、経済の活性化にもなるかも?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です