車の駐車中に使うべきサンシェード、その効果は?

夏場の駐車中の車内温度ってなんどまで上昇するかご存知ですか?
ボディカラーによっても若干の差があるようですが、白でも黒でも50℃以上になることも多いようです。
ダッシュボードに限っては70℃を超えることもあるようですね。
お湯が沸きそう。
外気温が30度を超えるときには、20度くらいの車内の快適温度からのエンジン・エアコン停止、そこかた5~10分前後で夏日25℃~30℃の気温まで上昇して15分では熱中症の危険がかなり高まり、30分で40℃を超えるそうです。割と早い段階から熱中症指数が危険レベルになりますね。
ダッシュボードは車内の温度よりさらに高温になるようで、物を置いておくと危険。
スマホは高温で使用不能に、ライターも溶けたり破裂したり、引火したりもあるようなので注意が必要です。
可燃性の高い危険物を車内に置くのは避けましょう。
ハンドルも高温になると火傷の可能性があるので注視しましょう。
サンシェードをセットしていても車内温度が40℃以上になることは変わりませんが、ダッシュボードの温度上昇は多少緩和され、温度の上昇を緩和してくれますね。
サンシェードを活用すると紫外線からもブロックしてくれるので、インテリの劣化も防いでくれます。
71hYo6EIbWL._SL1000_.jpg
断熱効果が高い物などは値段もそこそこします。フィット感もそこそこ。

100均とかにも似たものは売っていますが、ふにゃふにゃで使いにくくカバーしづらいので、安物は避けましょう。フロントもサイドもカバーするのがベストですね。

暑い車内に乗り込む時の瞬間冷却スプレーというものも。

シートを冷却したり、洋服に振りかけて涼しくなったりと出来るアイテムですね。
ドライブの時のクールビズも大事かも。

暑い季節をクールに快適に過ごせると良いですね。
暑くて注意力散漫にならないように、安全運転で行きましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です