BYDアット3(ATTO3)中国製EV豪州仕様試乗インプレ①概要編 

先鋒アット3(ATTO3)

2023年に導入開始するBYDのEV3車種。

中国の自動車メーカー、BYDの日本法人ビーワイディージャパン(略称BYDジャパン)は、子会社のBYD Auto Japanを通じて乗用車を日本に導入、その先鋒として登場予定なのがアット3(ATTO3)

コンパクトSUV…?にしては少し大きいものの、EVであり、そして安い!価格設定になる予定のようで。

話題のアット3、試乗してきたのでインプレッションとして解説していきます。

ちなみに試乗は抽選高倍率…

このBYDの試乗イベントは、中々に大掛かりなイベントとのタイアップである感じですが、1日の基本的な試乗枠は12組だったかな。

当日受付のみで、受付開始前から人が立ち並び、即時に受付終了、抽選になるなど、かなり注目を集めているようです。

そして、ハンディカムやカメラジンバルなど持ってる人は多くて、youtuberなどの動画配信死者が多いのだなと思いました。

ユーチューバー枠や自動車評論家枠が有ったりとかするのかも知れませんが、抽選は中々エキサイティングです。

試乗用に用意されたアット3は豪州仕様の右ハンドル仕様、ウィンカーとワイパーは日本向けに日本車と同じ設定で、ハンドル正面右レバーがウインカーとなっていました。

車体のOSはグーグル製(ナビだけじゃなくてエアコンなどの制御CPUもグーグルらしい)ですが中身は英語表記のままで、日本ではまだ、地図表示などは出来ないそうです。

ちなみに車載のOSがグーグルなのはボルボも同じです。ボルボもピュアEVであるC40Rechargeも同様にグーグルインサイドしています。

ボルボは車載OSをグーグル化を進めているメーカーです。

ボディサイズとスペックの確認

コンパクトSUVっぽく凝縮したデザインのように見えるのですが、全幅がちょっと大きめ。

ATTO3サイズ

アット3のボディサイズは全長・全幅・全高 4,455×1875×1615mm となています。

全長は長くないけども、幅がちょっと大きいのよね。欧州的なコンパクトSUVの考え方の反映された数値に見える。

デザインもけっこうどこかで見たものをミックスしている感じもありますね…

ホイールベースは2720mmとなっていて、5人乗り、電池は59.65kw で航続可能距離は485kmとなっていますね。

150KWはおおよそ204馬力程度でトルクは310Nm…距離は走るしなにげにハイスペックじゃないですか!!

タイヤサイズは235/50R18、タイヤはコンチネンタルエココンタクトです。

235/50R18 タイヤはコンチ:エココンタクト

足元、大事ですね。

価格は中国本国だと300万円程度~とのことで、日本向けには399万円程度とか?300万円台前半?と噂されています。

なんにせよ、仮に400万円程度だとしてもEVの中では突出して安い価格帯となりそうでもあります。

アリアB6とヒョンデアイオニック5と比較してみると

日産アリアB6のFFで539万円が通常価格、218馬力であり、WLTCモード航続距離:470km となっています。
アリアのサイズは全長 4,595 mm x 全幅 1,850 mm x 全高 1,665 mm

アイオニック5のRWD・廉価モデルの方では170馬力・航続距離は最廉価モデルのみ58kWhバッテリーで498km(479万円)
アイオニック5のボディサイズは4635mm×1890mm×1645mm

ヒョンデアイオニック5もリアルにアリアより安く高性能となっていますが、そこに割って入れるスペックをアット3は備えています、

アット3のサイズ感は、幅を基準にするとちょうどアイオニック5とアリアB6の真ん中くらいだったりします。

幅以外はコンパクトSUVっぽくて、良いかも。

全幅1850mmとか、日本車で言うところのハリアーやRAV4、エクストレイルやアリアくらいの全幅にローカナイズされれば、サイズ的に許容する人、許容できる人が増えそう。

機械式立体駐車場に収まるように、車高も1550mm程度にチョップドルーフと車高ダウンのクーペSUV(BMW X2くらいのサイズ)にすれば、もっと良いのに。

ATTO2とかATTO4とかクーペ版はATTO×2(バイツー、エックスツーではない)とか派生車種に期待です。

日本市場を意識したジャストサイズでEVで実走行400km程度走れてSUV(スタイリッシュでトレンド)でマンション住み(立駐)でも乗れるという前提条件を一つでも多く揃えれば売れ筋になれると思うんですよね。余計なおせっかいかも知れませんけども、そういったのが大事かと。BMWやボルボなどは一時期日本仕様は独自仕様とか有ったので、頑張ってBYD!

似ている車のオンパレード?アット3のデザインを掘り下げて解説、詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ