クロスカブ110新型(2022)これでハンターカブに見劣りしない存在感へ

フロントディスク化

2022年4月14日、スーパーカブ110のモデルチェンジに合わせて、CC110:クロスカブ110がモデルチェンジしました。

最大のトピックはフロントのディスク化。

コレに尽きます。

ディスク化で一気に近代化を果たしただけでなく、クロスカントリーイメージやアウトドア性能の強化にも繋がり、これでハンカブ:ハンターカブ兄さんとの人気を二分する存在にランクアップしたかも? しれませんね。

フルモデルチェンジ版クロスカブ110

前後のホイールがスポークからキャストに、ホイールに軽快感が生まれ、フロントのブレーキのタッチや効きが向上、ボディカラーの塗装の質感もソリッドでマットな感じでクールです。

マッドなグリーンとか、重厚感有って良いですよね。

キャスト化されたホイールはグラックアウトされ引き締まって見える。

淡い水色系の艶を抑えた質感もいいですよね。

少し無骨なイメージが増強され、ハンターカブ125への見劣り感がなくなったと言えるでしょう。

人気が加速しそうですね。

クロスカブ110の性能とサイズ

110㏄で8馬力、燃費は67.9km/L(クラス1)1人乗車時

全長×全幅×全高:1935×795×1110mm

シート高:784mm

カブなんですが、見栄えの良いサイズ感を備え、それでいて維持費の安い原付2種:125cc以下のバイクとして人気ですね。

クロスカブ110の価格

新型クロスカブ110は税込価格36万3000円 となっていてCUB125、CT125の後継たるハンターカブ125よりも約8万円安い設定です。

原付二種の中では決して安い価格帯の設定ではないものの、ハンターカブ125の44万円が飛ぶように売れ、オーダー待ちに半年前後は当たり前みたいな感じになってたりとか、カブ人気の追い風もあってかセレブの乗る高くて映える原チャリとしての地位を築いています。

ハンターカブから流れてきて見送られていたが

移動のアシとしてバイクが注目され、経済的に余裕のある人が趣味性が高いものの維持費が安い原付二種に手を出したりと言うパターンが結構有ったりとかして。もちろん、中型や小型の免許を持っていると言う人に限り、車の免許だけの方は50ccとかを下駄代わりに買ったいうケースもあってバイク市場がコロナ禍で活発になったりしています。

芸能人のバイク自慢やユーチューバーなどインフルエンサーの影響もあったり、あまりバイク乗らない人でも高くて一番良い125、みたいな感じでハンターカブに指名買いオーダーが集中し、一部は転売ヤーや中古バイク店による値段の吊り上げのようなものも有ったりしましたが、このクロスカブ110のフロントディスクモデルの登場で多少は風向きが変わるようでもありそうです。

そう、かっこよさやアウトドアイメージからハンカブ125を真剣に検討していたものの、納期の長さや40万円超えという価格で見送っていた方が、似たようなテイストのクロスカブに目を向けていたものの、フロントドラムだし色合いがポップだけどなんか見劣り感がある、落差があるなぁ~と見送っていた方もいた。まぁ、それでも納期は結構かかったりしていたものの、たまぁ~に在庫がポロッとあったりします。
フロントディスクとボディカラーのテイストなどで見送っていた方にもう一度目を向けさせる力を手に入れたと言えそうです。

ハンターカブとの比較

左クロスカブ・右ハンターカブ

ハンターカブはタフで無骨な印象が強く、ツーリングやトレッキングなどをこなせそうなイメージを醸成。

スクランブラースタイルのアップマフターはノーマルでありながらカスタムを施したようなワイルドさもあります。

スポークホイールにディスクブレーキを備え、レトロでクラシックなテイストと現代的な装備をバランスしたダサカッコイイ感じがウケています。

キャンプツーリングイメージでなどさまざまなアウトドアレジャーへの移動手段として、ベテランライダー、ビッグバイク持ちのこだわりのセカンドバイクとして支持されるなどしているのですよね。

どうせなら125クラスでも変わり種に乗りたい、とか、変化球を好むバイク好きに刺さるんですよね。

ただ、今回のCC110のモデルチェンジでアップタイプのマフラー意外は似てきてて、それぞれアリだな、となっていると思います。

ハンターカブのスペックなど

ホンダ | HONDA CT125 ハンターカブ | CT125 HUNTER Cubは往年のトレッキング向けスーパーカブを現代にリバイバルしたもの。

125㏄で8.8馬力、燃費は67.2km/L(クラス1)1人乗車時 となっているものの、ある程度の速度を出すと実燃費は低下傾向にあるとか。

CT125 HUN

全長×全幅×全高:1960×805×1085mm CT125のシート高は800mmとなっています。クロスカブより少しシート高が高く、マフラーのボリューム感やハンドル周なども含めて少し大きく見えるのですが、サイズは近く特別大きいわけでは無いのです。

価格は440,000円となっていて、はっきり言って125ccクラスでは高額な部類に入り、決して安い買い物でもないのですが、大人気です。

CT125 ハンターカブ

全体的にレトロでスクランブラースタイルで流行りモノって感じです。

納期と値引き

ハンターカブ125は2020年の発売開始ですが、すぐにコロナ禍になり受注停止・納期未定、最長で1年近くの納車待ち・納期の遅延があったものの、その後は平均して6ヶ月程度だったりします。

値引きに関しては、ハンターカブは1~2万程度と渋い傾向にあり、最大でも4~5%程度+付属品の若干のサービスなど。乗り出しで45~50万円程度となりそうです。

クロスカブの方は、売れ行きや在庫次第とも言えるのですが、新型モデルチェンジ直後はやや渋いものの、5~10%程度と比較的値引きなどのサービスを受けやすいとも言います。乗り出しで36~40万円程度の見積もりとなりそうですね。

地域や販売店によっては全然車体が用意できないとかで、展示者も目にすることが出来ないということもあるみたい。

納期に関しては一部ではネットに出てこないような展示即納車があったりするので、いくつかのバイク屋を回ってみて様子を伺いながら検討してみても良いかもしれません。

フルモデルチェンジ版のクロスカブ110に関しても、初期ロットを掴みそこねると一定期間納期未定となる可能性もあります。

興味があれば早めに動きましょう!

バイクを有効活用して移動の自由と感染予防への一助とするなどもいいですよ。

納期が長ければバイクアニメのスーパーカブでも見て過ごすと良いかも?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です