【スクープ且つ日本最速】新型ティグアン(2021年)試乗インプレ①

昨年2020年末ごろからカタログ落ちしていたティグアン、2021年5月12日の正式リリースを前に、試乗する機会を得たのでインプレにまとめていきたいと思います。5月2日時点ではプロ、アマ問わずインターネット上に日本仕様のインプレ上げている人はいないようなので日本最速の試乗インプレとして、アピールしときます(笑)

ティグアンは2017年に2代目が入って来て、その時にもインプレを上げています。一応その頃はスマホやネットのコネクテッド系の進化をウリにしていましたが、イマイチ発展途上感がぬぐえませんでした。今回の新型ではハンドル、エアコンの操作系で「マジスマホじゃん」 ってのがあって結構進化を感じます。

まさかの物理ボタンを排したステアリングスイッチ類 押すとぶるっとバイブでクリック感を出します

ステアリングのスイッチ類とエアコンのスイッチ類はタッチセンサーでスワイプやスライドで音量、風量、温度などを上げ下げする感じで、そこをスマホっぽさ操作できる感じで、けっこういい。しかし、ステリングスイッチはRラインだけの設定らしい。

2021年5月モデルはその2代目の後期型にあたり、けっこう目新しさもあり、かつ今後のモデル展開でもかなり期待させるものもあったりします。

フロントグリルはかつての水平基調から今人気のT-ROCに寄せたデザインになってますね。

今後のモデル展開として目を引くものとしては、ティグアンRの国内正式導入が決まっているというのがあり、ゴルフRと同じ320馬力2リッターターボを4motion(4WD)と組み合わせたワーゲンなりのエヴォリューションモデルを設定するとのこと。アルミホイールは21インチを履き、ポルシェマカンでも倒しに行くのでしょう。

マフラー風の装飾 メッキ多め ティグアンRへの布石とも取れます

昨今のSUVブームの中で、GLA・GLBのAMGやアウディのSQ3などと肩を並べるべく、パワフルなモデルもラインナップしていくとのこと。ゴルフRよりか売れる、とのマーケティングやリサーチの結果もあるそうな。

展示車はティグアンRライン、全幅が1850㎜となっており、日本国内での使用としては許容ラインと言えるところでしょうか。Rライン以外はフェンダートリムやサイドスカートの厚みの違いなどで1840㎜となるそうです。ベンツのGLAやBMWのX1よりかほんの少し大きい。

導入の初期はRライン、エレガンス(旧ハイライン相当)、少し遅れてアクティブ(旧コンフォートライン・トレンドライン相当)の導入となります。

エンジンは1.5リッターのガソリンターボのFFが初期に設定され、3か月程度遅れて2リッターディーゼルターボの4WDが導入されることになっています。

価格は最安が430万円前後、エレガンスが4,839,000円、Rラインが520万円程度とのこと。展示車は20インチのアルミ、サンルーフやハーマンカードンのオーディオシステムなどで570万程度になっているとのこと。高級化路線を走っていますね。

Rラインの展示車はオプションもフル装備という事もあり、当たり前ながら装備の充実度が高い。ステリングのスイッチ以外はエレガンス(ハイライン)でも装備され、レザーでなければスエード調とファブリックとのコンビでそれでも十分に質感は高いと言えます。

試乗車はエレガンスモデル。エンジンはグレード問わず共通。走りの質感としては150馬力の1.5リッターガソリンターボはパワフルでレスポンスが良い印象で、出足がシュンっと前に出る感じで、速度が乗ると滑るように走ります。ただ、中間加速の伸びは1.5リッターという事もあり、厚みのある加速という感じではないかもしれません。乗車人数が多い時にも加速の物足りなさを感じそうです。

DSGは7速あり、シームレスな加速・・と言いたいところですが、アクセルを深めに踏み込み回転を引っ張った時には相応のショックを伝えます。これもまた、乗車人数多い時にはネガが顔を出すような気がします。排気量、トルク、シフト、街乗りで流す分には十分ですが、重量とのバランスでの許容幅は少し狭めかもしれません。ディーゼルの方がいろんなシチュエーションで活発に走れるのは間違いなさそう。

ディーゼル4駆 TDI 4motionが本命な気がします

特筆すべきは静粛性の高さ。試乗車は18インチのアルミホイールを履いていて、乗り心地、突き上げの少なさ、マナーの良さが際立っていました。エンジン音も遠くに感じる遮音性も備え、SUVで大き目のタイヤを履いているにも関わらず、揺すられる感じも少なく乗用車的。特に静けさに関しては、メルセデスベンツGLBクラスはかなりうるさかったりするので、レベルが高いと言えます。

正直な所、パワフルさでBMWやベンツには劣りそうではありますが、その他の要素では現状のワーゲンのベストなんじゃないのか?と言える完成度です。

試乗インプレ② へと続きます。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ