オデッセイ販売終了【スクープ】2021年内で生産終了

オデッセイ廃盤

もはやオワコンか、ホンダオデッセイの販売終了のスクープです。


アルファードに白旗上げて、プレミアムミニバン市場から去るようです。

2021年内に生産終了

2021年内で生産終了、2021年から2022年の上旬で在庫消滅次第販売打ち切りとなることが既定路線となっています。

販売不振でテコ入れ・SUVチックな仕立て、オデッセイクロスターorオデッセイクロスクルーザー案などもあったようですが、見切ったようですね(;^_^A

2021年~2022年の新型車のリリースに関しても大型のスライドドアミニバンの登場予定がなく、実質ステップワゴンがホンダのミニバンの最上級車種になる(笑)

トヨタのアルファード・ベルファイアや、日産のエルグランドとの三つ巴で一番最初に降りるという屈辱、トヨタ一強とならないようにホンダの巻き返しに期待したいところです。

ビッグマイナイ―チェンジから急転直下の販売終了という迷走

さて、スクープと現行型オデッセイの情報をまとめていくと・・気になる点として

なぜ2020年11月に大規模なマイチェンした!!(笑)

過去のブログでオデッセイのハイブリッドに試乗したのでレポートにまとめています。

マイチェンで一発逆転狙いのオデッセイ・試乗インプレ①デザインと機能性と

まぁ、逆転ならず、というのが正直な所です。

ちょっとホンダの商売の仕掛け、行き当たりばったり過ぎやしないかしら?と心配になるレベル。

販売計画がガタガタ

大筋では2022年か2023年あたりに北米版のフルサイズのミニバン(全長5M、全幅約2メートルという巨体)・同姓同名のオデッセイと統合され、その時に廃番か型落ちか、並行輸入受注生産扱いで少数販売で対応か、とか噂されていたりしましたが、2021年で打ち切ったらしばらくラージミニバンが空白になりそう。

ホンダは売れ筋のはずのSUVのラインナップも時期によってガタガタだったりと、販売計画に不安を覚えなくもない。

2021年2月のデジタルワールドプレミアで、ヴェゼルももったいぶったプロモーションの割に前半分がCX-5で後ろがハリアーとか #CX-ハリアー とか言われたりとか

モデルチェンジでやらかして短期消滅で良いネーミングの車を没落させたりとたまにやらかしますが、今回もそんな感じに。これで価格上げてヴェゼルが売れなくなったら目も当てらませんね。

アルファードには敵わない

オデッセイハイブリッドは走りは良いんだけどなぁ~
高いしアルファードへの見劣り感はかなりあるから仕方ないのか・・・
というのが正直な所。
同じような予算感・500万円くらい出す、であれば、アルファード買っとくのが一番間違いがない。というか損はしない。


いつかはクラウン、ではなくアルファード?試乗記 アルファード2.5L S〝Aパッケージ7人乗り仕様



アルファードの画像はちょっと古い型ですが、さほど古臭くなく、そして値段も落ちない。

5年前の車でも中古で数百万で取引されております。

オデッセイの下取りはさほど良くない(良く言えば中古がさほど高くない)というのがありますが、
今回の廃番になることが確定したことで、下取りはさらに下落するでしょう。

対してアルファードは下取りが鬼のように高く、1~3年、5年、7年、どのタイミングで買取査定をしても、はっきり言って損をしない買い物の一つと言えるでしょう。

プレミアは付かない、ファイナルエディションと大幅値引きが妥当か

オデッセイ欲しい方はお早めに・・とは言いません。

夏から秋にかけてのファイナルエディション的なたたき売りモデルを狙うのが良いでしょう。

ハイブリッドをベースに上質な仕上げのモデルを用意する予定だそうです。

オデッセイの売れ行きや人気の推移的に廃番になることでのプレミアムが付くなんて皆無、値引き交渉は積極的にしないと損です。

下見だけなら試乗に今行っとくのもアリ、エンジンなどのパワートレインも足回りももはや年次改良もナシなので、アルミ・タイヤサイズの違いでの乗り心地をチェックくらいで良いでしょう。

今回のスクープも確度は高いと思いますが、プレスリリース的にはダンマリ。

情報のリークもありそうですが、今のところネット記事も出回っておりません。

2022年か2023年のモデルチェンジで新型になる?なんて記事で2022年に生産終了、2023年初旬に販売終了という予測が多いような。

2020年11月のマイチェンだとそう思うのは無理はないけども、そうするとそう思い込んで2021年に買った人が不憫にも思えてきます。

ファイナルエディション出すまではしばらく2020年10月のマイチェンのノリでニューオデッセイ、新型オデッセイと宣ったままで売る気なのかもしれません。

下取りの下落には注意

下取りの下落など不利な要素を考えると、販売終了予定の車種の情報をオープンにしないのは不親切とも思いますが、いかがでしょう。

ホンダの狭山工場の閉鎖に伴う生産終了など、ツイッターでもチラホラ情報が出てきています。

みなさんも気を付けて、車選びをエンジョイしましょう。


追記:S660の販売終了はニュースになってますね(笑)



再追記:ステップワゴンのモデルチェンジ情報が公式リリースより早く現場で回っているもよう。オデッセイの時の反省は無く情報統制取れてないのを露呈しているかも

展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。







90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

続報として、オデッセイの販売終了と交代でエリシオンが復活するかも?しないかも?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です