激売れ新型ヤリスクロス試乗インプレ①そこまで良いのか?

評判良すぎて怪しいレベル

納車まで7か月だと・・?評判が良すぎて怖いような・・?

新型で人気のヤリスはヴィッツから生まれ変わった車種、そしてヤリスクロスはその派生車種、その関連性は名前だけでなんちゃって派生車種が多い自動車業界で、果たしてそのヤリスクロスの進化・真価はいかに、試乗インプレ①としてブログにまとめていきます。

ヤリスクロスのサイズ感



さて、登場してすぐ評判のヤリスクロスのサイズは

全長×全幅×全高:4180mm×1765mm×1560mm ホイールベース:2560mmとなっていて、
2020年時点のそろそろ旧型になるホンダヴェゼルの

全長×全幅×全高:4330mm×1770mm×1605mm ホイールベース:2610mmとかなり近似しており直接のライバルと言って差し支えないでしょう。


ただ、ヴェゼルは2021年2月に新型へのモデルチェンジ情報が公開され、詳細な情報や数値も2021年4月の頭までには出揃う見込みとなっております。

そのあたりで改めて比較検討でも良いかもしれませんが、現時点の感覚として、ヤリスクロスはヴェゼルよりも大きく立派に見える車、だとは言えると思います。



新型ヴェゼルについてはやっちまった感が強く、CX-5のフロントにハリアーのリアをドッキングした外観に、「誰か止める人いなかったのか・・・」と驚きの声もありますね。

新型ヴェゼル(CX-ハリアーについての記事はこちら

全幅などの数値が1800㎜を超えることはないでしょうが、1800に近ければ近いほど、選択肢から消える方もいるでしょう。


SUVの見晴らしの良さに対して、横幅が大きすぎて駐車スペースで苦労したり、家の近所の細い道での取り回しで無理が生じたりという事も起こり得ます。今後の発表が楽しみであり、不安でもあります。



実際のところ、ヴィッツの改めヤリスの派生車種という事を抜きに、コンパクトSUVとしての比較となると、ヤリスクロスは一長一短という面があります。
車内空間やスペースに関しては、旧型のヴェゼルにすら勝てない。

なんならフィットクロスターとも大差ないように感じなくもない。

走りの質感でも旧型のヴェゼルより乗り心地の面では分がありますが、静粛性やハイブリッドの可動・実燃費では旧型ヴェゼルに劣るかな‥?というのが正直な感想です。

モータージャーナリスト諸兄は、ヤリスとの比較で車の出来を語る方もいらっしゃるようですが、正直そこの比較よりも、SUVとしてのユーティリティープレーヤーぶりはどうか?についての部分をしっかりと目を通した方が良いでしょう。

個人的に数値的な部分の全長・全幅がほんのちょっとコンパクト、というのがアドバンテージとしてあるように思い、トヨタのラインナップの中でホントにわずかな数値の差でも棲み分け、ニーズへの対応を徹底しているというのは感じます。

そしてスターティングプライスは200万円前後と、安い部類に入る価格設定もGoodです。

TOYOTAはSUVのメーカーに

SUV=トヨタのイメージ定着は間違いないでしょう。予算と値段、サイズの整合性がまずまずといった感じです。

もちろんヤリスクロスは最新の人気車種ゆえに燃費面やインフォテイメントの仕上がりは良いですが、インテリアは地味だし素材は安っぽい。

インテリアの工夫の跡は見られますが、内装に上質感は感じないのはもちろん、あまりオフロードっぽさやワイルドさもなく、かといってヒネリの効いたオシャレさのスパイスもなく、ヨーロピアンなエッセンスもあまり感じない、ザ・無難、って感じです。

というか、最近は奇をてらったものが多い中ではいい意味でクセが弱く感じます。


ですが、変なクセもなく、以外と万人受けと言う面でのメリットもありそうです。

シエンタみたいにヒネッたあげく年数の経過で安っぽさが際立つ、という轍は踏まない感じでしょう。

トヨタの販売現場では、使い勝手の良さ、大きさなどで売り分けて提案をしやすくSUVラインナップが揃っているそうで、その中でも低価格帯のライズ、ヤリスクロスは安定して売れているそうです。

CH-Rは微妙な立ち位置になっているとは言いますが…

ヤリスクロスの納期の目安、値引き情報は?

気になる納車時期として、2021年2月現在では納車待ちでボディカラー・色によって5か月から7か月ほどかかっているそうです。

2月契約で、ルーフの色がツートンの物がおおよそ9月か10月の納車、単色の物で7月頃までの納車待ちだそうです。(色によってとか地域とか販社とかによって多少の前後は有り得ますが)

安全装備系のメーカーオプションやグレードと駆動輪の設定を結構細切れにしたのもあってか、ニーズに応えれる反面、レスポンスが悪くなるというジレンマだそうです。

値引きに関してはあまりない、とのことですが、金利の優遇は5.9~6.9% → 2.9%など利息分で実質十数万分の負担減などを行っているとか。

特定のグレード、一部メーカーオプションの装着や、コーティングの有無などで優遇などあるようなので、営業マンと相談ですね。(これも販売店・地域と営業マンの裁量による)

走りや内装については続編のブログにつづきますが、まずは人気車種で納車までが長め、グレード選びやエンジン/ハイブリッドかガソリン車か、FFの2輪駆動か4WDか、で各種乗り比べでオススメしたい車種ですね。


ヤリスクロス試乗インプレ② へと続きます
参考になれば幸いです。

追記 新型ヴェゼルの試乗インプレもよければご覧ください

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ