クルマ用ハンズフリーはJabraかプラントロニクスがイイよね!

音が良くて遅延が少ないハンズフリーと言えば

Bluetoothのハンズフリーインカム、最強のアイテムはジャブラかプラントロニクスの2択だ!


といきなり力説しますが、通話の品質の高さは使ってみればわかります。


特に車内の密閉された空間の中に響くロードノイズや風切り音をうまくシャットアウトして比較的クリアな通話が可能なようです。(相手側の聞き取り具合を聞いての感想)

わたくしも愛用しているプラントロニクスの物。


アマゾンでも割とベストセラー、価格も3000~5000円前後で推移しており、コスパ高くて本当にオススメ。

電気屋さんなどで売っている同価格帯の物とは比較にならないマイクの性能とノイズキャンセリングの完成度だと思います。


ワイヤレスヘッドセット (モノラルイヤホンタイプ) M70



PLANTRONICS ディスカバーやヴォヤージャー、細身のマイクでスッキリしたサイドビュー、スタイリッシュでデキルビジネスパーソン的な感じがします。



装着しているのが分かりにくい耳掛けタイプの物でマイク部分が耳の後ろに回り込んだデザインの物や、耳に差し込む小さいモノでマイクが露出していないほとんどイヤホンのようなも一時はありました。

使ってたことがありますが、意外にマイクがしっかりと音を拾い、普通に使える感じです。

そういうマイクの形状っぽくないアイテムの問題としては、補聴器に間違えられるというのと、通話をしていると独り言感がすごいと言うのがあります(;^_^A

通話において低遅延は非常に大事

プラントロニクスもジャブラも、音質がイイというのがおすすめポイントですが、何と言うかブルートゥースのタイムラグが少なめでかつ音をしっかりと拾ってくれると言う性能が高いのかな?と思います。

そもそも携帯電話での通話というものは、電波での通話として0.5秒~1秒くらいのタイムラグがある。
そしてlineなどでの通話だとさらにタイムラグが大きくなり、1秒~2秒くらいのタイムラグがあって双方コミュニケーションしている感じ。

更にブルートゥースなんて短波を使った通信を介するとなると、そのタイムラグ0. 数秒加わると、通話品質そのものも低下しがち。

実際のところ、通話の音声についてはしっかり伝わっていても、ほんの0.数秒のタイムラグでも相手の発声にこちらの返答・発声をかぶせがちになりますね。

応答が少し遅くなるだけで、声が少しずつ大きくなったりしがち、携帯で話しているとドンドン声が大きくなります。

タイムラグが原因でクリアに声は互いに伝わっていても、品質が低く感じがちな要因となっているので、そういう側面でも性能が良いブルートゥースはタイムラグを最小に抑えて通話品質の維持に役に立ちます。

クルマやバイクの運転中の通話はハンズフリー機能以外では禁止となっています。手に持っての通話はNG、液晶画面の注視も禁止で、手に液晶機器を持つことも禁止されています。

クルマ側にスマホホルダーを付けるのも重要ですが、通信品質の良いブルートゥースも大事ですよ!

プラントロニクスとジャブラは人気が高く、値段も手ごろな物が通販で手に入ります。クオリティも高く、満足度も高く、レビューや口コミも高い。持っていて損しないアイテムだと思います!!

快適で高品質な通話で、善き善きモーターライフを!

もちろん車での使用以外でも、風が強めの屋外でも活躍すると思うので、ガンガン活用しましょう!

パソコンをいじりながらであったり、スマホ操作しながらでも通話できるので車以外のいろんなシーンでスマートに大活躍間違いなしです!!!!

2021年:6月追記

テレワーク、在宅ワークやズーム会議などでハンズフリーイヤホンマイクが注目されているようです。

骨伝導系のヘッドフォンも注目を集めているようで、通話がしやすいタイプも出てきており、ドライブなどで利用できるだけでなく、幅広く活用出来そうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。