アマゾンの激安グリップ その実力と品質は??

アマゾンで買える激安パーツ、今回はバイクのハンドルグリップについて取り上げたいと思います。
実際のバイク用品店などで打っているカスタムグリップってどのくらいの価格帯かと言うと、安くて1,500円前後~高くて5,000円くらいです。売れ筋の価格帯的には2,000円をちょっと越えるくらいがラインナップの主力と言ったところ。
ではアマゾンだとどのくらい安いのか…?
はい、500円くらいからあります!
20181018_110620.jpg
しかもバーエンド付き!
20181018_110713.jpg
と言っても樹脂製のキャップみたいなもので、原付などで純正装着されているくらいのレベルの物です。

グリップもバーエンドも正直なところ純正の補修パーツレベルではありますが、下手すれば純正よりか安い…
買ってみて原付に装着してみましたが、これはやはり純正っぽい…
梱包も非常にシンプルです。
20181018_110526.jpg
20181018_110530.jpg
このあたりのパーツは純正のOEM品な感じがします。もしかしたら卸しているか、もしくはスーパーグリップってロゴだけ着けて市販風にアレンジしているのか、色々想像できますが、安いリプレイスアイテムが流通するのはユーザーとしては大歓迎ですね!
700~800円位でも違った紋様のグリップがあったりします。

消耗品としてグリップをちょくちょく交換する人も居ると思いますし、中古でバイクを購入したらまずはグリップを変える!って人もいるようです。カスタムやドレスアップのワンポイントとして印象をガラリと換える人もいるでしょう。
レトロなテイストやスクランブラー風にカスタムする方には樽型グリップもかなり安く出回っています。SRとかWなどのシリーズにもマッチし、グリップだけでもカスタム感出たりするので良いですよね。ゴム系で厚みがあると握り心地も良かったり、振動を和らげたりするので色々とチェンジしてみるのも良いでしょう。

ちょっとギラギラした感じだと125㏄をカスタムやドレスアップしたマイルドヤンキー仕様なテイストにもリーズナブルな価格でマッチするものがあったりする。

選択の幅が広がるのはありがたい。
グリップやバーエンドの交換はバイクショップで頼んだ場合、無料か、費用が発生しても500 or 1,000円と言ったところです。モノがせっかく激安なので、ここは是非DIYで交換し、コストを節約したいところ。以下、取り外しから取り付けまで簡単に流れをまとめました。
サンプルバイクには2~3年前に装着したプログリップのハイブリッドゴムを使ったもの、
20181018_131400.jpg

柔らかいゴムと硬いゴムを2層にしたもので握り心地も振動吸収性も良いですが、スロットルグリップの親指部分の劣化や変形があります。
20181018_131408.jpg
バーエンドを外す。原付バイクとかだと樹脂のキャップのようなものがついているので、捩じりながら引っ張ると取れます。フタしてあるだけです。
20181018_131436.jpg
グリップも捩じりながら引っ張れば取れます。
20181018_131532.jpg
取れにくい時にはマイナスドライバーなどの細長い棒を突っ込んで、隙間にクレ556あたりを吹き込めば、スルリと取れやすくなります。
20181018_131640.jpg
ラジオペンチやプライヤーなどでひっぱたり、最終手段としてはハサミやニッパーなどでカットしてしまうというのもあります。
グリップボンドであったり、グリップ固定用の両面テープなどであったり、ノリなどの残骸をパーツクリーナーなどで綺麗にしましょう。
20181018_131732.jpg

装着の時に改めてグリップボンドなどを装着して、アクセルワークでグリップが空回りしたりしないようにしましょう。クラッチを強く握った時にズレたりしないように。
20181018_131814.jpg
100均で手に入るボンドなどでも良いっちゃいい。完全硬化までは24時間くらいかかるようなので、時間に余裕を持った方が良いですが、そこまで厳密にしなくてもズレたり空回りしなればまぁ、OKと言えるかも。(自己責任で)
逆の手順で組み込み、挿し込んだら完成です。
20181018_131858.jpg
20181018_132318.jpg
ノーマルに戻った感じです。
テストライドしてみると・・手の握りとしてはしっくりきますが、振動を吸収って感じが弱くなったように感じる・・
プログリップでは感じにくかったヴィーーンと響くような振動が手に伝わる気がする・・
やはり、ちょっと高い2000円台のグリップは耐久性はイマイチでも性能は良いのかも!?

バーエンドなども重量の有る物に替えたりしても振動は収まったりするんですよね。排気量の大きいバイク向けってだけでなく、単気筒の原付なども効果が高かったりするので、今後検討かなぁ~

一度快適で性能が上がったグリップなどを知ってしまうとノーマルに戻すのはイヤになるかもしれませんが、色々と試してみると面白いですよね。
バーハンドル内に通すウェイトバーなども振動吸収効果があるので多様なグリップと組み合わせて最適解を探してみたりするものバイクのだいご味でしょうかね。

通販を活用していろいろなパーツを安く手にできる時代です。楽しいモーターライフを!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です