ティグアン4WDでディーゼルが本命?燃費はそこそこだけれども・・?

疑惑のワーゲンのディーゼル

果たしてフォルクスワーゲンの排ガス不正の禊は済んだのか?そんな疑問はよそにワーゲンにディーゼルモデルであるTDIのラインナップが2018年から順次導入されているんです。

その中でも4WD(ワーゲン的な呼称としては4Motion)と高速走行燃費の良いディーゼルの組合せは距離ツーリング、季節的なアクティビティとしてはスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツに最適な組み合わせ、と思います。

雪と戯れるスポーツは都市部からは長距離移動を伴うし、FFよりかは4WDの方が走行安定性やスタックするリスクが少ないのでベストかと。

ティグアン×ディーゼル×4WD

ワーゲンのラインナップの中では2018年時点ではパサートに2リッターターボのディーゼルの190馬力でトルク40㎏のハイパワーユニットを搭載して日本デビュー。

続いてティグアンとトゥーランにややデチューンされた150馬力でトルク34㎏の2リッターのターボディーゼルが追加、となっています。

2リッター4気筒ターボディーゼルの基本設計は同じ、チューニングの違いだけで差別化されています。

ディーゼルエンジン搭載車は年末位にはゴルフシリーズにも広がり、ワーゲンはディーゼルを推していくそうではあります。

ディーゼルの完成度

ゴルフシリーズでは上級グレードに当たるハイラインはティグアンディーゼルでは中間グレードに相当し、チョイノリの試乗をしましたが、ディーゼルのノイズに関しては一般的なレベル、プジョーやBMW、マツダなどのディーゼルと大差はないかと思います。

室外で聞くとガラガラとした騒音がありますが、車内で窓を閉め切れば音は遠くに感じます。

室内に伝わってくる振動に関しても一般的なディーゼル車の平均くらいかと。

ボンネット裏のインシュレーターやバルクヘッドに遮音材を追加しているのか、エンジン音を閉じ込めようとしている感じですが、根本的なエンジンからの発する音を小さくするという方向ではなさそうです。

4WDを備えることもあって1730kgと同クラスのSUVとしては一般的か少し重め、重量増はエンジンと駆動系、静音対策によるものと思われます。

ディーゼル特有のトルクフルな走りの出足の良さはありますが、これまた先行車であるBMWやプジョーに対して劣らない、というだけで突出した性能の高さは感じにくいかもしれません。

後出しの強みが薄い性能のパンチ感。デチューンされて燃費志向になっているようですが、そこはハイチューンでパンチ力を取るか、カタログ燃費での数値と実用上の燃費性能をバランスしたところでしょう。

燃費性能的にはBMWのX1ディーゼルのカタログ燃費:19.6km/リットルに対して劣るJC08モード燃費は17.2km/L。

VWティグアンの1.4リッターガソリン車のモード燃費はFFという事もあって16.3km/Lとなっているので実はあまり差がない。

パサートTDIの20.6km/L、ゴルフトゥーランTDIの19.3km/Lに対しても劣り、スペック上はかなり見劣りします。

組み合わせてあるDSGも大トルク対応型の物だそうですが、走り出しでは少し引っ張り気味、速度を上げると比較的高いギアで低回転で回す傾向にあり、アクセルの踏み込みが早い人だとちょっとギクシャクしがちかもしれません。

DSGのダイレクト感は楽しい反面、一般的なトルコン多段ATなどの方が変速ショックは少なく加速やアクセルオフの時に前後に揺すられたりはしないかも。

プジョーなどがSUVモデルなどを中心に8速ATに進化しているのを考えるとそういう方向性に進化していくのも良いかと頭をよぎったりする。

輸入車のディーゼルの美点としては、長距離をACC(アダプティブクルーズコントロール)などを使い淡々と走るとカタログ燃費を大きく超え、20~25㎞/Lは走るという事がありますが、少し特殊な使い方とも思うので参考まで。

そういう性能の高さはゲレンデエクスプレスたる使い方をすればものすごいストロングポイントになり得るところです。

これはメルセデスベンツでもアウディやボルボでもそうなので、輸入ディーゼル全般の美点かもしれませんが、そこは期待を裏切らないでしょう。

背が高くてワイドでパワフルなゴルフ的な、機敏な走りという訳ではありませんが、スッキリとしたハンドリングの正確性さや硬めでも固すぎない乗り心地がティグアンの美点。

シートの着座感も硬めでも固さで弾くとかでなく受け止めてホールドするコシのある硬さとでも言えるでしょうか?ロングドライブに良さげな感じがします。

ティグアンの価格帯

ワーゲンのラインナップの中では比較的お買い得感のディーゼル×4WDではありますが、中間グレードであるハイラインでナビが標準装備化されて特に付けるオプションはなく、約500万円~となっています。

リーズナブルな輸入車のチョイスである500万円以下、というラインを乗り出しでは超える、値引きでなんとかなるか・・という悩ましいラインです。ディーゼルで4WDにこだわらなければガソリンFFモデルで400万円弱というラインナップはメルセデスベンツのGLA、BMWのX1やミニクロスオーバー、アウディのQ2やQ3(Q3は自動ブレーキ系がないのでモデルチェンジまで待った方がいい車ですが)、プジョーの3008や2008などなどあるので正直見比べて乗り比べた方が良いでしょう。

ガチんこでライバルとなると4WDでディーゼルで世代が新しいとかだとBMWのX1で、440万円~となっているのでブランド力とか踏まえてちょっと分が悪いかな~ってところです。

X1は走りも燃費も良いけども、高速走行時のロードノイズや風切り音的にはティグアンに若干は劣るかなって思いますが。

正直なところ、3~5年乗った時の下取りの高さではBMWの圧勝、乗り換えの時まで踏まえたトータルのコストなどを考えるとワーゲンというチョイスは微妙かもしれません。

大幅な値引きがも込めるとか、乗り味、快適性などトータルで考えて車選びするといいかもしれませんね。



過去の試乗記なども参考になればと思います。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!愛車の下取り・買取価格もチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実は調整されている!?そうなると実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。






90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です