ティグアン4WDでディーゼルが本命?燃費はそこそこだけれども・・?

疑惑のワーゲンのディーゼル

果たしてフォルクスワーゲンの排ガス不正の禊は済んだのか?そんな疑問はよそにワーゲンにディーゼルモデルであるTDIのラインナップが2018年から順次導入されているんです。

その中でも4WD(ワーゲン的な呼称としては4Motion)と高速走行燃費の良いディーゼルの組合せは距離ツーリング、季節的なアクティビティとしてはスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツに最適な組み合わせ、と思います。

雪と戯れるスポーツは都市部からは長距離移動を伴うし、FFよりかは4WDの方が走行安定性やスタックするリスクが少ないのでベストかと。

ティグアン×ディーゼル×4WD

ワーゲンのラインナップの中では2018年時点ではパサートに2リッターターボのディーゼルの190馬力でトルク40㎏のハイパワーユニットを搭載して日本デビュー。

続いてティグアンとトゥーランにややデチューンされた150馬力でトルク34㎏の2リッターのターボディーゼルが追加、となっています。

2リッター4気筒ターボディーゼルの基本設計は同じ、チューニングの違いだけで差別化されています。

ディーゼルエンジン搭載車は年末位にはゴルフシリーズにも広がり、ワーゲンはディーゼルを推していくそうではあります。

ディーゼルの完成度

ゴルフシリーズでは上級グレードに当たるハイラインはティグアンディーゼルでは中間グレードに相当し、チョイノリの試乗をしましたが、ディーゼルのノイズに関しては一般的なレベル、プジョーやBMW、マツダなどのディーゼルと大差はないかと思います。

室外で聞くとガラガラとした騒音がありますが、車内で窓を閉め切れば音は遠くに感じます。

室内に伝わってくる振動に関しても一般的なディーゼル車の平均くらいかと。

ボンネット裏のインシュレーターやバルクヘッドに遮音材を追加しているのか、エンジン音を閉じ込めようとしている感じですが、根本的なエンジンからの発する音を小さくするという方向ではなさそうです。

4WDを備えることもあって1730kgと同クラスのSUVとしては一般的か少し重め、重量増はエンジンと駆動系、静音対策によるものと思われます。

ディーゼル特有のトルクフルな走りの出足の良さはありますが、これまた先行車であるBMWやプジョーに対して劣らない、というだけで突出した性能の高さは感じにくいかもしれません。

後出しの強みが薄い性能のパンチ感。デチューンされて燃費志向になっているようですが、そこはハイチューンでパンチ力を取るか、カタログ燃費での数値と実用上の燃費性能をバランスしたところでしょう。

燃費性能的にはBMWのX1ディーゼルのカタログ燃費:19.6km/リットルに対して劣るJC08モード燃費は17.2km/L。

VWティグアンの1.4リッターガソリン車のモード燃費はFFという事もあって16.3km/Lとなっているので実はあまり差がない。

パサートTDIの20.6km/L、ゴルフトゥーランTDIの19.3km/Lに対しても劣り、スペック上はかなり見劣りします。

組み合わせてあるDSGも大トルク対応型の物だそうですが、走り出しでは少し引っ張り気味、速度を上げると比較的高いギアで低回転で回す傾向にあり、アクセルの踏み込みが早い人だとちょっとギクシャクしがちかもしれません。

DSGのダイレクト感は楽しい反面、一般的なトルコン多段ATなどの方が変速ショックは少なく加速やアクセルオフの時に前後に揺すられたりはしないかも。

プジョーなどがSUVモデルなどを中心に8速ATに進化しているのを考えるとそういう方向性に進化していくのも良いかと頭をよぎったりする。

輸入車のディーゼルの美点としては、長距離をACC(アダプティブクルーズコントロール)などを使い淡々と走るとカタログ燃費を大きく超え、20~25㎞/Lは走るという事がありますが、少し特殊な使い方とも思うので参考まで。

そういう性能の高さはゲレンデエクスプレスたる使い方をすればものすごいストロングポイントになり得るところです。

これはメルセデスベンツでもアウディやボルボでもそうなので、輸入ディーゼル全般の美点かもしれませんが、そこは期待を裏切らないでしょう。

背が高くてワイドでパワフルなゴルフ的な、機敏な走りという訳ではありませんが、スッキリとしたハンドリングの正確性さや硬めでも固すぎない乗り心地がティグアンの美点。

シートの着座感も硬めでも固さで弾くとかでなく受け止めてホールドするコシのある硬さとでも言えるでしょうか?ロングドライブに良さげな感じがします。

ティグアンの価格帯

ワーゲンのラインナップの中では比較的お買い得感のディーゼル×4WDではありますが、中間グレードであるハイラインでナビが標準装備化されて特に付けるオプションはなく、約500万円~となっています。

リーズナブルな輸入車のチョイスである500万円以下、というラインを乗り出しでは超える、値引きでなんとかなるか・・という悩ましいラインです。ディーゼルで4WDにこだわらなければガソリンFFモデルで400万円弱というラインナップはメルセデスベンツのGLA、BMWのX1やミニクロスオーバー、アウディのQ2やQ3(Q3は自動ブレーキ系がないのでモデルチェンジまで待った方がいい車ですが)、プジョーの3008や2008などなどあるので正直見比べて乗り比べた方が良いでしょう。

ガチんこでライバルとなると4WDでディーゼルで世代が新しいとかだとBMWのX1で、440万円~となっているのでブランド力とか踏まえてちょっと分が悪いかな~ってところです。

X1は走りも燃費も良いけども、高速走行時のロードノイズや風切り音的にはティグアンに若干は劣るかなって思いますが。

正直なところ、3~5年乗った時の下取りの高さではBMWの圧勝、乗り換えの時まで踏まえたトータルのコストなどを考えるとワーゲンというチョイスは微妙かもしれません。

大幅な値引きがも込めるとか、乗り味、快適性などトータルで考えて車選びするといいかもしれませんね。



過去の試乗記なども参考になればと思います。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ