ミニ買えない人はこちらを・・クロスビー新型試乗インプレ①

デカハスラーかミニクロスオーバーか

かなりの部分をミニ(ミニクロスオーバー)に寄せてきたらしい・・新型のスズキのクロスビー。

デカハスラーと呼ばれていたりしますが、ハスラーもクロスビーもBMWのMINIっぽい造形やポップさ、デザインを取り入れていたりしてヒットしていますね!


パクリだどうのというのは良くある話。劣化コピーみたいなパクリもスズキはありますが・・

Xシリーズのパクり!?スズキ新型SX-4 Sクロスのデザインやばくないか? の記事参照・・

よりミニらしい車

むしろ新型スイフトであったり、今回のクロスビーであったり、本家の巨大化していくミニなどがスズキのコンパクトカーづくりとパッケージを見習ってほしい、と言える出来です。

売れに売れたハスラーのデザインをほぼまんま寸法を等倍して5ナンバーサイズにした、というのがクロスビーの成り立ち。

こちらはクロスビー



こちらハスラー



イメージアカラーはイエロー系のツートンルーフですが、実際のカラーの組み合わせはさほど人気のあるカラーコンビネーションではないらしい。

ハスラーはわりとビビッドなブルーやオレンジなどがコンスタントに売れているそうですが、クロスビーはやや落ち着いた色味のほうが人気のようで、キャラバンアイボリーパールメタリック ホワイト2トーンルーフが一番人気、納車まで3か月以上かかるそうです。(3月末時点)

クロスビーの価格帯

値段的にはFFモデルで約175万円~となっていて売れ筋のグレードのハイブリッドMZにナビETCを装着して乗り出し約250万円、同じスズキ製の世界戦略車、イグニスの最安値の約150万で同じように上位グレードにナビ付けて乗り出し約220万円くらいといったところ。

イグニスはTVCMなどを派手にやっていた時期もありますが、さほど売れているわけでもなく、値引きが利くようなので実質の価格差はもっと大きいかも。

イグニスってなんだっけ?という方はこちら↓↓
イグニス試乗速報 前編 スズキ渾身のクロスオーバーコンパクト

クロスビーのサイズ感

クロスビーのサイズは全長をかなり切り詰めており、コンパクトです。全幅も5ナンバー規格のギリギリの1695㎜ではなく、すこし控えめ。

全長:3,760・全幅:1,670・全高:1,705

車両重量:約1トン(グレードなどによる)

全高はあってその分乗員の居住空間、特に肘よりか上の部分にゆとりがある感じです。

5人乗りですが、リアシートのつくりは4人(リアに2人)掛け用にしか見えない。

はっきり言ってソリオもそうですが、5人乗ることを想定てないリアのセンターのヘッドレストのない感じとかはよくないところです。

どんなに先進の安全装備をおごっていても、減点ポイントです。

クロスビーのエンジンは1リッターターボとマイルドハイブリッドの組合せ。

オートマしか選択肢がなく、6速ATとなっています。ぎくしゃくする5速のロボタイズドシングルクラッチでもなく、ラバーバンドフィールのするCVTでもなく、割とダイレクトなフィーリングのオートマをチョイスしてきたのはいいですね。

その分価格に上乗っているような気がします。

マイルドハイブリッドの走り

マイルドハイブリッドの特性としてはEV走行する領域がなく、発進時の加速のアシスト、ターボの立ち上がりの補完といったところがメインです。

モーターが上手いこと補っていて、パワフルでありながらエンジンが必要以上に唸る感じもなく、クラスが上の車のようなトルクフルなフィーリングです。

軽自動車の規格でターボをつけるのよりも段違いに余裕のある加速ですが、ただ排気音に色気はなく、そういう面では欧州製コンパクトには及ばず。

ミニはコンパクトでもエグゾーストノートにはこだわりがあり、適度に響く良い音だと思います。

走りの質感としてはイグニスほど硬くスポーティではなく、コーナリングでは結構ロールする感じです。

悪い意味でハスラー的な軽自動車っぽくあるのが残念。

ブレーキもタッチや効きが甘い感じがします。踏み込んだ時の感触がリアドラム車にありがちな抵抗感があるというか、要は軽自動車っぽいレベルです。

高速道路を淡々と走る分には乗り心地のよさは軽自動車では実現できないレベルの快適さがありますが、ワインディングロードでは頼りなく、同乗車はきっと酔いそうです。エンジンは良いけども、足回りがプア、というのがあって非常に惜しいと思います。

すべてを高次元に達成するのは難しいというのがわかります。欧州製コンパクトは足回りにお金がかかっているのかな~って思い返したりしちゃいますね。

軽さと安さが強み

日本車、特にスズキの車に関しては軽量化&そこそこといってもかなりの燃費の良さを達成するエンジンの組合せ、そして値段が安い!という外車のパラメーター配分とは違うところでのアドバンテージがあります。

ミニ、ミニクロスオーバーは300~400万円くらいは平気でしやがります。

中古だとコナレて100万円前後でいろんな選択肢がありますが、輸入車はトラブルの際に国産車よりもコストがかかるので、踏ん切りがつかないって方もいるでしょう。

迷ったら250万で手に入る最新のコンパクトSUVというのをチェックしてみるのもいいですよ。

雪仕様よりも子育て向き?クロスビー試乗インプレ②
へと続きます。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です