最新ディーゼルで引っ張るCX8 その走りの完成度はいかに?試乗インプレ②

安くて?大きくて7人乗り

CX8最大の美点は、エンジンとそのサイズ当たりのコスパにある、と言っても過言ではないかも?



試乗インプレ①では私が感じるネガティブな点を主に上げていますが、試乗インプレ②ではエンジンにや走行フィールについてまとめていきたいと思います。

ディーゼルの走り


CX8に搭載されるエンジンは当面は1種類、SKYACTIV-D 2.2は最新世代のマツダのディーゼルエンジンであり、190馬力トルク45.9kg-m、燃費性能においてはJC08モードで17.6km/L(FF)CX-5と比べて200kgの重量増のボディを難なく走らせます。

むしろ力感的には軽快と言えるレベルでぐいぐいと走ります。感動モノです。

それでいてボディの大きさや車重がかさむ割には燃費性能も申し分なく、全体的な完成度も高いと思います。

エンジン音、排気音、共にアイドリングレベルであれば共に非常に静粛性が高く、ほとんどディーゼルであることを感じさせず、パワーと燃費の良いただのエンジンだ、とポジティブに評価できます。

これまでのどんな乗用車のディーゼルエンジンよりも音質的に爽やかで、最新世代なんだなぁと感じさせてくれます。

ただ、唯一難癖をつけるとしたら、坂道や多人数乗車の際でエンジンにそれなりの負荷がかかっている時、加速しようとした踏み込みに対し、ターボのタメ・ラグ、みたいなものを感じる、というのと、そういったシチュエーションにおいて2000rpm前後でブルブルとエンジン・駆動系から振動を感じることがある、といった点でしょうか。

エンジンの負荷に対するバイブレーションか、オートマやクラッチからの振動か、なんにせよ過剰に反応する部分があると思います。

重箱をつつくようなネガティブな要素ですが、2リッターのターボディーゼルであっても、ボルボ・BMW・プジョーの方がそういうトルク変動に対するレスポンスやスムーズさでは劣るかもしれない、ということです。

ディーゼルエンジンのスペックだけ羅列するのであれば、2リッターで190馬力のボルボのディーゼル各車もあるし、燃費で言えばBMWの2リッターでBMW-X3(重量が近い)の17.0km/L(4WD)~218dGT(7人乗りで価格が近い)の20㎞/L(4WD)やプジョー5008の17.3㎞/Lと、CX8の強みは??となったりします。

大きさ当たりのコスパ

実際のところはここも圧倒的なコスパ、というのが国産車であるマツダの強みと言えると思います。

350万円~マックスオプションなどを盛っても500万円弱、サイズ的に立派で大きいというのもポジティブに捉え、馬力や燃費が輸入車バリのスペックでありながらFFと4WD。

そして7人乗り3列シートの人気のSUVスタイルで比較的安価にチョイスできるというのがCX8最大のストロングポイントだと思います。

7人乗りSUVで適度な大きさとポジティブに捉えることが出来ます。

ハンドリングと乗り心地、そして視界


ハンドリングに関しても、乗り心地の良さに関してもおおらかなボディのメリットと、そこそこの敏捷性とを備えており、運転者も同乗車も疲れにくい特性の乗り物だと思います。

運転席でも、2列目のシートでも、自分が特等席に座っている、と感じる素敵な車だと思います。高速道路を淡々と走るロングツーリングであっても、出かけた先のワインディングロードであっても、そこそこハイペースに流れをリードできるGTカー的な仕上がりといっても良いでしょう。

前側の見切りは悪くありませんが、リアサイドの視認性は余り良くはありません。

標準装備のバックソナーやオプションの360度アラウンドビューモニターなどを活用して安全性を担保しようとしているのは間違いありませんが、全長も長く4900mmのCX-8に試乗する機会があれば、縦列駐車や車庫入れなどを試してみることをお勧めします。

ディーゼルは乗り比べてみるのが良い

エンジンの微振動などは個体差による部分もあるかもしれません。

運転するシュチュエ―ションによっては程度の差があったり、発生しないこともあると思います。

私が試乗した例に挙げた他の車種でも条件によってはネガティブなエンジンの反応もあったりするかもしれません。

この辺りはみなさまで試乗し、各種情報がいろんなところに出てくると良いですね。

個人的には自動車評論家の方々が絶賛し続けるのはちょっと疑問な完成度だとは思いますので、試乗インプレ①、試乗インプレ②にて記しました。

インテリアなどについて、


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です