謎の英国車 タスカンS 同乗試乗インプレ短評

とあるコンパクトなモンスターマシン
全長×全幅×全高;4235×1810×1200mm
車両重量:1100kg
最高出力:390psを発揮する4リッター(!)直6
TVR タスカン(TUSCAN)スピードシックスS
オールアルミブロックに鍛造ピストン、ドライサンプ方式の潤滑方法など、レーシングエンジンに匹敵する素材・システムであり、コスワースチューニングエンジン搭載、とオーナーの方は言っていたと思います。数年前に乗せてもらった同乗試乗インプレです。
25401504_200404.jpg
エキセントリックなエクステリア。常識では考えられないようなエグイ見た目です。光岡の大蛇もコレを一部参考にしたのではないかと言われていたりします。
うねりや抑揚は強く、陰影とかがキレイで、でも全体のサイズとしてはこざっぱりとした感じ。
ドアの前部のフェンダーの造形とか、スーパーカーしています。
ドアのスイッチもミラー下のボタンを押すとかで開く謎のギミック。
ドアはプラスチック系の素材でペラペラで軽い感じもの。
フレーム剛性は高いが、衝突安全性は非常に低い造りのようで、MTのみ、トラクションコントロールなし、など、安全性は削ぎ押して軽さを究極に求めたモデルとのことでした。
エアコンはさすがについていて、効きは普通と言った感じでした。
オーナーは800万円前後で購入したと言っていましたが、性能や見た目には大満足とのことでした。
ボディサイズに関してはタスカンの2000年発表の初期型では1720㎜幅とナローであって、例えるなら、現行のND型ロードスターに4リッター直6:390馬力エンジンを積んだような感じとでも言いましょうか。
大きさ、軽さ、エンジン出力のアンバランス、まさにモンスターです。
25401504_200404in.jpg
インテリアも謎の仕立て、車好きならトキめく感じですが、テイストとしては中二病っぽい感じで、メカメカしている部分と装飾、演出が若干わざとらしいような気がしなくもない。
ただこういった突き抜けた車、私は好きです。
自動ブレーキ装着者が大好きで、車の安全性は車そのものの性能で担保しておくのが前提、という私のポリシーにはだいぶ反するのですが、こういたうソリッドで尖がったクルマ、良いですよね。

加速が凄まじいのは馬力と車重から推測する通り、しかし、乗り心地もトヨタ車か、ってくらい良かったのを覚えています。
サスの動きが良くシートのフィット感も良く、意外にもロードノイズやショックアブソーバーの突き上げの低級音もなく、思いの外快適でした。コーナーでの傾きも少なめで、軽量化って、車体の根本的な動きやスムーズさにとって非常に大事なんだと知りました。
TVRの車は一時期日本での販売が止まっていて、現在中古市場で出回っているのは15年落ちのモデルが多かったりします。
しかし、2017年現在、400万円前後と謎の高値安定を見せている。
元の価格が800万円~1100万円くらいですから、価値は維持できていると言えるでしょう。
パワステやパワーウィンドウ系の故障や、雨漏りなどのマイナートラブルも多数あるようなので、万人にオススメという訳にはいきませんが、興味を持った方は中古車を物色して見ても良いかもしれませんね。
ちなみに愛知県に中古車が集中しているのですが、それには理由があります。
TVRの当時の輸入代理店が愛知にあったから、と言うのが大きな理由。2005年までは正規輸入車として販売されていたってことで、中古の買い取りや下取りも割とそのエリアに集中しているようです。
新世代のTVRのスポーツカーグリフィスが2019年ごろに復活と言うこともあって、今回2010年ごろの同乗試乗についてかなりマニアックな車のネタをブログにしました。
TVRを知らなかった方も、ちょっと興味を持ってもらえれば幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です