プラグインは買いか?330eとプリウスで考えてみる?

プリウスのPHVの登場でディーラーはにぎわっている・・・ってことは余りないようですが、ベースのプリウスから50万アップでプラグインハイブリッドが選べるようになるなど、すこーしずつですが、身近になってきつつあります。

満を持しての登場ではありますが、プリウスPHV 生産遅れの原因?あるパーツ待ちだそうで・・・

画期的な装備となるかも?量産車では世界初 ソーラー充電システム搭載車とは?プリPHVに!

BMWでも実用的なサイズで2シリーズや3シリーズなどにPHV仕様が設定されていて、330eなどのようにお尻に着く文字がi とか dでなくてイーになっていたりします。

アイはインジェクションの意味で、ディーはディーゼルのディーだとかで、イーはもちろんエレクトリックのイーと言うことになります。

ハイブリッドモデルよりも大型のバッテリーやモーターを積み、自宅でのコンセント、もしくは専用の充電設備などで車に充電することによりEV走行領域を拡大したモデル、と言うのがPHV。

一軒家で充電環境を整えられる人でないとチョイスとしては難しいかもしれません。

リーフやi3などのEVを駐車する際も問題になったりしますが、マンションだと専用のスペースの確保が必要であったり、工事が入ったりとマンションの管理方針や組合の意見などで思ったように導入することができなったりします。

一軒家であっても駐車スペースや電源取り出し工事、なにかトラブルがあった時の対応、そしてPHVやEVに乗らなくなった時の無駄に占有されるスぺースなどのもったいないリスクなどあったります。

自宅や出先でのインフラと言った部分がデメリットであり、後は車体価格の高さがネックになってきます。

だいたい50~100万高い。充電して走行する前提であればガソリンの消費は少なく生活は出来ますが、電気も決してタダではない。

ガソリンスタンドに行く頻度は減らすことが出来ますが、自宅での給電の手間も掛からないわけではないので、そういった手間も必要。

燃料コストの節約で車体価格分の差額を取り戻すことは難しく、10万キロ以上走らないと元が取れないというのは良くある話なので、注意しましょう。

ベースモデルに対して価格差があることもあり、パワーユニットだけの変更では納得性が低いので、インテリアでも若干の装備差をつけたり、専用の内装を用意したりすることもあったりします。

当たり前ではありますが、若干の高級化であったり、若干エコな素材を使ったりするなど環境への配慮を提示したりしています。

差別化が図られていると選ぶ理由にもなり、高級化はなんだかんだ満足度を上げることにもなりますね。

重いバッテリを積む分加速性能が鈍くなることもありますが、乗り心地に関しては重しの分だけしっとりとした感じになります。

エンジンの稼働が少なくモーターのみで走行する状態であれば静粛性も高く、遮音をしっかりしていればかなり静かで快適なクルマに仕上がり、やや高級であったり先進的なインテリアであったりすれば、ワンランク上の車のように感じるでしょう。

しかし、タイヤとの相性などによってはロードノイズが耳についたりすることもあるのでその辺は試乗してチェックしてみましょう。

BMWであれば17インチ以上のランフラットタイヤだとタイヤの共鳴というか共振があったりとか、プリウス系ではSツーリングとかのグレードの17インチだと振動を吸収するタイヤのバウンス音が気になったりとか、人によってはそういった部分がネガティブに感じることもあるかもしれません。

乗り心地や静粛性に関しては要チェックです。

選ぶ理由としてはあまり薄い部分もありますが、先進的なパワートレインが好きな人にはある意味ハマるし、付き合い方によってはイニシャルコストをかなり抑えて維持費を最小限にも出来るでしょう。

まだまだマニアックな選択肢ではありますが、ワーゲンやボルボからもプラグインハイブリッドが登場してきているので、もし試乗車など目にすることがあれば後学のためにも一度乗ってみると良いかもしれませんよ。

BMWのPHVをご存知? 充電して使えるハーフEV

3シリーズのディーゼルの性能は如何に?

良かったら過去記事も参照ください。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ