グランツアラー4WD・7人乗りミニバンディーゼル:BMW≒ディーゼルイメージの構築のため!

まさかの7人乗りXdrive 爆誕!

2シリーズのグランツアラーにディーゼルの4WDが・・まさかの追加!

今まで欧州地域には設定のあった2シリーズ×ディーゼル×4WD(BMW的な呼称はX-drive)、日本市場ではX1やX3の販売を阻害するという理由から導入を控えると言われていましたが、2017年に追加グレードとして日本導入されました。

2シリーズグランツアラー:ベースグレード424万円~474万円(ラグジュアリー474万・M-Sportsは472万)
2シリーズアクティブツアラー:398万円~448万円 ベース~はグランツアラーと同じ感じのラインナップ

FFモデルに比べて約20万円の追加コストでリアも駆動するようになります。
登場当初(2015年)から比べると新車価格で全体的に20~30値上がりしているのはちょっと残念ですが、為替やその他の影響もあるので仕方がない。

+20万で4WDに

BMW独自のインテリジェント4WDシステムの独特の呼称となる「xDrive」
FFベースのモデルでディーゼルの4WDだとX1のシステムとスペックと同等の物で、BMW的に適度にクイックで軽快なハンドリング。

X3に採用される2リッターターボの4WDディーゼルは3シリーズ由来のFRベースの4WDであり、ハンドリングのキレがX1よりもさらに良いものです。

X1や2シリーズのXDriveは基本的にFFベースで走行するイメージで、ステアリング角度やホイール回転からのセンシングなどの車両データからタイヤの空転、オーバーステアやアンダーステアといった挙動を予測したときに、ファイナルドライブに一体化した電子制御式多板クラッチで前後アクスルへの駆動力トルクを可変配分して制御するもの。

2リッターのディーゼルターボエンジンが最高出力150ps、最大トルク330Nmを発揮し、力強いトルクを4輪にしっかりとムラなく伝え、高い走行安定性と優れたハンドリングとスタビリティを実現します。

BMWグループの人気モデル、ミニのクロスオーバーなどでも定評のある4WDシステムなので走破性の向上は間違いなし。

燃費への影響は?

グランツアラーディーゼルX-driveの燃費性能は20㎞/Lのカタログ燃費となり、ディーゼルのFFのモデルの22.2㎞/Lに比べて10%ダウン程度と誤差の範囲とも言えるレベルに低下を最小限に抑えています。

アクティブツアラー・グランツアラーのFFモデルのディーゼルで街乗りメインで14㎞/Lくらい、郊外の流れの良い道路を走ると18㎞/Lくらい、高速走行でほぼカタログ燃費通り走り、一回給油で700㎞くらいは余裕で走るポンテンシャルを持っています。

4WD化による燃費悪化はおそらくリッター当たり1~2キロくらいと思われるので、軽油と言う燃料代単価の安いガソリンで走るので、ランニングコストはかなりメリットがあると思います。

唯一無二のディーゼル4WD7人乗り

ミニバンで四駆でディーゼルで箱型じゃないと言う選択肢は他に変わるものがないというのがグランツアラーディーゼル4WDの最大の強み。4WDを選ぶ理由としては雪国での使用を想定するとか、スノーボードやスキーへと毎週通う人のゲレンデエクスプレスであるとか、チョイスとして四駆が必要な人は待ちに待ったベストモービルとなりそうです。

クルマを所有する事情や消去法で1台しか車を買うことができない雪好きのフツーのお父さんであっても、これなら奥様やその他周りの人への理解を得られる強い魅力を備えています。ブランド的なステータス性も少なからず得られると思います。

アウディやフォルクスワーゲンがディーゼルを日本導入できないこの日本市場の雰囲気で、ディーゼル=BMWという強いイメージを植え付けるため、そして500万円前後という輸入モデルの一つのボーダーラインにX1やグランツアラーというモデルを選ぶ理由、あと一押しを叶えるモデル展開をしていくそうです。

ここ最近は新型車の発表が相次いでいるメルセデスもディーゼルモデルを推していますが、それに負けないBMWのディーゼルイメージ戦略、今後も激しい競争が楽しみです。

気になる方は要試乗!4WDが必要か、7人乗りが必要か、流線形のミニバンハッチバック=アクティブツアラーか、SUV(X1)か、と選択肢が増えたので、各車試乗して吟味しましょう!ディーゼルモデルは独特のパワー感があって高速巡行など得意なので、ぜひ試しに乗ってほしいですね。
過去の試乗レポートなどで関連するもの。

BMW2シリーズグランツアラーを選ぶ理由とは?7人乗り必要?

新型X1試乗記、走りはどうなのか? インプレッション前編

ようやく真打ち登場BMW X1 dieselモデル18d!


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ