輸入ミニバン1番星を守り切れるか? 新型トゥーラン 試乗インプレ③ 装備価格編

試乗インプレ②からの続きです。

今回は装備やグレードの違いによる価格の紹介などをしていきたいと思います。

モデルラインナップ

 TSI Trendline(トレンドライン)


ベースグレード TSI Trendline(トレンドライン)が284.7万円~ 

300万円を切るスターティングプライスですが、受注生産と言うことで売る気のないグレードだそうです。納期3か月くらい、値引き不可、着けられるオプションもほぼ無し。

純正ナビすら受け付けない、とか営業さんが言っていたように思います。

ワーゲンは素のモデルが一番おいしい、と言われることもあるので、検討の価値はあります。

資金的な理由で上位グレードをあきらめるか迷うなら、いっそのこと最安グレードを購入して後々自分の手でDIYするとかっているのもアリです。

最安グレードと言えどエンジンやミッションは同じ、安全装備も自動ブレーキやら事故後の2次災害予防のものなど充実しています。


TSI Comfortline(コンフォートライン) 


中間グレード TSI Comfortline(コンフォートライン)が317.0万円~ 

営業さんがやたら推してくるUPグレードパッケージ、着けたからと言ってハイラインになるわけではなく、LEDヘッドライト・3ゾーンフルオートエアコン・アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター・16インチアルミホイールが着いてきて約17万です。

個人的にはハイラインに見劣りするのは変わらないので不要かと思います。

個人的にはセーフティパッケージ、全車速対応の前車追従アダプティブクルーズコントロールなどの先進安全装備、約20万をお勧めします。

ナビは純正で21万円位だと思いますので、ナビとセーフティパッケージ着けて諸費用込みの乗り出し価格で400万円弱くらいになる感じです。

保証とかは5年の追加つけるかはまた別ですが、取りあえず3年付けて、必要であれば2年追加車検時の時に延長申請で良いかと思います。

個人的には割高なグレードに感じます。

TSI Highline(ハイライン)

上級グレードのTSI Highline(ハイライン)が376.9万円~ 

最上級グレードなのにナビは別でつけねばならず+21万円位で、乗り出し的には420万強といったところです。

装備充実、セーフティパッケージの追加、17インチのアルミに、インテリアもちょっと高級、シートの表面の素材も違い、2列目にまでシートヒーターが着くなど、快適性も向上しています。試乗したのがこのグレードでしたが、BMWでいうところの2シリーズグランツアラーのMスポーツみたいなイメージでしょうか?

だいぶ違うぞ!とツッコミをいただきたいトコロですが、ハーフアルカンターラのシートや17インチアルミ、ちょっとハイテクなLEDヘッドライト、など装備が近いような気がしなくもないです。

トゥーランの納期と値引き

登場して間もない新型トゥーランのですが、好みのグレードや色・オプションの条件が合えば、1ヶ月程度で納車可能だそうです。

2016年3月時点では、ハイラインのオーダーが多くてコンフォートラインが在庫僅少と言うことでした。

もしハイラインをすぐに、とオーダーしても1.5~2か月前後とのこと。

輸入車アルアルですが、売れ筋になりそうなオプションと色をストックして、在庫販売する形式なので、色やオプションなどを細かく決めると本国受注生産風になって納期は3ヶ月前後に伸びることになるそうです。

見積もりの時点だと5年保証や謎の付帯オプションや付帯サービスや高めのコーティングなどを入れて出してきて、そこからそれを除外していってあたかも値引きをしてきた風に見せますが、実質の値引きに関しては10~15万円前後です。

条件言っているのに勝手に見積もりに入れてくるこの方法、営業としてはよくある手口で商売的にやらねばならないとは言え、好きにはなれません。突き返す時間がもったいないんですよね。

BMWグランツアラーとの比較

価格的には似たような仕様にすると
BMW2シリーズグランツアラーの方が50~100万円ほど金額が上がりますが、比較される方も多いと思いますので参考にしていただければ。

トゥーランの方が中は少し広く、3列目の使い勝手など、優れているところもあり、半面エンジン的にはBMWの2リッターディーゼルの方が燃費もパワーも良いかと思います。

しかしながら価格面で行くとBMWで400万ちょっとで買える!高くない! というのと VWで400万もするの!?そんなに高い車に見えない! というのが世間のブランドなどのイメージを含めての評価かと思われます。

見た目を取るか、中身を取るか、みたいな話になりそうですが、それぞれの良いところもたくさんあるので、ぜひ実車を見てみて試乗もしてみましょう。

4月からは3月の決算時期で買い替えの際に下取られた中古車や新古車が数多く出回る時期です。そこも狙い目かもしれません。


中古のトゥーランを推している記事 もありますので、よかったらご覧ください。よかったらご覧ください。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ