ワーゲンの不人気車?実はすごいハイテク先進安全NEWパサートについて

フォルクスワーゲンの2015年の夏にフルモデルチェンジした、現行型パサートヴァリアントを見てきました。今回は試乗はなしで、見たところの印象を記したいと思います。

グリルのワイドさとかヘッドライトの薄さは、カッコいい系ややイカツイ系にも見えるかもしれないくらいシャープです。バンパーが下方向に張り出してたら結構ワイルドな顔になりそうです。


ボンネットのシェイプ(折れ目の線など)も少なくフラットな仕上げでかなりワイドさが強調されているように思います。実際横幅は1830㎜くらいとかで、かなり幅があるのですが、それ以上のワイドさに見えます。

ボディサイズは 全長 4.78m~4.79m 全高 1.49m~1.51m 全幅 1.83m ホイールベース 2.79m と幅も長さもあり、そしてルーフは低くスタイリッシュで伸びやかなシルエット。


エンジンは1.4リッターのターボで、大きさの割には軽量な1.5トンの車体で、カタログ燃費はリッター20㎞ほど走るということです。実際の燃費は6~7掛けくらいといったところのようですね。

燃費対策としてはアイドリングストップ/気筒休止機構/電動パワーステアリング/充電制御など、わりと制御はハイテクです。


安全対策もドライバー疲労検知システムなどの先進的なものや、アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)渋滞時追従支援システムなどの装備が全グレードに標準など、先進安全性能においては同じくらいの車格・サイズ、価格帯の日本車、輸入車の中ではかなり高水準であると言えます。

ワゴンが350万~、セダンが330万円~と、輸入車で同じくらいのサイズの車と比較して割安感があります。

エンジンは1.4リッター一本で、排気量や馬力はライバルとなる車種に比べて大きくはないですが、ここ最近のエンジン開発のトレンドで行くと、小さいことの方が素晴らしいというのがあるので、おおきなボディに小さなエンジンは誇っていいところかと思います。

BMWも3シリーズに1.5リッター3気筒を積んでいる時代ですので。


インテリアも水平基調でワイド感があります。


ハンドルやシフトレバー、ナビの感じはワーゲンの文法にのっとったシンプルでクリーンな感じで、特別高級感があるわけではないですが、使いやすそうでシンプルで機能的な美しさがあります。

インテリアの隙間やガタツキが少なく、小ぎれいな印象です。



2015~2016年はワーゲンとしてはニューモデルラッシュですが、パサートは売れ筋としては微妙です。数を売って稼げる車種でないため、値引きも渋い・・・というのが正直なところのようです。売れ筋はポロやゴルフ、トゥーランといったところで、モデルチェンジ待ちのティグアンに今後は期待です。

ハイテク安全装備は標準で、同クラスのサイズの車では装備対費用において、かなりコスパがいいとは思いますが、基本に真面目に正常進化してきていると印象で、衝撃的な何かインパクトはさほど感じない車かと思います。

良い車であることは間違いないので、そこそこリーズナブルに上質な素材やデザインを語りつつ乗りこなせる人にはオススメの一台かと思います。

機能や装備の充実とエンジンやミッション、その制御についてのウンチクなどを語れる人であれば、引き出しをたくさん持った車だと言えるので良い付き合いができそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です