(2021年度)納車待ち切れず中古買うなら認定中古車にしておいたら?

中古車高騰の時代

2021年は納期遅延の年、長い納期がほぼほぼデフォルトになったというのが今年最大のトピックでしょうか。

ランクルの年単位とかはちょっと例外的な部分もありますが、ヴェゼルで1年・グレードによっては受注停止、その他にも新型車に於いては登場まもなく3~6カ月が当たり前になりつつあります。

人気車種のハリアーやヤリスクロスでは人気の集中しているグレードや仕様が半年と言うのも販売開始からずーっと続いている(ちょっと大げさかもしれませんが)状態だったりします。

新型車・カローラクロスやGR86、人気転売グレードのアルファードのSCパケなど即納車出来る車両があれば飛ぶように売れたりとか、

新型ランクル300系に於いては1.5倍程度で転売されたり、モノによっては2倍近い価格でオートオークションに出回ったり…

長い納車待ちを避けて、現物があって即納車出来る中古車が注目を集めていることもあり、中古車相場も上昇基調であり、

タイミング良く乗り換えれて、今そこそこ人気車に乗ってて売れる人はオイシイ状態だったりします。

そこで、割高に高騰した中古車を購入するのであれば、メーカー公式な中古車である認定中古車に、今注目すべきかと、ブログにまとめていきます。

認定中古車を選ぶメリットが大きくなっている

中古市場が値上がり傾向にあるので → 認定中古車、なんで? って思う方もいますよね。

まず、認定中古車で新車価格を超えることはほぼありません。

メーカー・ディーラーは妥当な価値の評価をする傾向にあるので、プレミアが付いた車種を値を釣り上げて売るようなことはアコギなことはしないのが基本です。

限定車やレア車などたまに例外があるケースもありますが、尋ねると理由を教えてくれたりしてくれて、相場を汲んだ適度な?プレ値なケースも多い。

量販車種では新車の車両価格よりか高いケースの展示車も見かけないことも無いですが、年式がバリ新しく、装備・オプションなどの価格・価値をしっかりと説明してくれて納得性が高いのがメーカー認定保証車の良い面です。

町の中古車屋が強気に値上げ?

反面、中古車販売店では相場の流れを汲んで、かなり値段を上げているケースもある模様。

地域密着型の安めの中古車販売店であっても、ミニバンやSUVなどの売れ筋である車種では展示車を一斉に10~20万値段を釣り上げたケースもあったり、ネット掲載の値段を一斉に上げたりとかあったり。

なんでも県外からの問い合わせが増えて、高くても売れる、と踏んだようなことも有るとか。

回転率が多少落ちても粗利が出るから現状は書き入れ時じゃーっとなっているケースもあるらしい。

ただ、一度在庫車が売れてしまうと次の仕入れ車両が高いケースがほとんど、オートオークションも人気車種を中心に相場が上がっているので、在庫売り切ったらバブルはオシマイじゃ、との話もあります(;^_^A どんな行き当たりばったりな商売だよ、と思わなくもないですが、特需のような感じている方もおられる。

そう、タイミング良く乗り換え出来ている人は、新車に乗り出し所持しているクルマを高値で売り抜ける、というすごい状態で、買取価格も購入時の価格そのまま、維持費だけで車体はタダ乗りできた、という人も結構いたりします。

昨年ハリアー500万程度で購入し、購入から半年程度で次のハリアーを発注、今年新しいハリアーに乗り換えるのに買取店に出したら500万で売れた、みたいな流れがあって、その500万で買取された現行ハリアーが海外に流れるかと思いきや国内で550~600万円程度の極上中古車として売りに出される感じです。

短期乗り換えのスキームがハマる時期であり、国内で流通する一般的な中古車は割高であり、

であれば、適正な値付けが期待できる

認定中古車がイイのでは?

と言うのが当面のオススメって所です。

認定中古車のメリット

先ほどの例のハリアーも本来なら認定中古車の価格が高く、町の中古車屋の方がちょっと安い、ってのが普通で、メーカー公式で高いけど保証が厚いクルマを取るか、安いけど保証が短くリスキーな町の中古車屋か…と悩むケースが過去は多かったのに、その差がほとんどない、又は逆転しているってケースもあるので、

認定中古車のメリットが現状最大化されている、ってところです。

これも納期の遅延時期だけのものであって、とりあえず2021年度の車選びの参考になるのではないかと思います。

善き車選びを!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。