ルーミー(2020/10月以降)ならカスタムG-Tにしておこう

ルーミーはスズキソリオ駆逐車としてダイハツ、スバルと結託し、見事にそのミッションを成し遂げ、微妙な人気車に成り上がりました。

後追いで確実にソリオの販売台数を奪い、見事としか言いようがない。

そして、2020年にマイナーチェンジと共にルーミー・タンクと売り分けていたものをルーミーに統合しました。

これは販売店と言うか、メーカー都合の部分もあり、全店全車販売のために、人気のある方の名前を残して、ついでにマイナーチェンジした感じです。

ルーミー カスタムと標準モデル

標準モデルとカスタムグレードで顔を使い分けて、タンクの面影・・というかそのまんまタンク顔も残してます。

ルーミーは2016年末ごろのデビュー、はっきりいって5年目でマイナーチェンジだから、モデルチェンジで次期型に交代じゃないんかい!と思うところですが、もう少し延命するようです。2022年末~2023年中にモデルチェンジするかもしれませんが、これまたそこそこ売れ筋になってても、他のモデル(シエンタとか)との統合の可能性も否定できないので、要注目ではあります。

ちなみにライバルのソリオに関してはモデルチェンジしているので、リベンジを果たしたいようですが、それはどうやら叶わず・・・でしょうか。

さて、表題の通り、なぜ、マイチェン後のモデルでなぜ、カスタムGTを推すのか?

それは単純明快、ACC=アダプティブクルーズコントロールが採用されたからです。

以前のブログではパワー不足を指摘しました。

それはマイナーチェンジでエンジン変更がないので、改善はされてないでしょう。

ただ、ライズ・ロッキーのターボと同型のエンジンの1リッターターボはまぁ、なんとか及第点だし、追従型のクルーズコントロールとの相性も意外に悪くはありません。

走りに関しては後発のライズの方が明らかに安定感ある挙動を示しますが、室内空間の広さ、スライドドアの利便性はルーミーに部がある。

小さいお子さんがいる場合、短距離のお出掛け、ベビーカーの乗せ降ろしや子連れの買い物が多い場合にはやはり、ルーミーの適度なサイズ感と使い勝手は良いとも言います。

サイズ感が似ていることもあり、子供が幼児→小学生になって、ルーミーの3年目、5年目の車検を前にライズに買い換えする人もいるようです。

ややアクティブにお出かけなら、SUVは適任と言うこともあり、ライズが良いと言うのも分かります。

ただ、逆にスライドドアはやはり必須、と言う方はルーミーは筆頭になり得るし、遠出もこの1台でこなす・・・となれば、やはりカスタムのGTってところに返ってきます(笑)

ターボでACC付きなら多少乗り心地悪くてもロードノイズが大きくても、高速をビュンビュン飛ばさなければ、まぁ、我慢できるでしょうし、速度によってはストレス少なくまあまあ快適とも言えるかもしれません。

カスタムのG-Tについては200万円~のモデル、ナビ等を装着して乗り出しとしては多少の値引きがあって250万円前後となりそうです。

室内での使い勝手にフォーカスしたモデルとしては、意外に悪くないチョイスなのかもしれません。

マイナーチェンジでの室内の使い勝手に関しては、USBソケットなどの装備があったかと思います。そこら辺の現代的なアップデートも抜かりはありません。

マイナーチェンジで中古のルーミーも安価で出回り始めました。

ターボでも4~5年落ち程度で100万円前後から狙えるようになっており、ACC=アダプティブクルーズコントロールは着きませんが、比較的安くスライドドアのプチバンをゲットすることも出来そうです。

スライドドアでもう少し大きいのが良いな、となればトヨタで言えばシエンタなどもルーミーの新車価格+50万円程度で購入も可能でしょう。

シエンタを検討するときは、ACC=アダプティブクルーズコントロールがどのグレードでも選ぶことが出来ない、と言うのがあり、機能面でルーミーに劣る所があることに注意しましょう。シエンタも登場から5年程度経ち、新車でも値引きが期待できますし、中古でも安く出回っています。

中古を検討するときは、ライバルとなるフリードも合わせて比較、検討すると良いと思います。

ルーミーに関しては、モデル末期ではありますが、装備の充実でソリオの追随を許さない態勢を取っています。正直走りの気持ち良さではソリオの方が上だとは思うのですが、「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差ではない」というシャア少佐の名言を彷彿とさせる、事例の一つのように思います。

一度実車をチェックしてみても良いかもしれません。比較するならスズキのソリオ、又は同じトヨタのシエンタも展示車をチェックしたり、試乗してみると、新たな発見があるかもしれません。

善きクルマ選びを!

ちなみに、トヨタ・ダイハツ・スバルでOEMで共通の車ではありますが、スバルジャスティは避けた方が良いかもしれません。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ