ダイハツ生産再開の裏で…主要車種(タント・キャンバス等)は3月1日まで生産停止延長


※当サイト内アフィリエイト広告等が表示されます


2車種は生産再開を押し切ったが

ダイハツが2月の工場稼働予定を更新。

一部の車種を『顧客が望んでいる』という至極曖昧な表現を使い生産再開を押し切る流れもありつつ

当初は、お客様からお叱りや厳しい声をたくさんいただきましたが、次第に、日常生活や仕事に必要であり、早い再開を望むなど、厳しくも温かい声をいただけるようになりました。こうしたお客様のお声や、仕入先の部品の準備状況などを確認した結果、2月12日からの生産再開を判断いたしました。

https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/40384275.html

Really?

顧客の要望なんてのはぶっちゃけ何とでも言えるのですが、まぁ、法人需要が底堅く年度末・決算などでの入れ替えでニッサンADバンにシェアを奪われないようにとの思惑が見え隠れしているのは明らかですね。

販売再開予定:Daihatsuでは売らない車種と言うのも免罪符と思っているのか

1月19日に国土交通省より道路運送車両法の基準に適合していることが確認されているため、後はお気持ち次第でいかようにも出来るところ、数日前からキャンセル率は10%以下で待ってくれている人が多いと言う印象操作を行うようなニュースをダイハツ幹部が流すなどもありました。

経営体制何も刷新されていないし是正命令への回答も行っていないのに『顧客は応援してくれている』と言い出すなど、既定路線でした。従業員や取引先の雇用がーとか、まるで稼働再開に反対した人が悪いのかのような風潮を作ろうとしたり、そういった取引先を人質、盾にしているようにも…結局はトヨタがバックにいることでなんじゅかんじゃ押し切れるとの判断でしょう。

悪いのはダイハツ、統治できないトヨタグループが原因で、責任はすべてそこ、補償は貸し付けや融資でなくて負担せよと思うとこであります。

いつまで→2月いっぱい動かない

商用車だから、仕事でも使われる車だから、2車種は生産再開を押し切ったものの、その影には3月迄・2月一杯生産停止を決定したことも公表されています。

工場名稼働状況
・京都(大山崎)工場【トヨタ・プロボックス / マツダ・ファミリア バン】
 2024年2月12日~ 生産再開
 (未出荷車両の出荷は2月5日から再開)

【上記以外】
 ~2024年3月1日まで稼働停止延長
・ダイハツ九州株式会社
  大分(中津)第1工場/第2工場
【ダイハツ・ミライース、ハイゼット トラック、
 ハイゼット カーゴ、アトレー(OEM車含む)】
 2024年2月19日以降の稼働について調査中
 (お客様の声、仕入先の準備状況などを踏まえ、総合的に判断)
 
上記以外】
 ~2024年3月1日まで稼働停止延長
・滋賀(竜王)工場 第2地区
・本社(池田)工場 コペンファクトリー
【全車】
 ~2024年3月1日まで稼働停止延長
出典元:当社工場の2月稼働状況と一部車種の生産・出荷再開について(1月31日時点)
https://www.daihatsu.com/jp/news/2024/20240131-1.html

3月1日金曜日まで稼働停止…これは実際のところ、3月2・3日が土日となるため、3月4日が最短・最速の再開日となります。

まぁ、土日で稼働もなくもないでしょうけれども、現実的には週明けからでしょう。

いつから→数車種は2/19から

いつ販売再開か気になる所ですが、一部再開メドが出ている車種もあります。

売れ筋…というのは語弊があるかも知れませんがミライースと商用軽自動車バン・トラック再開予定として、2月19日予定と出ているのですよね。

・ダイハツ九州株式会社
  大分(中津)第1工場/第2工場
【ダイハツ・ミライース、ハイゼット トラック、
 ハイゼット カーゴ、アトレー(OEM車含む)】
 2024年2月19日以降の稼働について調査中
 (お客様の声、仕入先の準備状況などを踏まえ、総合的に判断)

 
【上記以外】
 ~2024年3月1日まで稼働停止延長
出典元:当社工場の2月稼働状況と一部車種の生産・出荷再開について(1月31日時点)
https://www.daihatsu.com/jp/news/2024/20240131-1.html
2/19以降についても言及

まぁ、これもココまで数字出していることもあって、ユーザーの必要とする声で、と販売再開も既定路線、決定事項みたいなものなんでしょうね。

トヨタでも不正あったし、社長は不正知ってて公表まで時間かけちゃうし、気になる先行きやダイハツ車の中古車、下取り買取の下落などなど…詳細は以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

まずはお気軽にネットから♪ 楽天Car試乗

さてさて、2023年も引き続き納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年となっていますね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢が増えてきています。

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

その他にも、『一括査定は電話なりやまねーぞ!』 でおなじみの? やりとりするのは高額査定の3社(最大)のみといった2度目に選ばれるサービスだぞ!とPRするところももあります。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

ここまでの選択肢を検討し尽くせば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ