ライズの内装はカスタムした方が良さげ?試乗インプレ②

トヨタのライズの内装はダイハツっぽく安っぽく質感は決して高くありません。


試乗インプレ①からの続きです


デザインに関しては悪くなくても、安い素材ゆえに質感は高くない、安い車種なら仕方がない部分で、ファブリックやプラスチックの厚さや硬さなどは値段に比例して決まるので仕方がない所。


インパネ周りやシートのデザインにパイピングやアクセントカラー的な物を配してた方が良い。



エアコンダクト、センターコンソール、シート、全体の質感のアップグレードをしたくなる感じです。


実際、ディーラーオプションでも、アフターマーケットパーツでもかなりのパーツが出回っています。



ダウンサイザーなどで大きな車種やグレードの高い車種からの乗り換えでは物足りなさを感じる方も多いのではないかと個人的には思います。

そういった方にはディーラー系のアクセサリーやモデリスタ、TRDなどのパーツを組み合わせるのが良いかと。

軽自動車からのステップアップだとしたら、せっかくの普通車サイズの車、カスタムする面積や余地が多く残されているベース車だと思うとDIYでもいろいろ調整してみても良いでしょう。


エアコンは最近の車種ではデジタルな操作系に組み込まれることが多いですが、アナログでも十分で、慣れ親しんだダイヤル式は使い勝手に申し分なし。


左右独立調整はできませんが、実際のところそれでも十分です。寒い、暑いなどは切るものなどで調整しましょう。グレードによりシートヒーターは付くし、後付けでもシートヒーターは最近は安価です。



フロントシートに関しては軽自動車よりかはサイズ感的にマシではありますが、あまりサイズが大きくはありません。


シートの調整幅があまり大きくなく、スライドや高さ調整の幅も大きくない感じです。


ハンドルの調整も高さだけ、チルト機構のみでテレスコピックは調整不可。


長身な方にははっきりいって物足りない調整幅だと思います。175㎝以上の人には操作系がマッチしないかもしれません。


とりあえず展示車で乗ってみて、試乗するまでもなく無理かも・・となる可能性もあります。

運転者がややかがんで運転するとかだと、疲労が貯まりやすく安全性が担保できないのでお勧めしません。


リアシートは評判通り広くいです。


ですが、シートサイズや座面の硬さ、クッション性の低さで長距離ドライブには不向きかもしれません。


インテリアの見どころとしては、オプションにはなりますが、ナビの画面を大きく取ることが出来るというところ。



9インチは立派ですが、ちょっとお値段が高い。


多機能で大画面だと26万前後~となっています。

画像はダイハツロッキー

ディスプレイオーディオ仕様も選べますが・・・まさかのディスプレイオーディオとメモリーナビの組み合わせはできない模様。


ヤリスクロスやカローラなどDP(ディスプレイオーディオ仕様)であればナビは大き目の画面でもいろんな機能がついて11万円~となってたりするので、ライズのナビの設定と仕様はイマイチと言わざるを得ない。


旧式となりつつある2DINナビを後付けでつけるのが良いかもしれません。


ディーラーによっては、ナビの値引きなどがあるので、そういったサービスやキャンペーンを狙うのもアリでしょう。


流行りのカーコネクトに関してもあまり強くない印象で、ナビによってHDMIの入力が出来たりできなかったりと仕様が微妙に違い、スマホのOSのレベルによっては接続が怪しかったりと、スマホとの親和性もあまり高くないと記しておきます。


ラゲッジスペースに関しては、372リットルという数値、ピンと来ないとしても、ヤリスクロスの390リットルと大差ないと覚えておいてください。


ベビーカーが横に入りそうだからOKかな。


その他に特記すべきオプション系だとZグレードのACC(アダプティブクルーズコントロール)の装備が良いですね。


ただ、停車保持せず、前走車が止まってしまうとキャンセルになるタイプで、半世代前の物とも言えます。

7年程度前からは輸入車ではコンパクトカーでもオプションであったりするので・・・
オプションでリアのトラフィックアラート&自動ブレーキはお薦めしたいところ。

これは良く言えばアウディやボルボなどで標準化が進んでいる先進安全装備とも言え、安全性はすべてに優先すると思うからです。


でも、あるのとないのでは高速道路を走行する際などは段違いに疲労を軽減してくれますので、出来ればACCありのZグレードを推したいと事です。

走行性能と合わせても、トータルでは高くない車種で残念な点には目をつむれる程度に納得感のある車です。
更には・・・


2021年2月末時点では・・・
すごい値引きができる!! というのを追加しときます。


決算という売り側の都合もありますが、ヤリスクロスの登場で人気がそっちに集中(納車5~7か月待ちとか)、売れ行きの悪化したライズやCH-Rのテコ入れという事情もあるようです。


ライズに関しては車体で20万程度(マックス値引きは23万か) + 26万のナビサービスなどがあるようです。


200万円前後の車種にしては1割をこえる値引きは珍しい。

捕捉するならさっぱり売れなくなったCH-Rについては40~50万位は容易に値引きが出来るとか。奇抜なイメージで敬遠されているそう。


ヤリスが人気で長い納期掛かる分、その上のランクのモデルと下のグレードの車種のライズと両方ともガッツリ値引きして決算期に売り抜きたいもよう。


2021年4月にはホンダから新型ヴェゼル(CX-ハリアーと言われているwww)も販売開始、その前にコンパクトSUVの需要をトヨタの豊富なSUVラインナップで囲い込みしたいらしい。


もちろん、ライズもCH-Rも評判の良くないモデルではありませんが、人気的に落ち目なモデルを当てがってその場をつなごう、というのはイマイチ解せない気も。


ライズの完成度は安い中ではバランス感の良いモデルでコスパも高いのは間違いありません。
ただ人気なのはヤリスクロスで、売れ筋はバトンタッチしようとしているので、少し辛口な評価と共に、ヤリスクロスとの比較試乗をされるのをお薦めしたいところです。

値段的にかぶるところあるしね。


値引き交渉は積極的に!!


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
ディーラーの査定に騙されないで!!
買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。







90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です