こわもて顔のデリカD5新型 アルヴェル意識するとこうなるの!?試乗インプレ①

押し出し強めにマイチェン

プレスリリースと共にゲテモノ顔と評され前評判は良くなかったけど、フタを開けてみればしっかりと販売台数を稼いでいる、三菱の人気車種・デリカD5 ディーゼルモデル2019年新型。

モデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジというところですが、フロントフェイスがあまりにも歌舞伎顔に変わりすぎて、びっくりした人も多いはず。


今回は試乗インプレとして主に外観についてブログにしていきたいと思います。

マイナーチェンジで大胆に路線変更

まずは外観は2019年新型では2パターンと、旧型のキャリーオーバーのガソリン仕様で1パターン。

標準フェイスは電気シェーバーのようなグリルに、アンダーガード風のバンパーの造形。

スキッドプレート装着したカスタム車に見える。

3,842,640 円~

アーバンギアグリルがキラキラのメッキになり、バンパー下がエアロっぽくなり押出がより強めに。エアダム仕様でワイドアンドローなちょっとワルっぽい感じに。

4,067,280 円~

↓↓旧型=マイチェン前のグリル周りのフロントフェイスは今となってはソフトに見えます。


旧モデルはガソリンだけ用意され、当面は併売、FFモデルは 2,449,440 円~ 4WDモデルは2,896,560 円~ となっています。

価格的にはかなりお得感もあり、このデザインの最終型が欲しいと言った駆け込み需要もあったようですが、ビッグマイナー前ゆえに予防安全、運転支援系の装備が弱いのが難点です。

新型は運転支援がモダンに

新型はそういった先進安全運転支援系の装備はしっかりとアップデートし、機能面などでは絶対にマイチェン後のモデルを選ぶべきなのは間違いありません。

それぞれのグレードのスターティングプライスのグレードは装備がやや質素の吊るしの状態で、G-Limited packageやG-Power packageなどの装備を充実させてくるとプラスで20~40万円万円前後となります。

ナビやETCなども充実させると更に20万円~の上乗せとなります。

デリカD5のサイズ感

ミツビシデリカD5のサイズはグレードによりますが、全長 4,790-4,800 mm x 全幅 1,795 mm x 全高 1,850-1,875 mmとなっています。

ラグジュアリーミニバンで割と外観のパンチの効いているアルファード/ヴェルファイアのサイズと比較すると全長 4,945-4,950 mm x 全幅 1,850 mm x 全高 1,935-1,950 mm

5ナンバーミニバン(一部グレードは3ナンバー)のセレナなどのサイズと比べると、全長 4,690-4,770 mm x 全幅 1,695-1,740 mm x 全高 1,865-1,875 mm

輸入車でミニバン的な7人乗りの車は寸法: 全長 4,700mm弱 x 全幅 1,830mm前後 x 全高 1,670 mm前後が多いでしょうか。

サイズの比較で言うとアルファードよりはひとまわり小さく、5ナンバーミニバンよりかは一回り大きく少し長いボディに幅は1800㎜弱、高さは同等くらいといったところ。

見た目的にはバンパー下からボンネット上までの高さもあり、メッキパーツも多いので主張が強くボリューム感があります。

4WDをイメージリーダーにSUVテイストを強めに打ちだし、ライバルの中で中途半端にならず埋もれないようにアピールしている感じです。

ギラツキでアピール

このヘッドライト、点灯してないときでもキラキラ輝かせるという裏テーマがあったりするそうですが、その狙いは達成しています。


デリカD:5を特徴づけるアイデンティティとして、パンチが効いていますね。

見慣れるとカッコよく見えてくるから不思議です。おそらく画像よりも実車で観た方がスタイリッシュさは伝わるかともいます。


サイドビューは旧型とあまり変わりませんが、やはりヘッドライトの印象って車にとって非常に大事なんだと思い知らされます。

縦型ヘッドライトユニットは現代的にLEDを採用し、配光や光量などはまぶしいくらい強めです。

ポジションのみ点灯。



ロービームにすると外側の縦のLEDが光ります。


ハイビームに入れると内側もひかり、ユニット全体から眩い光があふれます。



グリルやバンパーの造形もワイルドさを醸していますが、やはりヘッドライトが一番個性を強めているのは間違いありません。

ヴェルファイヤやアルファード、5ナンバーミニバンの上位グレード、そして輸入車7人乗りミニバンなどと販売で戦うためのデザインとも言え、勝負に出ている感じもあります。

ただ、この変わった造形ゆえに、ヘッドライトガーニッシュなどのカスタムパーツの適合が難しいらしく、JAOSなどのチューナーを悩ませているようです。

カスタムベースとしても人気なのでこれからの展開が楽しみでもあります。


旧デリカなどで流行ったプロテクター風のアイラインのようなものもアフターパーツでカスタムが難しいそう。

最近の車は自動ブレーキ用のセンサーがグリルの中にあったり、バンパーの中にあったして、そういったパーツの換装も難しそう。

専門のショップやパーツで確実なフィッティングでモディファイを楽しまないといけませんね。

新型デリカD5の紹介ムックも多数出版されていて、コアなファンがいることが分かりますね。


ミニバン・SUV・スライドドア・ディーゼルという唯一無二の個性を備えているので、一度実車をチェックしてみると良いかもしれません。


食わず嫌いせず、このデザインとサイズ感、チェックしてみましょう!!

試乗インプレ②へと続きます。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ