クロスビーになくてスイフトにあるもの などなど装備について試乗インプレ③

美点と欠点

せっかくの出来の良さに対してハンドル位置が決まりにくかったり、荷室やシートに多少の不満が出たりしますが、装備として足りないものがいくつか・・試乗インプレ③です。



クロスビーは
廉価なMXグレードの2WD
1,765,800円
から
上位グレード、MZの4WD ツートンルーフorスリートーンコーディネート仕様
2,189,160円
と、なっていて、ツートン、スリートーンでの差額はモノトーンに+約4万円
ピュアホワイトが21,600円高


人気色はキャラバンアイボリーのツートン仕様で約3か月待ちとなっていています。


200万円前後の価格帯ゆえに、色による差額は控えめか、妥当かといえるところでしょう。


実車に触れ、営業マンとのトークを踏まえ装備について考察していきたいと思います。

自動ブレーキ系はある


装備として充実といえるものが、自動ブレーキ系の物。人も車も検知して、前進も後退も衝突被害を軽減してくれます。ふみ間違いにる急発進を防ぐ誤発進抑制制御もあり、街乗りにも安心の装備があります。

車線維持警報のような物もあり、ふらつき警告や車線逸脱警報などもあります。

ステアリング制御まではありませんが、まあまあの充実度。

上位グレードのMZには標準、下位グレードのMXには106,920円のパッケージオプションです。ぜひチョイスを。

LEDはあるけどアダプティブではない


照明も安全装備と考えるなら、LEDライトについてはMZに標準、MXに75,600円のオプション。

LEDではありますが、コーナリング先を照らしたりまでの制御はできず、オートライト機能程度に留まっています。

コストとのバランスではちょっと割高ではあります。

MZには標準で、MXにはオプションですね。

LEDや自動ブレーキなどの装備差を補正していくとMXとMZの装備に対する価格差はかなり縮まります。

MXとMZの約24万円のベース価格差をセーフティパッケージとLEDパッケージで18万、その他メッキドアハンドルや本革ステアリングとシフトノブ、(前車追従ではない・・)クルーズコントロールやリアシート用バックレストテーブル、撥水シート表皮などを踏まえてMZを選ぶ方が多いというのもうなづけます。

LEDのヘッドライトだけ欲しい、という方には社外のもので4~5万円でKEDユニットのみ取り付けというのをやっているディーラーさんもあるようです。

車両価格200万円弱という価格帯的に、その差額2万円をシビアに考える方もいるというのを参考まで。


2WDと4WDの駆動輪による差は14万円くらいとなっていて、グリップコントロールなどの走行制御を考えると意外にも割安とも言えるかもしれせん。

しかし、荷室容量が小さくなってしまうので注意が必要です。

後方の視界をフォローする装備はあった方がいい


キックアップしてデザイン的にアクセントとなっているリアのバックサイドのウィンドウ周りとリアウィンドウの視界の悪さがネガティブですが、3Dビュー(パナソニックナビオプションとのセット)やバックソナー(MZ標準・MXセーフティパッケージに装着)などがあります。

パーキングセンサーかバックモニターは最低限付けたほうが良いですね。正直あまり後方の見切りは良くないと思われます。


ナビに関してはスズキお得意のメーカーオプションハーマン製推しではなくなり、パナソニックの8インチor7インチのナビのみ全方位モニター(アラウンドビューモニター的なもの)を選択できます。

3Dビュー的なものが必要であればナビ約15万~17万+オプションのカメラパッケージで約5万となっており、かなり割高。

ディーラー的な売れ筋でいうとケンウッドのエントリータイプのナビ約12万円にバックカメラを着ける、というのが多いそうです。

メーカー指定のバックカメラ4万円よりも安い2万円ちょっとの物(ガイドラインがないなど多機能でない)も用意があるディーラーもあるようです。

スイフトに劣る部分は?

さて、ここいらでタイトルの機能面のスイフトに対するビハインドを考えると・・クルーズコントロールの機能がスイフトやバレーノに装着されるものより劣るということあります。

世代が新しい車種の割に前車追従機能が付かないんですよね。

走行性能に余裕があり、4WDも設定されるなど、ウィンタースポーツを中心にロングドライブに対する資質の高さを感じる1リッターターボゆえに惜しいところ。

そんなところだけ軽のハスラーに寄ってしまっているのは非常に残念。

そこはスイフトやバレーノのよな普通車クラスのレベルの装備を期待したかったですね。

ハスラーについてはマイナーチェンジでクルコンが追加設定されることもあったので、クロスビーのマイチェンにも期待したいところ。

価格・値引き・納車

上位グレードのMZにナビ、ETCなど機能面を充実させるとだいたい乗り出しで250万円くらいになるとのことです。

アクセサリーパーツも外観のドレスアップやデカールなどと、インテリアのカラーパネルなどポップなものを中心に充実していますが、あれもこれもと追加してオリジナルな一台に仕立てると300万円近くなり、ミニを買えそうになります(笑)

値引きに関しては5%~10%程度は引いてもらいたいところ。オプションなどを付ける代わりに一部用品代金を値引きなど交渉してみましょう。

ナビに関してはアップルカープレイなどのスマホとの親和性がなかったり、各ナビでもHDMI入力に対応の物がパイオニアのハイエンドモデル(約20万円~22万円)のみに設定であったりなど、インターフェースにイマドキ感もないですね。

イグニスとかのほうがそういったインターフェースに関しては充実していたようにおもうので、中身的に中途半端な部分もあります。


世の中的には大絶賛でなかなか売れており、納車まで2~3か月かかるケースもあるようで、見た目やエンジンとミッションと走りの安定感とナチュラルなソフトさとに魅了されがちですが、じっくりと吟味して相棒となる愛車選びをしましょう。

個人的にはマイナーチェンジでの装備の充実と、カラーリングやツートン・スリートーン組合せのバリエーションの充実に期待してもいいかなと思います。


Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ