ステップワゴンスパーダは結局買いなの?試乗インプレ③

トゥーランっぽい?

先代(4代目)ステップワゴンスパーダの時からそうなんですが、私の中でのイメージ的にフォルクスワーゲントゥーランと重なる部分が多いように感じるホンダのステップワゴン。


ハイブリッドで巻き返し!?でも売るたび赤字?ステップワゴンスパーダ試乗インプレ② からの続き。


4代目の時にはワーゲンで言うところのワッペングリルのような感じにしたり、5代目からはダウンサイジングターボといったもので税金の区分を寄せたり、なんとなーくシンプルなイメージとサイドの太いラインなんかで現行のワーゲントゥーランに似せていたりと・・まぁ、開発の段階でそこをターゲットにして国産ミニバンの中で個性を出そう!としてあまりうまくいってない感じだったのかもしれません。

ステップワゴンは先走りすぎ!?5代目RP型試乗レポート

思い出した!!3代目ステップワゴンの魅力

少し下品なくらいの押し出しの強いフロントと、ハイブリッド、そして2列目キャプテンシート、と日本人の趣向を汲んでノアやセレナに対抗、ホンダセンシングによってちょっとリード!と行きたいところだとは思います。

個人的にはスペックとしては優秀で、確かにワーゲントゥーランをライバルとしてもいいのではないか?と思えるようなデキです。


7人乗りが人気


ステップワゴンは無印の標準型、スパーダ、スパーダハイブリッドでも2列目が3席ある8人乗りのものか、2席独立のキャプテンシート仕様の7人乗りかを選ぶことが出来ます。

値段の差はなく、7割強の方がキャプテンシート仕様を選ぶそうです。

3列目が3人掛けなのは共通、乗車定員は7人になっても2列目を快適に、と言う方向性が今のトレンドのようです。

トヨタでも日産でも同じ傾向にあるそうではあります。

そしてステップワゴンの低床コンセプトと、2列目キャプテンシートの出来栄えは上位車種のオデッセイに迫るものがあるとも思います。


今や国産ミニバンはデフォルトで2列目シート用のピクニックテーブルが付いていたりしますが、ワーゲントゥーランにはかなり前のモデルからついていたりします。

本田のダウンサイジングターボはワーゲンのもののように硬質な回転感はありませんが、低回転からトルクが立ち上がる実用的な感じで、やはり黒子に徹するワーゲンのエンジンを彷彿とさせるもの。

インテリアのパネルも実用的な面では似ていると思います。トゥーランの方がシンプルで質実剛健風、シルバーのトリムでさりげない上質感を演出と言った感じで、ステップワゴンの方がややスイッチが多くギミックや斬新さ、面白さを重視していると言えます。

その他の装備や走りの質感



ステアリング裏のスイッチなんかはルノーカングーあたりのサテライトスイッチを連想させるものだったりします。


こういったスイッチ類に心ときめく男子も居たりするのではないでしょうか。



使いこなしてみたくなるギミック的な感じですね。

ステップワゴンスパーダとハイブリッドと、乗り比べて試乗してみて思い浮かべたのは欧州のミニバン的な車種。

トゥーランやルノーカングーなんかは予算的な部分も踏まえて実はライバルになり得るのでは・・?と思ってきた次第です。


全然違ーうーだーろー!!とツッコミを盛大に受けたいところではありますが、ハイブリッドモデルのフラットライド感と静粛性などの質感、クールスピリットのコーナリングでの追加操舵に対するロールや足回りの粘りなどは結構ヨーロピアンなテイストなんじゃないかと思います。


1.5リッターターボの方がやはり高速では騒々しくルノーカングーのようで、


2リッターのハイブリッドは走りの硬質感や安定感、静粛性でトゥーランのよう、とでも言いましょうか。


ナビはどうだろうか


欧州製の車と違ってナビの選択肢が多いってのはもしかしたら外車と比べる時のアドバンテージかもしれません。

ナビはメーカーオプションよりもディーラーオプションの方が性能が高いものが設定されているそうで、さらに言ってしまえばオートバックスなどのカー用品店にある市販ナビの方が画面が大きく値段も安くて性能も良い、っていうオチがあるそうです。

ディーラーオプションは収まりが良くバックモニターやソナーなどとまとめてやってくれて納車して即使えるのがメリットですが、ちょっと割高なようです。



市販だと10型ナビゲーションで15万~20万円前後、+工賃とバックモニターやETCなどを着けてもディーラーオプションより割安な感じですね。


逆に納車した後にナビを取り付けで持ち込むのが面倒と言うことであれば、オプション品でも良いですが、その辺は値引き交渉の材料にしましょう。

ステップワゴンの値引きは?


ステップワゴンのマイナーチェンジ後の新型は値引きに関しては10万円前後はすぐに引き出せるようです。

こだわりの仕様にするとかでなければ、12月、3月には大幅な値引きが期待できそうではあります。

前述のナビに関しても、ナビメーカーからの販売支援金なるものがあれば、単体で5~8万円値引きを追加できることもあるそうなんですが、中々小出しに値引きの提示をしてくることもあるので気をつけましょう。

ナビキャンペーンとポップやちらしで大々的に謳っているときと、こっそり裏で値段を引いている時とあるみたいです。


スパーダ、スパーダハイブリッドの納期に関しては滑り出し好調と言っても1カ月~1カ月半待ちくらいの感じで、人気沸騰納車までしばらく待つ、ってことはなさそうです。

人気色としてはブラック、ホワイト、シルバーの順当なところがベスト3のようですが、濃いいブルーやパープル、ガンメタ系のカラーリングも人気だそうです。

基本、濃い色が売れ筋、ってことのようで、赤と水色は壊滅的に人気がないそうではあります。


ハイブリッドの最上級グレードG-EXであれば良い車だと勧めたいところですが、価格も高く、やはり好みが分かれる感じの仕上がりの車かもしれません。

大幅な値引きであれば、もしかしたら良いチョイスになるのかな?

実車を見て、比較試乗して、トータルで判断しましょう。


追記:2021年ステップワゴンのモデルチェンジ情報を更新しています。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です