定番人気のニューバランス574と996を解説!!

以前に大人向けのレザースニーカー選びについて記事にしたことがありましたが…ここ最近のカジュアルスニーカーのブームはすさまじく、定番になってきていますね。
今回はニューバランスの靴選びでハズレの無いチョイスを紹介したいと思います。
実際のところスニーカー選びと言うのは何を選んでいいのか?大人がチョイスして恥ずかしくないか?若い人から変だと思われないか?逆に年配の人に引かれたりしないか?ダサいブランドを選んでいると思われたりしないか?と少なからず周りの目線を気にして選ぶこともあるはず。ファッション好きの人にもそこそこ一目置かれ、そうでない人にもやり過ぎと思われないレベル、そしてほんのちょっとカッコよく、と言うのが今回のテーマ。
そしてスニーカーゆえに足へのフィット感と歩きやすさ、車の運転への支障の少なさ、そしてバイク乗りにもなじむカジュアルさ、などニューバランスの靴限定で紹介したいと思います。ちなみにニューバランスの靴のモデルはナンバリングされていて、○○574 とか●●●996とか、300とか420とか1400とか999とか、色んな品番がありますが、素材や形、ソールの形状や使用用途などなどその他、微妙に区分されていて、デパートでしか売っていないものや、ABCマートのようなシューズショップ限定のもの、ウォーキング用のもの、など分類されています。どれを選ぶと間違いがないのかをご紹介。
ガチで定番人気の モデル 574

1万円くらいまででカラーが豊富に選べます。シューズ事態にボリューム感があってカジュアルさが前面に出ているタイプ。履き心地にも適度なゆとりがあって、すこしかわいらしいデザインでもあります。
81lDGXJnb0L._UL1500_.jpg
靴のつま先の方にも丸みがあり、トゥーの部分のソールも少し持ち上がった感じ元気な感じのスニーカーですね。素材違いなどで値段が違ったりしますが、シューズショップでは期間ごとに限定カラーなどを用意してあったりして、選ぶのが楽しいタイプです。アマゾンで買うと常にセール価格的にはなりますが、サイズ選びはレビューを参考に慎重にしつつ、返品などのやり取りの手間がかかるかもしれません。そういうのもひっくるめても安いとは思いますが、ニューバランスの靴を試着した経験の有無などを考慮して自己判断ですね。
シックな形  996 タイプ。

お値段ちょっと高め、10,000円を超えてきます。見た目変わらないのでは?と思う方も多い方と思いますが、ニューバランスの靴の同サイズの574と比べて見た目的には少しスリムで甲の高さも低めに抑えられていたりします。
71LtJv3xrpL._UL1500_.jpg
写真でもわかんない?と思われるかもしれませんが、すっきりした印象と言うか、スリムなシェイプと言うか、細長い感じに見えると言うか、コンパクトな造りというか。実際のサイズなりに大きさはありますが、生地や縫い付け、基本の型のカッティングの違いなどにより同サイズの574よりもコンパクトに仕上がっているシューズで、イメージ的にはシャープでかっこいい感じを強調しています。甲が低い分、脚長に見える効果とかも若干はあると思いますね。ただし、幅や甲高で合わない人もいると思うので、自身の足型と相談しましょう。996であれば、デニムよりもスラックスやチノパン系のボトムの方が似合う感じとでも、言いましょうか、ややトラディションなスタイルにもマッチすると思います。ちなみに女性で小柄な方は996を選ぶ方が多いそうです。なんでも574を履くと靴だけ大きく見えちゃってイヤなんだとか。ファッションとのバランスと言うのも難しいですね。
ぶっちゃけニューバランスの靴をえらぶならまずはこの2つの型を選べば間違いない。絶対的鉄板チョイスです。迷ったら色は白かグレーか黒を選ぶとこれまた間違いない。足元はモノトーンから入れば色の濃いいリジットカラーのジーンズでも色褪せたダメージジーンズでも間違いなくマッチします。靴の色に合わせてTシャツやシャツの色味を合わせればトータルのコーディネートでもダサクはならないでしょう。後はサイズ感に注意して、ジャストサイズかややタイト目に着こなせばむしろお洒落にすら仕立てられます。
スニーカーのブーム、定番人気のアイテムを取り入れて、ファッショナブルなライフスタイルを!
ちなみに私のブログの主題と言うか、テーマは車とバイク。
運転の時にもこういったスニーカーは柔らかい履き心地で操作をし易いと思います。
ソールに関しても歩きやすさや膝などへのダメージの緩和だけでなく、バイクであればステップからの振動の伝わり方の緩和などの効果もあります。
靴へのダメージ緩和のためにシフトガードなども忘れずに

Follow me!

その他バイク用品・カー用品の通販や音楽・動画配信サービスをオトクに!

特典満載のアマゾンプライム会員まとめページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。