大人のカジュアル ドライブの時のスマートなファッションとは

大人男子のカジュアルって難しいですよね。男子と大人が矛盾しているのはご愛敬、若々しく見えるミドル、ってことが言いたいんですね。冬場はジャケットやコートで覆ってしまえるのですが、夏場など薄着になるほど難しく、夏は迷ったらポロシャツ一択で行きましょう。
91XziYYny1L._UY500_.jpg
ファッションの全体のポイントとしてはサイズ感。ジャストサイズを心がけましょう。
ゆったりはラクはダメ。男と言えども体のラインを美しく見せる意識を、そして見られることを意識しましょう。気持ち的には魅せる、つもりくらいで。
色味は全体で2色以上、3色までのコーディネートでまとめましょう。
色数増えるとガキっぽく、1色だけだとオタクっぽくなっちゃいます。
白・・ベージュ・黒・濃い青などは無難ですね。派手な色味は4色目にならないように取り入れましょう。
色落ちの全く無い色味の濃いデニムはジャストサイズで履けばスラックスっぽくも使えます。
ファストファッションも組み合わせて使う分には良いですが、全身それだとちょっとね。
せめてトップスの一番目立つものは良いブランドの物を纏いましょう。
Made in England ブリティッシュな香りのやや細身のポロシャツ

フレッドペリーは色味がきれいで品があるように見えますね。
アメリカン・トラディショナル RALPH LAUREN

ラルフローレンはアメカジ=ジーンズとの相性が良いかも。マルチカラーのポロシャツは下は白パンツor黒パン、もしくは濃いいデニムと合わせると際立って良いかと。
日差しに映えます。
フレンチスポーツカジュアル そして全てのポロシャツの<原型>

ラコステのシャツは光沢がある感じでキレイですね。
フランス人も愛用するポロシャツ、同じポロシャツをひたすら着続けて着古して次を買う、というのを3~4年サイクルでやっているとか。
夏場のドライブの時のカジュアルに、1枚1万円くらいのポロシャツをこさえても良いかもしれません。春秋は上にジャケットやマウンテンパーカーなどを羽織っても意外とサマになります。
毎週末着るとしたら、6月から9月までの3か月で12回くらいは出番があります。1回あたり800円の衣装代ですね。3~4年来たら一回あたり200円前後の着用料だと思えばそんなに高いファッションアイテムではないかも?
毎年来ていてもすたれない上等なポロシャツをお勧めしときます♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です