車中泊とドライヤー・ハンディとクルクルドライヤーのフラッグシップがお勧め?

カーライフと

なぜに車ブログでドライヤー?というのはありますが、いくつか紹介したいアイテムがあるので記事にしておきます。

アウトドアや出張、連泊での旅行や車中泊でのロングツーリングの時など、あると便利なアイテム、ドライヤー。

衣類の乾燥や、アウトドアで濡れた髪などのお手入れに活用できます。

高機能なドライヤーであれば、髪の毛のボリュームのコントロールも可能だし、頭皮のコンディションにもプラスに作用することがある。

「髪の毛濡れたままだと風邪ひいちゃうから」とか「前髪が落ちてくると運転(ライディング)に集中できないから」などとドライヤー必要とすることもあるでしょう。

コンパクトハンディドライヤー

そういった出先での緊急時の車のシガーソケットで使えるドライヤー

旅の時に一台あるとマジで便利です。

髪だけでなく、洋服や靴下、靴など濡れたでは不快なものをとりあえず乾かすことができます。

助手席や後部座席の仲間に協力を仰げば移動時間も有効活用できます。

が欠点は音がウルサイことですかね・・・あとは耐久性とか、シガーソケット直結だと電圧とかとのバランスで、壊れやすいかも。


普段使っているドライヤー だけでなくて色んな家電を車で使うのに便利なインバーターなども用意しておくと、便利かも知れません。

12Vから100Vに変換して家庭用のコンセントと同じように使えます。

車中泊とかでも活用できますね。

頭皮に届くアタッチメント付きのフラッグシップも

くるくるドライヤーも進化していて、頭皮のケアやボリュームのコントロールなどに活用できるタイプ、結構お勧めです。


謎のアタッチメントが付属されてて、熊手みたいな、長く細い先端が伸びたアタッチメントで頭皮に直接かぜを送れるのが良いんです。

ノズルから風を頭皮に



頭皮・髪の根元をしっかりと乾かすことが出来るんですね。

洗った後はすぐに髪、頭皮を乾かすのが大事です。

さらには根元に風を送ることでふわっとボリュームが出ると若々しく見えますね。

メントール系のシャンプーやスキャルプトニックを付けた後に冷風を送り込むと風呂上がりのほてりが一瞬でクールダウンされて気持ちいいです。


車やバイクでの旅のお供・車中泊でのドライヤー、もしくは家での手入れの参考になればと思います。

夏でも暑いからってサボらず、ドライヤーはした方がいいそうです。

頭皮や枕、寝袋など、蒸れたり雑菌が繁殖すると臭くなるのでそれだけは絶対NGですね!



Follow me!

その他バイク用品・カー用品の通販や音楽・動画配信サービスをオトクに!

特典満載のアマゾンプライム会員まとめページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。