オーリス要らず?ヴィッツマイナーチェンジでHV追加!モデル末期なのになぜ?

ヴィッツの大規模マイナーチェンジ

人気が低迷していると言ってもかなりの台数をNetzというマイナーな販売店のみで販売しているヴィッツがマイナーチェンジでハイブリッドモデルの追加となりました。


日産ノート e-powerやホンダ フィットハイブリッドに対しての対策であったりとか、モデルチェンジを先送りするためなどいろいろと思惑はあるようですが、選択肢が増えるのは歓迎ですね。

基本的にはアクアハイブリッドと同じようなメカニズムを搭載しているのが特徴で、百数十万円の車に数十万円をかけてハイブリッド化する意味が果たしてあるのか?といったところ。

アクアにしてもサイズや室内空間の割に値段が割高だという声も聴かないでもないですよね。

それでもガンガン売れて人気車種になっているのがトヨタのすごいところですが(;^_^A

特にリアシートなどはモデルチェンジの飛びにコストカットが見て取れるような質素で平板でペラペラってな感じ。

体のサポート性や座り心地の良さなどはあまり望めません。初代初期型のVitzの方がいろんな面で頑張っていたような…

低燃費Vitz

アクアに搭載しているシステムを若干の改良してヴィッツに載せ、カタログ燃費は34.4km/Lとなっていて優秀です。

街乗り的には25㎞/Lくらいは走るような感じで、高速道路を走ってもあまり燃費性能的には伸びないようではあります。

車体をケチってモーターに金をかけるより、内装なども値段に見合ったちゃんとした車を作った方が良いのかも?と思わなくもない質素なインテリアかも?

旧世代然としたオートマシフトのゲートなど、旧来の高級感を追っているような感じに見えなくもない。

インテリアの材質はイマイチでもデザインは凝っていると言えなくもないですが、例えばシエンタのようにコストカットを凌駕する質感・デザインの奇抜さの演出は出来ていない感じで中途半端かしら。

オーリスやブレイドとか…

ヴィッツの2世代目からは明らかなコストカットと安っぽさが見られるようになり、上質さを求めるならトヨタのオーリスやブレイド(絶版車)等へ~となっていて大排気量モデルまで用意したブレイドは絶版に追い込まれるほどの失敗作に。

トヨタは小さな高級車作るのが得意ではないような感じですね。

でも燃費以外でゴルフに対抗できるほどの資質を備えていない中途半端なオーリスを選ぶよりも、人気もあって燃費と適度な室内空間を備えたなヴィッツを選ぶ方がスマートであるかもしれません。

売る時にもヴィッツの方がオーリスよりも高値がつく時があるようなので、そういった観点でもヴィッツがお勧めかも。

Vitzは5ナンバー

ヴィッツのsizeは 全長×全幅×全高=3945mm×1695mm×1500mm
上位互換のオーリス 全長×全幅×全高=4330mm×1760mm×1480mm
双方とも機械式駐車場などに収まる全高なのがポイント。

ヴィッツはコンパ口ハッチバックとして扱いやすい5ナンバーサイズですね。

オーリスのサイズは中途半端な感じもしなくもない。プリウスよりか幅広で、ゴルフとかよりかは狭い。

1750㎜であれば機械式立体駐車場の選択肢も広がりそうな気がしなくもないです。

室内の広さでアドバンテージがあったのは初代の頃の話で、広さの面では天地方向ではフィットの方が広く、前後方向の広さではノートの方が広い感じです。

ハイブッドモデルの追加と外観のリファインで販売台数ランキングで息を吹き返した感じのヴィッツ。

Hybridでテコ入れ

しかし、ハイブリッドはあくまでイメージ的な物をけん引する話題作りのようなものであり、残念ながら乗り出し見積もり250万円に見合った感じではないように感じます。

良い意味でトヨタ車的な乗り心地の良さとハンドリングの良い意味での緩さはありますが、走りの質感的にはロードノイズや風切り音の大きさが気になる感じであります。

ノートなどへの対抗、次のモデルチェンジでハイブリッド推しにするとか、そういった理由もあるのかも。

ハイブリッドモデルばかりが話題になり注目を集めている感じではありますが、コスパで考えると排気量の小さく安いベースのグレードが一番旨味があるように感じます。

外観デザイン的にはフロントフェイス・リアが現代的にアップデートされています。
リアのデザインはモダンで良いとは思いますが、フロントはグリルからバンパーなどのほうれい線のようなラインがあってワイドな開口部でスポーティでもあります。

この辺りのデザインは好みがわかれるところではありますが、ヤリス(欧州仕様のVitzの名前)WRCモデルのようであり良いかと。

値引き的には当面は難しくとも、フィットやノートなどのモデルのマイナーチェンジや特別仕様車などの登場時期、販売ランキングの動向などによってはメーカーから販売報奨金などが出て値引き幅が大きくなる予定。

夏のボーナス商戦時期や10月頃の半期の決算なども一つのタイミングとなりそうではあります。

納車時期的には1か月前後となっているので、人気殺到納車が遠い、と言うことはないようです。

とりあえず気になったら試乗してみて、しばらくは様子見といったところが良いかもしれません。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ