なんとなくボルボっぽい?CX-5試乗インプレ①

欧州の風を感じるCX

グレードによっては欧州車っぽくモダンで、走りの質感もまた良い車だと言える、マツダの新しくなったCX-5。

欧州や北米でも評価され、人気を博しているともいいます。

ガソリンの4WD、ディーゼルのFFに試乗しました。

エクステリアの印象



実車を前に第一印象ではサイズは見た感じ大きいと感じましたが、寸法的にはそこそこの大きさのSUVといったところでしょうか?

個人的にはボルボのXC60に乗った時の感じを思い出して重なる部分があるように感じました。


サイズは全長x全幅x全高:4545x1840x1690mm
となっていて、欧州製のSUVなどと比べれば幅が狭いかも?

それでもまぁ、まあまあ大きいっちゃ大きいですが、1850㎜以下と言うのは日本での扱いやすさと、グローバルなサイズ感を考えると良い落としどころなのかもしれません。

いい意味で第一印象では立派なサイズ感に感じたので、まんまマツダデザインにしてやられたのかも。

XC60のサイズは
全長x全幅x全高:4635x1890x1715mmと幅が1900㎜に迫ろうとしている。

CX-5の方が少しづつ控えめな数字で日本での扱いやすさ敵に現実的ですね。

先進安全装備で欧州車に並ぶ

ボルボは、自動ブレーキが全車標準です。安全装備の先進メーカーらしく素晴らしいとこです。

そして、マツダCX-5も同様に、自動ブレーキなどが標準になっています。

そして自動ブレーキ付きのスターティングプライスがおよそ250万~(ガソリンのFFモデル)となっていてこのサイズの車としては安いってくらいの感じです。

i-ACTIVSENSEと呼ばれるマツダの安全装備パッケージ搭載グレード・(PROACTIVE)プロアクティブというグレードで270万~となっていて、選ぶならアクティブセンス付きのプロアクティブか、プロアクティブをちょっとゴージャスに仕立てたLパッケージが断然よろしいかと。

むしろそこを前提に選ぶべきと言ってもいいでしょう。

レーダークルーズコントロールなどの前車追従走行機能は便利機能であるのと同時に安全性にも寄与します。

レーンキープアシストとの連携で長距離ドライブも楽になります。

そしてAT誤発進抑制制御機能もアイアクティブセンス搭載で前後進ともにカバーされるので必須と言えるでしょう。

高齢者のための誤操作防止って意味合いが強いですが、これからこういった車が中古で出回った時にもそういったセーフティ機能の着いたものが1台でも多く安く出回ることに期待したいものです。

エンジン関連ではディーゼルモデルの方が満足度は高いと思います。

窓を開けて走るとガラガラと騒々しいかもしれませんが、走り出せば風切り音とロードノイズであまり聞こえなくもなります。

基本的には30㎞/h以上で走っていればガソリンもディーゼルも騒音では変わらない感じかなぁと思います。

燃費性能:FFで18㎞/L・4WDで17.6㎞/Lという良好な数字や加速のフィーリングでもディーゼルを選ぶと間違いないでしょう。

売れ行きとしてもディーゼルが8割近い比率だとかで人気だそう。

ちなみにボルボのXC60 ディーゼルモデルFFの燃費は18.6㎞/LとCX-5はサイズ小さいのに燃費スペック的にちょっと負けていますが、ほとんど変わらないと言ってもいいでしょう。

ヨーロピアンなフラット感

BMW X-3などのようにわざとらしく締め上げられた硬い感じではないですが、適度に引き締まった足回りの感じと言うのが正しいのかな?

メルセデスGLCほどのフラット感はないですが、滑らかな動きの足回りはレベルが高いと言えます。

これまたボルボっぽいのかなぁなんて思ったりしました。

4WDかFFかは必要かどうかで選べば良さそうな感じです。

古いスバル車のように4WDを選ばないと走りの満足度やフィーリングの良さを味わえない、というわけでもありません。

走りに対してのコスパ

この走りの性能で300~350万円くらいの車として考えると、大きさの割にコスパが高い!ってのが正直な印象です。

装備品などのクオリティやレベルの違いもありますが、ボルボXC60では600万の車になってしまいます。

見た目や内装は全然違いますが、中型のSUVで似たような感じの走行性能でこの価格なら満足度は高いはず。

ボルボでは時期やグレードによる部分もあるかもしれませんが、ディーゼルのAWDモデルを選べないというのもネックです。

ボルボも決算時期だと100万円値引きなどしてくれますが、それでも500万円は下らない。

フルオプションのCX-5の方が安いのは間違いないでしょう。

価格的な面でもう一つ、マツダのSUVラインナップで弟分に当たるCX-3 とも価格帯が接近しているというのもあります。

もう一声予算を増やせばCX-5が買えるかも・・?なんて思うような価格設定です。

CX-3がディーゼルモデルのみと言うことでちょっと割高に見える設定に問題があるように思いますが、Cx-5を売る足掛かりにもなりそうな、無駄に高いデミオSUVと揶揄されることも多いそうですが、咬ませ犬的な感じでちょうどよいのかもしれません。

CX-3にはFFのガソリンモデルも追加されるとかでテコ入れもありそうですが、登場は時期をズラすとかなんとか。

国産車SUVでのライバルだと、走りのフォレスター、高級感のハリアー、と強敵揃いですが、CX-5も中々に健闘していると言えます。


ミドルクラスSUVのベストバイ、もしかしたらCX-5が大きく名乗りを上げるかもしれませんね。


CX-5は内装もヨーロピアン?試乗インプレ② に続きます。


なども参考にしていただければと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です