車速ドアロックを後付けで!OBD活用でお手軽に!

ドアロックやハザードアンサーバック的な物って後付けで着けるときに別体のユニットを装着するようなカスタムはもはや遠い昔なのでしょうか?
最近はOBDポートに差し込んで車両の設定を変えれちゃうというチューニングにシフトして来ているようです。

新しめの輸入車 TVキャンセラーについて

ライトオン16 ジーンズショップではないよ! DRL=デイタイムランニングライトについて

の記事などで紹介していますが、OBDⅡポートに差し込んでカスタムするアイテムがあり、
ここ最近では国産車でもそういったカスタムパーツがラインナップされるようになっています。
41CoINfkkpL.jpg
国産車向けで多いのが15キロ/hになったら自動ドアロックするという物。
小さなお子様が誤って走行中にドアを開けてしまうなどのヒヤリとする事故を未然に防止することが目的です。実際は輸入車やグレードの高い国産車では当たり前のように着いているような機能ですが、ホンダのコンパクトカーからトヨタのミニバンのノアやボクシー、ハイブリッドで人気車種であるプリウス、ダイハツの軽自動車などの、車速センサーでドアロック機能が装備されていない車にも手軽に施行することが出来るようです。

車両運転席の足元付近にあるコネクタに挿すだけで機能をグレードアップできます。
今まで車速感知ドアロックが装着されていた車から被装着の車に乗り換えた場合等ではきっとあった方が安心できるのではないかと思います。
各社ごとにラインナップされているので、ご自身の車の年式やグレードなど、調べてチューニングしましょう!
TVジャンパーなどもOBDでセッティングできる時代、これからのチューニングは車のコンピューターのコードを書き換えるコーディングが主流になっていくのでしょう。
こういった新しい車イジリの楽しみ方、付き合い方、旧世代の人間であっても幅を広げていきたいものです。
よきモーターライフを!

Follow me!

その他バイク用品・カー用品の通販や音楽・動画配信サービスをオトクに!

特典満載のアマゾンプライム会員まとめページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。