C-HRは欧州車の香りがするのはなぜか? 試乗インプレ② ハンドリング編

1.2リッターターボの動力性能は凡庸ではありますが、ハンドリングと乗り心地に関してはヨーロピアンな香りがする、トヨタC-HR。バッジだけ変えてレクサスを名乗っても良いような、NXの弟分としても良いような気がします。大衆向けトヨタからは振り切れた存在のように感じます。
超速試乗 C-HR ターボ4WD試乗インプレ① 加速が重くないか?
20161217_1303400.jpg
G もしくは G-T のグレードは 足元が18インチ(225/50R18)になり、アルミのデザイン性も中々純正にしてはかっこいいと言えるもの。乗り心地も悪くなく、サスペンションとの相性が良いように感じます。エッジの効いたデザインのC-HRにも、イメージ的に18インチが似合っていると思います。
標準の S ・ S-Tには17インチ(215/60R17)となっています。乗り心地は18インチのアルミ装着モデルよりも柔らかい感じになることが想像されます。
余談ではありますが、スタッドレスは16インチまでインチダウンすることもできるようで、215/65R16サイズがイケるかも?とのこと。
インチアップに関してはモデリスタなどのトヨタ系のチューニングメーカーから19インチが早くもラインナップされているとかで、より派手さを強調する足回りのセットアップも可能なようです。
“TNGA”(Toyota New Global Architecture)と呼ばれるプリウスから採用される新しいプラットフォーム、これをTENGAと読み間違うのは私だけではないはず。と、そんな話はおいておいて、C-HRに装着されるショックアブソーバーのメーカーはSACHS(ザックス)という欧州製の物。BMWへの純正採用など、ヨーロッパ車に多く装着されているもので、アフターパーツもリリースしていたりします。日本車だとスバルなどがモデルによって採用していたりします。
40-1.jpg
欧州製の足回りを手に入れて、プラットフォームもしっかり感があり、18インチのタイヤの剛性感もあってフラットな乗り心地とそこそこ俊敏なハンドリングを手に入れていると思います。デザインコンシャスでハンドリングがキビキビ系のなコンパクトSUVとしてはホンダのヴェゼルなどありますが、あちらは足回り突っ張っているのかと言うくらい硬かったり、日産ジュークはソフトなテイストだけど少し頼りなく、R60型 BMWのミニクロスオーバーに近い感じかも?と思います。ただしC-HRの1.2リッターターボでは、加速感などのエンジン性能では、正直なところ旧型になるミニクロスオーバーの1.6リッターにも劣っていると思います。回して楽しいとかフィーリングの部分は欧州車に及ばず。
剛性のある骨格にやや硬めだけど良く動く足回り、そういったセットアップは言うほど簡単な事ではないと思いますが、C-HRはそれを実現した車だと思います。タウンスピードでの硬さも許容と言えるますし、速度を上げた時のスタビリティもSUVっぽさを感じないフィーリング。峠道のようなコーナーの連続でも揺り返しが少なく、運転者は楽しめる車かと思います。デザインのアグレッシブさに目が行きがちですが、作り込みの良さとハンドリングの良さは試乗してみると良いのではないかと思います。ダウンサイジングターボはパワー不足を感じることもあるかもしれず、トヨタとの協業が噂されるBMWの1.5リッター3気筒ターボなんかと組み合わせることが出来ればいいんじゃないかなぁと夢想を膨らましたくなるような車です。
試乗インプレッション③デザインとリアの居住性などなど  まだまだ続きます。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です