ルーミー試乗インプレ⑤ 装備 価格 値引き編

ルーミーは5人乗りの耐えうる車か?5人乗りのメリットを最大限発揮して使用することがあるか?よく考えて選ぶ車である、ルーミー・タンク・トール・ジャスティの兄弟車たち。
IMG_20161206_113625.jpg
3~5年後の下取りならタントスマアシ付きの方が高いかも・・なんてぶっちゃけトークを営業さんがしてくれたりしましたが、用途に合わせて選ばないと損をする可能性もあります。
IMG_20161206_113521.jpg

ルーミー・タンクのリアシートはソリオ越え? 試乗インプレ④ からの続きです。
値段としては146万円からの最安値モデルがあります。OEM供給しているスバル・ジャスティではなぜかスターティングプライスが152万円~となっていますが、スバルの場合は自動ブレーキをウリにしているメーカー故に全車種スマアシ付きのモデルのみの販売。標準モデルとカスタムで顔つきが大きく違い、ジャスティ標準=ルーミー顔、ジャスティカスタムがタンク・トールカスタムと同じ顔というちぐはぐですが、ある意味違った個性を選べたりします。購入するのであれば、トヨタかダイハツ製がお勧め。スバルにOEMで回ったモデルは値引き渋く、下取りが悲惨と言う悲しいことになります。今回のモデルに関してはトヨタで買うのがベターかも。販売、サービス網が良さげなので、フロントフェイスの好みや近くに販売店があるかで購入を決めてもいいかもしれません。
購入を検討するのであれば、スマートアシスト2付きのものを強く勧めます。簡易的な自動ブレーキですが、あった方が良いでしょう。
スマアシ付きの最安値は152万円~
スマアシ付きで装備豪華に両側電動スライドドアが付く G になると168万円~
スマアシ付きのターボ G-T で180万円~
カスタムと言う外観のエアロやメッキパーツやアルミがついてインテリアも専用の上級品でデコレーションされるものがノンターボで183万円
ターボ付きのカスタムが196万円となっていて、カスタムは標準グレード比15万円前後のプラス。
カタログ燃費的にはターボなしが 24.6㎞/L / ターボアリがカタログ燃費は21.8㎞/L
ターボやカスタムでは両側電動スライドドアと自動ブレーキは標準装備となるそうです。
オプションのナビは10万円の7インチから、9インチの30万円のものまであります。売れ筋としては10~15万円前後のエントリーモデルのナビだそうで、装着しても価格の安さを重視するユーザーが多いそうです。ナビ装着率自体が低いとも言っていました。
画像は9インチナビ
021_o.jpg
トール・ルーミー/タンクは税金の区分が1リッター以下 なので、
年間の税額は 1000cc以下 29,500円
ダイハツのコンセプト的なものをインスパイアしたと思わしきモデル、
タントが122万円~
売れ筋のモデルやグレードがスマートアシスト3付きの物が 150万円~
燃費瀬能的には28㎞/L となっていて、比較対象にもなり得ますね。ナビは別料金なのは一緒です。
年間の税額は 660㏄以下 10,800円
ライバルとなるソリオが最安値のモデルで145万円~ 燃費は24.8㎞/Lくらい
マイルドハイブリッドで170万円~ 燃費 27.8㎞/L
ストロングハイブリッドで190万円~ 燃費 32㎞/L
ソリオは1.2リッターなので、
年間の税額は 1000cc超 1500cc以下 34,500円
輸入車はほとんど3ナンバー、維持費って高額なのか? の記事内税金区分参照。
初期コストや維持費などを考慮するとルーミ―を選ぶ理由ビミョ~ ってならなくもないですかね・・
子供など、5人乗車の可能性を考えて選ぶ車かもしれません。動力性能に余裕を求めるならターボを選ぶべし。自動ブレーキの設定についてはスマートアシスト付きを選ぶべし、と思います、マイナーチェンジか年次改良のタイミングで、恐らく現行タントと同じスマートアシスト3が装着されるものと思います。時期的には2年後ぐらいが有力だとか。それを待っても良いかも。
値引きに関しては10万円前後。初売りや3月の決算時期であれば、30万円前後を目指すべき車です。それくらいでコスパ的には割に合うと思えるかも。出たばかりで反響は上々、それでもソリオを潰すために早期に大幅値引きが見込めるかもしれません。納期的には1~1.5か月、人気モデルではないのでそこまで遅くはないようです。ちなみに早い時期には2~3週間で納車!と鼻息が荒い売り方をしていたこともあったようですが、最近は地震や台風などの天災で遅れることが重なったりで、クレームが発生し、少し長めに納期を伝える傾向にあるとか。在庫あってすぐ納車整備に入れる状態であれば早いんでしょうけど、1か月は見てねってことで。

トヨタ製のソリオに負けない スズキ・ソリオ試乗インプレ①
他の車のインプレッションも参考にしていただければと思います。
値引き交渉で、下取りと合わせて値引きを~とか営業マンは平気で言ってきますが、そういう交渉はお勧めしません。下取り詐欺みたいな値段提示が多いので注意しましょう。具体的には下取りを50万、値引き10万と言って交渉進めて下取りが60万、値引きが20万とか頑張った感を出す営業マン、腹の中では元々の下取りが70万で値引きは10万のまま、みたいな事が良くあります。下取りを止めて買い取りに出すから値引きはそのままで、多めの頭金を入れるとなると逆上、条件の変更は致し方ないですが、その後値引きが大幅減となると損した気分になっちゃいますので、買い取り店と比較を入れながら検討しましょう。


こちらもチェック!
↓↓
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。


90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ