ルーミー・タンクのリアシートはソリオ越え? 試乗インプレ④

対ソリオで考えるとアドバンテージがあるのがリアシート、でしょうか?
ルーミー試乗インプレ④ シートアレンジなどについて、まとめていきます。

ルーミーのターゲットはメンズ?インテリア編 試乗インプレ③ からの続きです。
機能的で広々としたインテリア。サイズを超えた空間の広さを感じさせますが、ヘッドスペースが広大なのと、座った時に肘周りがスッキリしているのが特徴でしょう。
20161205_152816.jpg
リアシートへの乗り込みはスライドドアで楽々・・ですが、開口が狭目なのでヒンジ式のスウィングドアに比べればラクってくらいかもしれません。左右独立6:4に分割してスライド、リクライニングもできます。スライド量やリクライニングの角度などでライバルであるスズキ・ソリオを凌駕していますが、微々たるものです。一応3人分のヘッドレストを備えていることを評価したいと思います。ソリオはヘッドレストは2つで、乗車人数分備わらない。室内幅が広く感じますが、軽自動車比で+10㎝ちょっと、ソリオ比較で5㎝前後広めとなっているそうです。5ナンバーのミニバンくらいの広さ感はある感じです。
20161205_152825.jpg
ドアを開けるときに隣の車にぶつかるリスクは無いに等しく、左側(助手席側)のスライドドアは電動、右側も中間~上位グレードにはほぼ標準で電動スライドドアが付くなど、装備内容はまあまあ。子育て世代が購入することを考えると、両側電動がおすすめです。
フロントシートを倒しヘッドレストを外し、リアシートをリクライニングするアレンジでほぼフラットにすることもできます。が、たぶん、使用頻度は高くないでしょう。
20161205_154028.jpg
この手のアレンジは手間の割に対してフラットにならないし、パーキングエリアでわざわざこんなアレンジにして休まないでしょう。
逆にリアシートを前に起こして畳むことでフラットな荷室空間を作ることもできます。これはソリオに対してのアドバンテージです。荷室の段差が少なく、フラットで床が低いイメージです。
20161205_153836.jpg
IKEAなどの家具店に言って買い物をした際に、荷物を満載にするとかだとこういったアレンジの出番はあるかもしれません。
リアシートの広さはソリオも似たような感じで、クラスを超えた広々感があると思います。ソリオと比較すると若干ルーミー・タンク、トールの方が広く、ヘッドレストや6:4分割スライド(ソリオは5:5分割スライド)などの装備面、アレンジの優位さがあるように感じます。ドライビングは父、リアシートに子供と母親の3人乗りであればソリオでも十分かと思いますが、リアシートに子供3人とか、人数乗る時にはルーミー・タンクの方がベター、大人でもリアに3人乗る機会が多いかどうかでオススメ度合が変わってくるかもしれません。
使用するシュチュエ―ションを考えてチョイスすると良いでしょう。
取り合えず展示車や試乗車でシートのフィーリングをチェックして見ましょう!
ルーミー試乗記⑤ 装備 価格 値引き編 につづく!
展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です