新型アウディ Q7に試乗 速報インプレッションをお届け!①

2016年4月日本でも発売となったアウディQ7。
3リッターV型6気筒のQ7 3.0TFSIクワトロ(335ps)と、2リッター4気筒エンジン搭載のQ7 2.0TFSIクワトロ(252ps)が日本に導入されました。2リッターターボのクワトロ(4WD)標準サス仕様(エアサスではない)に試乗したのをレポートを簡単にまとめたいと思います。詳細レポートはまたいずれ書き足したものを記事にします。
s_20160414_170558.jpg
旧型のQ7は「歩行者保護法」の施行に伴いしばらく輸入中止(それだけでなく日本での販売不振だったのもあったようでうですが・・・)、カタログ落ちとなったり復活したりと右往左往していました。
新型Q7の全長は5.05メートル、全幅は1.97メートル、全高は1.74メートルで従来型とほぼ同一、ホイールベースの拡大や設計の見直しなどにより、室内のスペースは拡大しつつもボディは従来型より300kg軽量化されたとのこと。
大柄なボディは取り回しが大変そう・・ではなくて、存在感がある!と前向きに評価しましょう。

エアサスとのセットオプションで4WS・4輪ステアリングで低速時には後輪を逆方向に最大5度切れ込み、実は小回りがきくそうです。
SUVらしく、そしてアウディのお家芸の4WD/クワトロシステムを搭載。駆動力配分は通常、前輪40パーセント、後輪60パーセントでFRチックなハンドリング、このフルタイム4WDシステムに、8段オートマチックを組み合わせて効率の良さそうな、テンポ良いシフトチェンジと滑らかな加速をします。
オプションでディーラーマンが推しているのがアダプティブエアサスペンション。

任意に車高やハンドリングを変えることが出来るのと、荷室や乗員の変化でも車体の水平を保つ、エアサス特有の乗り心地の良さがウリとのこと。試乗したモデルはメカニカルサスではありましたが、それでもフラットな乗り心地と車体のロール制御もスポーティでビッグサイズのSUVとは思えない走りでした。
室内は驚くほどの静粛性で、加速してもエンジン音は遠くに感じます。風切り音やタイヤのノイズも小さく、疲れ知らずの長距離ツアラー的に思いました。フラットな乗り心地と合わせて、リゾート地の雪山や山道、アウトドアアクティビティなど、遠い目的地が苦でない感じです。
s_20160406_171518.jpg
インテリア・フロント部分は水平基調のラインが幾重にも重ねられたような広がり感のあるダッシュボードです。新世代アウディのルールに従って、インフォティテントコントロール類は一新、メーターパネルの画面表示を目的に応じて切り替えられるバーチャル コクピットの採用、MMI(マルチ メディア インターフェイス)の操作系も先だってモデルチェンジしたAUDI A4に準ずるものになっています。
s_20160406_171458.jpg
2リッターターボモデルで価格は804万円~
3リッターターボモデルの価格は929万円~
燃費はカタログでは2リッターモデルで12.6km/ℓ 3リッターモデルで11.7km/ℓ
自動ブレーキやACC(アダプティブクルーズコントロール)は標準
シート生地はレザーと合皮のコンビネーションが標準。ビニールみたいなレザーではなく、合皮とはわからないくらい滑らかな生地、シンセティックレザーの最高峰と言えるデキかも。
オプションで7人乗り仕様(+35万)もチョイスできます。
2016年5月時点であれば登場したてということもあり、各ディーラーの試乗車が充実しているので、興味がある方はぜひ試乗に行ってみましょう!
出来ればボルボの新型XC90、BMW X5、メルセデスベンツGLS or GLEなどと比較試乗してみることをオススメします。排気量とかのラインナップ的には一番のライバルはXC90ですかね。
詳細インプレ Vol.2 走り編
へと続きます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です