価格3500万円超え Gクラスはネタ車両なのか? G 550 4×4 スクエアード

メルセデス・ベンツジャパンは、Gクラスの特別仕様車「G 550 4×4 2(フォー・バイ・フォー スクエアード)」を4月4日~5月31日までの期間限定で注文受付を開始しして、なんとそのお値段はは3,510万円~
ちなみにアジア太平洋地域では日本のみの販売を予定しているとか?
001_o (1).jpg
この車買う人いるの?これはやはりネタ車両でしょう?と思う方も多いかと思いますが、2014年に発表された6輪駆動車G 63 AMG 6×6、全長約6m、全幅2m以上で、全高約2.3m、6つタイヤすべてが駆動輪であり、5つのディファレンシャルロックがついていて、さらにタイヤ空気圧調整システムの搭載、軍用車両や特殊車両の技術を搭載して、80,000,000円の価格で発売された車を覚えていますか?そんな車ではありますが、世界での販売台数は約100台、日本における限定販売台数は5台のみ、で、日本国内では予約が殺到したらしいんですよね。
001_o.jpg
今回のG 550 4×4 2(フォー・バイ・フォー スクエアード)は6輪モデルの弟分と言うことで、全長は短く車輪は2輪減っていますが、普通の軍事用SUVの常識の範囲内の車のサイズです。最低地上高460mm、渡河深度1,000mmというスペックは6×6と同じで、全高も約2.3m、反面2輪分短くなり全長は約5mとコンパクトに仕上がっています。弟分と言うことで、エンジンもダウンサイジング、G 63 AMG 6×6は5.5リッターV8ツインターボ → G 550 4×4 2は4リッターV8ツインターボとなっています。4輪になったことと可変ダンパーシステム「ラリー強化仕様ツインサスペンション」の採用などで、325/55 R22サイズのタイヤを適度にグリップ、ロールはそれなりにあるようですが、オンロードの性能が向上しているとのことのようです。
012_o.jpg
日本仕様専用装備として、COMANDディスプレイやインストゥルメントクラスター内表示の日本語対応はもちろんのこと、日本の道路事情を考慮し360度カメラシステム、パークトロニックなどを装備し、通常販売しているメルセデス・ベンツ車両と同様に新車購入から3年間走行距離無制限の一般保証(製品不具合の修理)・メンテナンス保証と24時間ツーリングサポートを提供する総合保証プログラム「メルセデス・ケア」が無償で適用されるとのことで、普通に乗ることも問題なさそうですね。

期間限定のモデルと言うことで、G 63 AMG 6×6ほどではないにせよ、今後のプレミアも期待できるモデルのようなので、投資目的に購入される方もいるとか?
ベースとなったGクラスも40年近く基本デザインを変えていないとか、軍用車両になってたとか、実用性や乗り心地の良さ、都内での使い勝手で言えばその他のメルセデス製SUVの方が優れていますが、ある意味ネタ車両や贅沢な乗り物、はたまた税金対策として、などなど色んな理由に後押しされて人気を誇っています。
一度見に行ってみるというのも良いかもしれません。
強いて一般的なGクラスの中でのオススメグレードがあるとすれば、G350d 3リッターV6クリーンディーゼルエンジンのモデルかと思います。右ハンドルでトルク豊かなエンジン、出だしの加速だけでいえば上位モデルに負けていません。価格も2016年時点で1070万円~とGクラスにしてはリーズナブルです。乗り心地や操作性は最近のSUVモデル、GLCに比べたとしてもあまり良いものとは言えませんが・・・見た目とネタになるというところで選ぶのもありかもしれません。
ディーラーによりとは思いますが、生産台数と日本への配分の割に、人気が高いらしく納車までは3~6ヶ月くらいかかることもザラのようです。直ぐに欲しい人も多いようで、需要と供給のバランスが歪み気味だそうで、中古でも値段は高め、全般的にオススメしにくい車両なのではないかと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です