3列シートのSUVなんていかがでしょう?③ プレミアムなダイナマイトボディ、アウディQ7なんてどう?

2016年3月に新型アウディQ7が登場しました。そこで、あえての旧型アウディQ7をご紹介したいと思います。
アウディQ7は2006年に登場、2010年にエンジンとトランスミッションを刷新、2012年までは日本でも売られていました。残念なことに2012年からは全世界的には売っていたけども、日本国内での取り扱いはなくなってしまったんです。大きすぎるボディ、悪い実用燃費、高すぎる新車価格・・・日本ではX5やXC90、カイエンやトゥアレグ、Gクラスなどのようにコンスタントには売れなかったようで・・・プラットフォームや初期型の3.6リッターV6・4.2リッターV8、後期型の3リッターV6スーパーチャージャーなどのエンジンの排気量、初期型6速AT~後期型8ATなどは、フォルクスワーゲン・トゥアレグ / ポルシェ・カイエンと共通でスペックは高いんですけどね・・・
1024px-Audi_Q7_(Facelift)_front_20110115.jpg
プレミアムクロスオーバーSUVとして、トゥアレグよりもオンロード指向のセッティングであり、ポルシェカイエンよりも快適性が高く、7人乗りの設定や荷室の広さなど、独自性を出していました。しかし大柄なボディサイズ 全長 5,086mm 全幅 1,983mm 全高 1,737mmと 5メートル越えの全長、2メートルに迫る車幅が日本で、特に市街地・都心部での使用では相当気を使うというのと、車庫に入らないなど問題で敬遠されてしまったということ、新車当時の価格が700万~970万円ほどとトゥアレグやカイエンよりも割高になってしまったというのもあってかあまり人気が出ませんでした。正確には人気はあるけど売れなかった、ということで2012年に日本仕様のカタログ落ちと言うことになってしまったようです。新型Q7はサイズはほぼキープしつつ軽量化と排気量のダウンサイジングを行い、2リッターターボと3リッタースーパーチャージャーで燃費改善、衝突予防安全の標準装備化など進化しているようです。
新型アウディQ7の情報はこちらの記事へどうぞ。
旧型Q7は排気量が2006年~2010年までの前期型3.6リッターや4.2リッターなど、ライバルのX5の3リッターやXC90の3.2リッターに対し、税金の区分が上がり燃費性能で劣るというデメリットはありますが、「排気量に勝るチューンナップはない」という言葉があるように、動力性能では申し分がありません。ボディサイズも大きい方が乗り心地や快適性で有利で、絶対的なポテンシャルは高いんですね。街乗りでの燃費は5㎞/L前後と厳しいですが、高速走行時は8~10㎞/Lくらいのカタログ燃費越えの数値で走ることもあるようなので、乗り心地の良さと相まって長距離ツーリングなどには向いています。中古で出回っている車両も距離を走っているものも散見され、そういった使い方をされていたことも想像できますね。後期型はヘッドライト周りなどにLEDライトを採用、3リッタースーパーチャージャー+8ATにアップデートなど、現代的なダウンサイジングとオートマの高効率化があり、後期型は中古車の中でも高額の部類になります。新車当時に高額な設定だったこともあり、装備は充実、室内空間の仕立ても高級感があり、リアにシートヒーターが装備されていることもあります。
9730875A30160213W00237.jpg
インテリアのアンビエントライトの色は上部の方がレッド、下部がホワイトで、なんとなく旅客機のパイロットになったような気分にさせてくれます。ボディサイズと静粛性がそう思わせてくれるような気がします。
9730875A30160213W00212.jpg
初期の4.2リッターは7人乗りが標準、3.6リッターモデルは7人乗りはオプション、後期の3リッタースーパーチャージャーモデルも7人乗りはオプションです。Q7を選ぶ理由でアウディ唯一の7人乗りということもあってか、中古以上では約半数が7人乗り仕様です。後期型からは前車追従アダプティブクルーズコントロールなどのオプションが着いていることもあるようです。残念ながら、新型Q7のように自動ブレーキはありませんが、それ以外の安全装備、多数のエアバッグや横滑り防止装置などに関しては充実しています。柔らかさと硬さのいいとこどり的なフラット感に優れたエアサス仕様のものもありますが、トラブルなどを考えると装備されてないものの方がベター、V6の方が燃費性能が良くスポーティなこともあってか、同じ走行距離と年式でもV8よりも高額なケースもあります。逆に安ければタマ数は多くないですが、静粛性とパワーに溢れたV8も安ければ狙い目と言えます。
価格は初期型モデルが250万円前後~、後期型が500万円前後と、結構価格帯が高めなので、他で新車買えちゃうじゃん!と突っ込まれそうですが、新車当時価格800万前後の乗り出しのフルサイズのアメ車くらいのボリュームのあるプレミアムなドイツ製SUVに乗れる!と言うのがポイントです。ここでは大きいことは良いことだ!と言っておきます。車庫に入るかはチェックしましょう。5mと2mの壁は、平置き駐車場でもNG出る可能性があるサイズなんですね。実際のところ、走りのおおらかさ、フラット感や快適性などは、このサイズならではとも言えるのでアピールポイントではあります。見た目にもかなり見栄が効くのも良いところなので、目立ちたくない人は選んではダメです。そういう方は旧型XC90(新車当時の価格600万円前後~)などの方が目立たなくてグッド、ディスカバリー3(新車当時の価格7~800万円前後)とかだと英国車ってだけで紳士的な落ち着きがあるようにも見えるかもしれません。
個人的なオススメは前期型のもので300万円以内のものです。V6かV8はお好みで、距離を走り過ぎていないエアサスなしの7人乗り、できればSラインでないアルミホイールがあまり大きくないものか、19インチや20インチの大きいアルミを履いているものであればタイヤが新しいか、がポイントになってくると思います。19や20インチだとタイヤ代で数十万上乗ってしまうので・・・見た目はかっこいいですが、できればタイヤ・消耗品についてはよく見て、もしくは新品に換えてもらうなど交渉しましょう。
その他記事で


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。