今買うならどっち!?ざっくり比較・2シリーズグランツアラーと新型ゴルフトゥーラン

輸入コンパクトミニバンの売れ筋、BMW2シリーズグランツアラーとワーゲン新型ゴルフトゥーランの2台を選択肢に上げるというマニアックな人向けにざっくりと比較したいと思います。

日本では以前、ウィッシュやストリームがスタイルと走りと実用性のバランスの高さで人気を博したものの、最近は軽の傾向と流行と5ナンバーミニバンの生き残りを見ての通り、空間効率絶対主義に傾いてきています。

スタイリッシュミニバンは中途半端で今は国産ではあまりラインナップは少なくなっていますが、輸入車を候補に挙げる人はそんな流行はどうでもいい人が多いと思いますが・・・偏見ですかね?

純粋な効率でいけば、5ナンバーのハイトミニバンの方が乗車人数と積載性と乗り心地だけならば、優れているかも・・・ってところですが、外車には独特の世界観や哲学があって、そこに共感する人が少なからずいるとも思うので、セレナやステップワゴンはここでは比較しなければススメもしません。

ちなみに5ナンバー国産ミニバンは新車で250~300万前後と参考数値を上げておきます。人気も高いので下取りも結構良いみたいです。


2シリーズGTとトゥーラン サイズは似たようなもので

2シリーズグランツアラー 4565×1800×1645
ゴルフトゥーラン   4535×1830×1640

居住性も似たようなものですが、グランツアラーの3列目の方が小さな子供限定レベルで乗り降りしにくいし若干部が悪いと思います。トゥーランの方が3列目へのエントリーも含め幾分かは良いかと。

乗り込んでしまえばその他の全体的な居住性は変わりません。シートの感触は好みだと思いますので、両方座ってみると良いかと思います。インパネ周りはBMWの方がシンプルな中に高級感が多少はあります。

BMWはレザーをオプションで選べるのが大きいでしょうか。

トゥーランではレザー仕様はなかったはず。




運転感覚はエンジン、ハンドリングともにBMWの方がスポーティかと思いますが、トゥーランでも十分スポーティです。

国産ミニバン、6~7人乗りのコンパクトミニバン、ストリーム、ウィッシュやジェイドとは一味違うテイストです。

BMWのガソリン仕様はオーソドックスなフィーリング、ディーゼルモデルはパワフル、トゥーランはターボスーパーチャージャーとDSGの制御が緻密でダイレクトなフィーリングを楽しめます。

乗り心地はどちらも固く締まった印象でマナーの悪い姿勢変化が少なく走りが良いって感じがします。


燃費に関してはグランツアラーガソリン<トゥーラン<グランツアラーディーゼルといった序列で、年間10000㎞くらい走る人であれば、5年くらい所有して差が出てくるところでしょうか。

ディーゼルモデルは燃費もよく、今のところは軽油も安いので燃料費だけで見ればディーゼルモデル推しですが、実際の燃費は周辺の道路環境や乗り方にもよります。

どれもリッター10~15㎞くらい走ると言えば大差ないかもしれません。


価格はVWトゥーランが300万~、BMWグランツアラーが400万~くらいといったところで、BMWで大きな値引きは期待できませんが、ワーゲンは多少の値引きやサービスが期待できます。

5年後50000㎞走ったと仮定したときの下取り・買い取りの相場(残価設定プランの価格など参照)としてはトゥーラン105万・グランツアラー180万くらいになりそうです。

ワーゲンはディーゼルの不正問題で日本市場でも販売台数を落とし、値引きやサービス多少頑張っていますが、下取り・買い取りに不利に働きそうです。

BMWは現状では問題ないですが、もしディーゼルモデルに不正があれば日本への導入モデルも多いので致命的ですが・・・メルセデスでもアメリカで集団訴訟になっていたりと何がどうなるかわからないですね。

そんな心配ばかりしていたら輸入車買えなくなってしまいますので、気になったら見に行ってみましょう。ワーゲンもいきなりは撤退したりはないでしょうし、倒産はしないでしょうし、したとしてもその後数年はアフターサービスはされるでしょうし。


そんなこんなで現状は乗り方や乗る期間によって選ぶ基準は変わってきますが、距離をかなり走って初期投資で行けるならグランツアラーのディーゼルモデルが売る時も考えてもオススメ、3列目を使う機会がありそうで初期を抑えてそこそこの年間走行距離なのであればトゥーランといったところでしょうか?デザインやサイクルコストなど踏まえてライフスタイルにあった良いチョイスをできるといいですね。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ