ドライブ腰痛、困った時の塗る痛み止め!市販でもあるよ!!

ライダーでもドライバーでも、腰痛や肩こりに悩んでいる方って多いのではないでしょうか?
特に長距離を走る方にはそういった持病で苦しんでいる方もいいのでは。
そして、仕事でどうしても長距離ドライブをしなくてはいけなかったり、イベントでのツーリング参加を楽しみにしていたりするなど、どうしても痛みを押してでも参加・・・ってなった時の塗るタイプの痛み止め。
お医者さん、薬局で処方される経皮吸収型鎮痛・消炎剤:メチルスチック
1g中にフェルビナクを30㎎配合してあり、塗ると少しヒヤッとして痛みをその場所から直になくすことが出来ます。
20170918_075115.jpg
効果はおおよそ4~5時間くらい。一日の使用限度は2~3回くらいとなっています。(使用に当たっては個人差があるので医師の指示に従いましょう)
塗ると痛みがなくなります。腰、背中、肩や首などに直に塗って効果抜群です。
なぜこんなに効くのか?
そして副作用は・・?
効果が高いのはあくまで局所的な麻酔のようなものでその効果に特化したものであり、治すものではないということ。効き目が切れれば痛みは戻ります。あくまでやり過ごすだけです。
副作用としては少量では特に問題ないそうです。しかし、大量に背中一面に塗ったりすると痛みを抑えるついでに肺の筋肉の動きを痺れさせたりするなどあるようで、喘息のようにヒューヒュー息苦しくなることもあったりします。やり過ぎは禁物。そして麻痺させるように作用するものであると思うので、局部的に使いすぎると感覚が鈍ることもあるようなので注意が必要です。
処方箋でもらうだけの物なりに、使用方法は絶対厳守ですね。
整形外科や神経科のお医者さんにしっかり相談して、色んなタイプの腰痛対策などを複合して総合的に当たりましょう。こういう選択肢もあると言うのを覚えておいていただければ。
では、処方箋でなくて市販ではどうなのか?
フェイタスチックEXは炎症・鎮痛効果が認められている「フェルビナク」を主成分(3%配合)とした経皮鎮痛消炎剤として人気だったりします。処方される物と同等のレベルの感じです。

市販品の物なども活用すると、病院に行く手間を省いたり、こまめに補充したりなどし易いといったメリットもあります。これまたそういう選択も出来る、と覚えておいていただければと。
効果効能は違いますが、音感作用で滞った患部の血流を改善して肩こりや筋肉痛を和らげる、定番人気のアンメルツヨコヨコなどのシリーズもあります。痛み止めとしては弱めですが、治療効果が若干期待できるもの。

人気もあって値段も安いということで、使い分けたりすると良いかもしれません。
温感タイプゆえに、すこし暖かいよう陽気の時にはジンジンと熱さを感じたりもします。体温調整などの難しいバイク旅との相性は微妙かもしれません。出先で温泉に入る時にもかなりしっかり洗い流してから湯船に入らないと灼熱な感じになる可能性もあるので、注視しましょう。
ストレッチや軽い運動なども織り交ぜて、腰痛や肩こりの対策をしましょう!
長距離ドライブやロングツーリングが苦でなく楽しくなるように!

Follow me!

その他バイク用品・カー用品の通販や音楽・動画配信サービスをオトクに!

特典満載のアマゾンプライム会員まとめページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です