眠気覚ましの切り札!カフェイン錠で眠気・だるさを吹き飛ばす!

眠気覚ましにカフェイン

車の運転中、バイクのライディング中の眠気対策を考えましょう。


眠っても眠っても眠い時はあったりします。

だるさが取れない時だって、原因は種々ありますが、上手く切り替えられない時があります。

それはどんなに体調に気を遣っていても、眠い瞬間は誰にでも訪れるもの。

食後であったり、時間帯であったり、体の反応やメカニズム的に必然と言える部分もあるでしょう・・


そんな眠気への対策、車やバイクの運転時など、本当に眠ってはいけない瞬間のための対策、


カフェイン


カフェインときくと、コーヒーや緑茶系(特に抹茶)、コーラ系のジュースやレッドブルに代表されるエナジードリンクに注入されている定番の物ですね。

それぞれの飲み物に含有されている量の目安と言うのもあったりしますが、製品の抽出方法や容量、コンセプトによってちょいちょい違ったりします。

まぁ、おおむね一つのボトル単位で50~100㎎前後のカフェインが入っているように調整されていることが多いようです。

あまりカフェイン含有量が多すぎるとクレームの元になり得るとかでだいたいそれくらいに調整されていると思いましょう。


コーヒーやエナジードリンク、お茶が苦手でも、純粋にカフェインのみを摂取することが可能という錠剤ってのもあったりします。


カフェイン中毒を増やす意図はありませんよ。

ですが、手軽に錠剤で取れるカフェインをお勧めします。

カフェインの錠剤・タブレット



エスタロンモカ と エスタロンモカ12


カフェインのみの錠剤、おそらく市販やネット通販・Amazonなどで安く買えるメジャーどころ、普通の製薬会社として売っているのは唯一無二と言えるものかもしれません。

エスエス製薬の物ですね。

なんとなく、エスエス、SSって響きもバイク好きにはツボかも?


何がスゴイって、ものすごく安上がりにカフェインを摂取できるということ。



基本的には1錠にカフェインを100㎎含んでいて、エスタロンモカは1回1錠1日3回(計300㎎)まで


エスタロンモカ12は1回2錠1日2回(400㎎)までとなっています。


エスタロンモカ12は一回の摂取量が多い代わりに間隔を開け気味に2回で飲め、ってのがコンセプトのようです。

モカ12の方がビタミンB群の添加が多かったりするので一応上位モデルのようではありますが、人気が高いのは通常グレードのエスタロンモカのようですね。


長距離ドライブやツーリングの前に一錠飲んでおくと結構目が冴えて良いかもしれません。

30分から1時間前に飲むのがタイミング的にベストで、糖質など(砂糖や甘いもの、バナナとか)と組み合わせると頭のスッキリ感が持続しやすいような気もします。


道中でのコーヒーやアイスクリームも良いですが、こういったものも活用しても良いかも。


飲み過ぎると頭が痛くなったり、夜眠れなくなったりと言った副作用もあります。

覚醒作用で徹夜で勉強する学生さんに人気だったりもするようなので、活用方法は極端にならないように自己責任で運用しましょう。


一応このブログの趣旨としては眠気醒まして安全運手、事故予防、運転に集中してドライブをエンジョイってのがテーマです。


法律的にも覚せい剤に遠く及ぶわけもなく悪いものではない、ですが、カフェイン中毒というネーミングやなんやらで拒絶反応を示す人もいたりします。

カフェインを錠剤で飲んでいると言うだけでドン引きする人もいるでしょう。

でもまぁ、ひと箱300円前後で手に入るということもあるのでクルマの中にひと箱、ツーリンググッズに一つ追加でもいいかもしれません。

意外な活用方法 筋トレにも有効?


もちろん勉強や会議など、車とバイク関連でも活用方法はあります。

ここ最近では筋トレの前に一錠飲んで脳みそをスッキリ、モチベーションアップ、などと言う活用法もあるそうです。

カフェイン自体には筋肉肥大効果はなくとも、テンション上げてトレーニングの強度を上げれるなどの副次的な効果もあるとか。

プレワークアウトサプリやプレワークアウトドリンクなど、名称を変えて売っていることも多いそうですが、要は中身はカフェインとのことで、安いアマゾン通販の錠剤はメリットが大きそうです。


カフェインとセットで、


ぶどう糖のキューブについての記事も良かったら見て下さいね。

脳のリフレッシュに活用すると良いかもしれません。

Follow me!

その他バイク用品・カー用品の通販や音楽・動画配信サービスをオトクに!

特典満載のアマゾンプライム会員まとめページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。