イグニス試乗速報 後編 その走りは欧州車のような??


この走りは欧州製コンパクトに匹敵!と書くと大げさかもしれませんが、乗り味はやや硬めで、キビキビ走る印象でした。

モーターのアシストでパワフルに、軽自動車のハスラーターボのような軽快な出足で、乗り心地は軽自動車のように強い衝撃に「どすん」、と受け止めきれていない感はなく、硬めなりにしなやかな印象でした。

値段や重量だけでいえばハスラーのターボと変わらないのでは?と思ったりしなくもないですが、シートのつくりやボディのしっかり感、外観のフェンダーの張り出しの盛り上がりなど、軽自動車では到達できない領域に仕上がっていると思います。内装もおしゃれな雰囲気ですので要チェックです。

イグニスは全車ハイブリット+1.2リッターNAというのは共通で、FFと4WDが選べます。

軽量で小型なこともあってか、燃費性能も良好でカタログでリッター25.4~28㎞/Lと言った具合です。

車速が7㎞~13㎞以下で、減速中のところから先行してアイドリングストップが介入するなど、かなり積極的に燃費を稼ごうとしてくれますが、市街地での燃費はリッター18~20前後と期待よりかは良くなかったというのが正直なところです。

やはり、トヨタのフルハイブリットほどの超絶燃費性能までは望めませんが、それでも悪くはない数字です。

4WDを選ぶとかなり本格的な電子制御のものがついて来るのでアウトドアにも対応できる潜在能力を秘めています。

軽量な車体とともに、どんな横道にも気軽にトライできそうな安心感も備えていると言えます。

スキーやスノボの足にももちろん頼もしいですが、積載性を考えると2~3人と道具を載せるのが限界、と言ったところでしょうか。



内装・外装・コンセプトに装備なども踏まえて、200万円前後で手に入る車としての完成度は高いと思います。

購入を検討する際には車高・全高に注意しましょう。

1595㎜あるのでマンションなどの機械式立体駐車所には入らない可能性があります。

全幅は1660と5ナンバーサイズの上限の1695㎜に余裕を持たせて小型で、取り回しにメリットを生んでいる半面、室内空間のゆとりはそこまで大きくはありません。

軽量で燃費がよく、キビキビ走るのは大きな美点で、大きくなってもはや全幅的に1800㎜を超えるミニとは言い難いミニクロスオーバーは、本来こういう車として登場したら良かったんじゃないか?と思ったりしなくもないですね。


出たばかりの新型ということもあって、値引きは10万円前後と言ったところ、納期的には1か月前後とのことでした。

ハスラーのように登場とともに大ヒット!とまでは行っていないようですが、人気的にそこそこ問い合わせはあるそうです。

気になったらぜひ試乗、展示車チェックに行ってみましょう。できることなら、その他欧州コンパクトとも比較してみてください。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です