新型デリカD5のインテリアは質感UPでタフ&ジェントルに・試乗インプレ③

モダンに進化をアピールするD5

旧型の古臭さとの決別、使い勝手の向上、そして10.1インチの大型ナビをメーカーオプションで用意するなど、質感アップに余念がない2019年新型デリカD5。

今回はインテリアについて記事にまとめていきたいと思います。

試乗インプレ②からの続きです。

外観だけでなく、内装も

走破性はそもそも高い次元の物を備えており、クリーンディーゼルで走りのレベルもアップ、外観の押出も強くなっているビッグマイナーチェンジを施したデリカ。

インテリアも重厚感ある武骨な感じ一辺倒ではなく、少しの高級感も加味されています。

個人的にはナビのサイズが10.1インチ(クラリオン製)までの大型の液晶サイズ対応というのが大きいと思います。

価格相応に、というか、インパネが一気に華やぐのには大きな液晶を備えるというのは効果が高いです。

アルファードなどのデラックスなミニバンだと液晶サイズの大きいナビが装着率が高いと言われており、デリカもビッグサイズの液晶への対応は必須だという事でしょう。

25万円前後のオプション価格もサイズを考えるとそんなに割高ではないのかなぁと思います。

リアシートからでも見やすいナビ、場合によってはリア用のモニターが不要とも言えます。

メーター内のディスプレイもそこそこ華やかな感じで古臭さからの脱却はできています。

評判の良さもうなずけます。

エアコンスイッチ類まで液晶の中に統合されるまではアップデートされていませんが、操作系はオーソドックスな感じで使い勝手は悪くありません。

ティッシュボックスやフック、収納なども増えたとのことでミニバン的なニーズにもしっかりと応えています。

操作系もモダンに

ステアリングもボリューミーでありつつ、加飾ですこし華やかに。

ハンドルスイッチが多いのもここ最近のトレンドと言えるでしょう。

平成でも令和でも、ハンドルから手を放さずにいろんな機能をコントロールするのが安全上良いとも言えます。

握りも太くがっちりとしていて武骨さが良いですが、反面ステアリングが大きく感じ圧迫感があるようにも感じます。

隙間が少ないからかな。

シートも全席快適・アレンジもまあまあ

シートはファブリックで黒とベージュ系の2色、本革で黒1色、グレードによりベージュは選べなかったりします。

どちらにせよオーソドックスな質感で、レザーは約13万のオプションで7席分と思えば意外と高くない設定です。

セカンドシートは2人掛けのキャプテンシートか6:4分割の3人掛けのベンチシートかを選ぶことが出来、どちらかというとキャプテンシート仕様の7人乗りが人気とのことです。

8人乗りはシートを倒してフラットに出来るのが強み、7人乗りは2列目のゆったりとした座り心地が強みのようです。

車中泊仕様のニーズとしては8人乗りになるようですね。

3列目は頭上足元はそこそこ、5ナンバーのフルサイズミニバンと同等くらいのイメージですかね。

オフロードの走破性を高めるために床が少し高く、やや狭いという感じがしなくもありません。

3ナンバーボディのサイズ感を全て室内に充てているわけではない感じです。

ただ、やや狭いというだけでスイングドアの7人乗りの輸入ミニバンであるトゥーランやスペースツアラー・グランツアラーよりも広く、フリードやシエンタなどのコンパクト7シーターよりかは遥かに広いです。

7人or8人フル乗車でも我慢が必要というほどではなく、あくまで5ナンバーのノア・ボクシーやセレナやステップワゴンが広すぎで完成度高すぎ、と言ったところでしょう。

背もたれの前倒し、3列目の跳ね上げなどなど。

5ナンバーミニバンよりもサイズに余裕がある分、シートアレンジにも余裕があるように感じます。

3列目を跳ね上げた時にも荷室をさほど圧迫せず、荷台・シート・全体の空間とバランスよく確保されていると言えます。

車中泊やキャンプグッズ満載のアウトドアでも不足はないでしょう。

華やかさは控えめ?


頭上空間・ヘッドクリアランスもしっかりあります。

アンビエントランプのような間接照明もラグジュアリーな感じとして良いですね。

木目のパネルや大理石調で高級感というのもあり来たりではありますが、デリカでは功を奏していると思います。

マットな質感のアルミシルバーの縁取りの質感も中々に欧州車っぽいテイストで良いかと。

木目調

奇をてらわず、オーソドックスに高級感を訴求するのは保守的な反面、エクステリアほどは攻めすぎずいい塩梅です。

黒大理石調

インテリアが派手派手過ぎると毎日、もしくは毎週末見る度に食傷気味になったりするかもしれないので、色味のシックさと合わせて良い落としどころかな。

このテイストのインテリアの質感を待っていた!という方も多いのか評判も良くて売れ行きは上々だという事を営業の方が言っておりました。

デザインや高級感などは現代的にモダンにアップデートしつつ、大き目の液晶のナビの設定でパンチの効いた感じにもインテリアメイクも出来る、というのが新型デリカD5のポイントでしょうか。

旧型は武骨な所にカスタムで無理やり高級感を出そうとするって方も多かったかもしれませんが、新型はあまり必要なさそう。

チューナー泣かせな仕上がりの完成度かもしれないですね。

カスタムするなら定番のリフトアップとかでしょうか。

ディーゼルモデルだとマフラーカスタムはあまり需要が無いようなので足回りでカスタムを楽しみましょうか。

インテリアは使い勝手よくマルチユース性が高まっています。車中泊などの車内スペースを活かした過ごし方も可能です。アウトドアイメージとも使い方ともマッチします。

ON/OFFどちらでも活躍するミニバンゆえに可能性は無限大です。

ウィンタースポーツにサーフィンにと、遊べるミニバンが新たなるステージを切り拓くって感じですね。

試乗インプレ④へと続きます。

是非展示車のチェック、試乗もしてみましょうね!

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ