走りを楽しむのとは対極にある ルーミー試乗インプレ②

乗り心地の良さでなく、乗り降りのしやすさというベクトルで売り出す!今ではそういった車の方が売れセンのようです。


ルーミー・タンク試乗記その①からの続きです。

走りには期待できない

このルミタン、乗り心地に関して非常に微妙です。

快適性で言えば一般的な古いトヨタ車レベル。

可もなく不可もなく、ハンドリングも特に楽しくもなく、といったところです。

パッソモーダなんかに試乗した時はエンジンは騒々しくてもハンドリングは思いの外フラットライドで良い、と思いましたが、同じシャーシーを共有するルーミー・タンクではハンドリングはスポイルされている模様。

わりと旧トヨタ車的なフワフワ系になってしまっています。

原因としてはルーフの高さを上げて室内高を確保したことで、重心位置が高くなり、スライドドアの採用で重量増、NAモデルではリアのスタビライザーを省く、など色々ありそうです。

ターボモデルの方がロールが抑えられていますが、それでも荷重がかかったりすると腰砕けになりがちです。

スピードを上げるだけでなく、乗車人数が多くなるとそういった弊害というか、乗り心地の不安定感が出やすくなるのでハンドリングは不安との戦い、楽しめるタイプではありません。

多人数乗車は割り切りが必要か

直進を走る分には乗り心地はそこまで悪くありません。街乗りの速度域、40㎞/hくらいまでではNAの方が乗り心地が良い、と思います。

ターボモデルに関してはリアのスタビの影響か、段差や路面の凸凹に対してリアの両タイヤが同時に跳ねるような感じでドスンドスンとバタつきます。

どちらのモデルでも多人数乗車した際には足回りの物足りなさが露呈する感じなので、割り切りが必要な車種と言えます。


ここまでディスっておいてなんですが、この車のツボはおそらく大人二人、とチャイルドシートを使用する子供1~2人の3~4人乗車の状態かと思います。

移動を楽しむというのはそこそこに、車に乗り降りしやすく、そして車の中で何からの作業をするのが快適な広さがある、と言うのが強みです。

あえての2列のスライドドア

2列目の席であれば、3列目が無いだけでほぼノアやセレナとおなじようなことが出来る空間があるイメージで、車内でチャイルドシートに乗せて世話をするなどの作業スペースとしては十分以上。

これはパッソではかなわない。ノアやボクシーのような3列シートのアレンジの面倒さや長大なボディに、シエンタフリードのようなプチバンだと3列のバランス配分での前後間隔の詰まりとシートアレンジの複雑な手順などの発生などデメリットもちょいちょいあります。

その点トール・ルーミー・タンクであれば2列シートでシンプルではあるので、
全長 x 全幅 x 全高(mm) 3725×1670×1735 のコンパクトなボディは取り回しなどでメリットがあります。

だったら、タントとかでいいんじゃない・・?とツッコミが来そうですが・・親子2~3人であればぶっちゃけ軽自動車でも事足ります。お住まいのエリアの状況や環境にもよりますが、お母さんが運転して子供の送迎+買い物使用、であれば軽で十分で、スライドドア付きの背が高めのモデルであれば意外と不足なくこなせます。

敢えてルーミーやタンクを選ぶ理由、として室内幅でプラス15㎝程軽自動車に比べてゆとりがあり、乗り心地もふわふわではありますが軽自動車より包容力があり、ラゲッジにベビーカーを横に積んだり、プラスアルファ―軽自動車よりも子供の荷物を積むことが出来ると思います。

子供の中学生進学により、部活道で荷物が増えた時などに軽自動車では容量不足になる、と言うことがそこそこあるようで、そういったステップアップに応えられるそこそこの大きさの低コストな車である、と言うのが存在意義のように感じます。

まとめ

ルーミーは、残念ながら走りを諦めた車である、と言わざるを言えません。

200万円前後で走りを諦めてない車と言えば、スバルインプレッサくらいの物でしょうか。

あちらは3ナンバーでありながらおそらく子供を含めて3人家族を想定した車。CMがそういう感じだし。でも室内の勝手ではルーミーの圧勝。

ママ的な観点から行くと電動スライドドアの便利さは使うと忘れられないもの。その分走りはトレードオフになっても、どこに重点を置いて車選びをするか、そこが一番大事です。

各家庭の事情はいろいろあると思いますが、個人的には子供2人まで、上が小学生以下くらい、下が0歳から5歳までの5年間乗る車、としてなら選ぶのもありかな?と思います。

子供の乗り降り、乗せ降ろしの手間は中々大変なのはわかるので、子育て応援カーなのかなぁと思います。

ふわふわしていても乗り心地を重視して、コーナーの不安感も、飛ばすなよ、と車から語り掛けていると前向きにとらえることもできるかも(笑)


ルーミーのターゲットはメンズ?インテリア編 試乗インプレ③ に続きます、

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ