プジョー2008マイチェン! 全高はちょっとよろしくないが自動ブレーキは歓迎☆

2008が2016年9月にマイナーチェンジ

10月頃と思っていたら、9月にマイナーチェンジ!2016年後期型プジョー2008、マイナーチェンジでラインナップを整理しています。
以前の記事でも紹介していてマイナーチェンジは10月頃と思っていましたが、9月でした(^_^;)

内外装と機能を充実

内装や外装をいじってマイチェン色を強くしてくるかと思いきや、意外と変化は少なめです。

ヘッドライトのイメージはそのままに、グリルが横バーから縦スリット入りの物に。これだけでもマイチェン感は出ていて、やや高級なイメージに。

インテエリアに関してはデザイン的な物は変化がなく、素材や色遣いが変更になっています。ナビは今まで設定されていたものと同じのが用意されるようで、世代の古さを感じるかも。

ダッシュボードのシボ加工のフィニッシュがやや変わり、硬質なプラスティックなものではありますが、見た目の引き締まった感じや艶、上質感を演出しています。

グレード構成


グレードは2種類
ベーシックなアリュール(Allure)
262万円~


上級のGTライン
285万円~


差額は23万円、グリップコントロールという悪路走行用の制御がGTLineには標準、アルミがAllure=16インチ、GTライン=17インチ、ミラーのカバーやバンパー、マフラーの装飾、ペダルのカバーやサイドシルステップカバーやフロアマットの有無など、細かな違いです。

グリップコントロール

グリップコントロールと言っても4WDになるわけではなく、5モード切替の電子制御デバイスで走破性が若干上がるもの。

最低限のトラクションコントロールは装着されているので、正直そこまで必要か、性能に差があるのか?使うのか?ぬかるみにはまったところで4WDほどの脱出力はないであろうことには変わりはないと思うので、無いよりかは幾分かマシ、くらいに考えましょう。

一応自動ブレーキもついた

以前の2008クロスシティという一応限定車の試乗の時にも記しましたが、17インチの足回りは街乗りの速度域での段差や路面のうねりなどでバタつく印象が有ったので、16インチモデルの方がプジョーらしい猫足を堪能できるのではないかと思います。

エンジンやオートマに関しても以前の試乗インプレで書いた通りのものと変わってないようです。

3気筒らしからぬスムーズな加速と、性能で物足りなさは無いでしょう。高速走行に関しても特別にグレードアップするほどの見どころは無いかもしれません。

作動する速度域は30㎞/h以下、と街乗りで位しか役に立たないかもしれませんが、簡易的な物とはいえ、自動ブレーキがついたことはプラスです。値段的にもほぼ据え置いているといっても良いでしょう。

プジョーの想定するところでも、街乗りメインということなのかもしれません。

全高はマンション的にNGかも

個人的には街乗りメインの都会派SUV、全高が1570㎜と立体駐車場の入らないサイズのままというのが残念です。

しかし、実寸でいくとルーフレール部分1556㎜くらいなので、もしかしたら入る可能性もなくもない。

試せるのであれば、機械式駐車場の入庫にトライしてみても良いかも。

全幅は1740mmで入る可能性が高い設定なので、日本市場向けに1550㎜以下の車高の設定が欲しいところです。

ちなみにアフターメーカーのローダウンサスで下げることも可能かと思いますが、プジョーのリアのトーションビームの強度がさほど高くないとのことで寿命を著しく縮めることになるようです。

あまりそういったカスタムはオススメできない車種のようなので、注意しましょう。

コスパ高めのオシャレSUV

ベストグレードは個人的には、Allure・アリュールだと思います。

パノラマルーフが11万円、性能や新しさで劣るナビがETCとセットで20万円、車体とオプションで300万円以内に収めるととてもコスパが高い車両のように感じます。

アルミの見栄えや各種パーツのフィニッシュの煌びやかな感じが良ければGTlineというチョイスになるでしょう。

納期と値引き

納期は販売店による、というのと色によるところが多いようで、2か月前後です。車両のストックがあれば1か月チョイといったところで、本国に発注するような大きなアイテムは色の選択とグレードの違いによる各パーツやシートのフィニッシュとグリップコントロールの有無、パノラマルーフの有無で、それ以外は日本にもってきてからでもなんとでもなるもので、他のメーカに比べて本国発注のオーダー待ちは発生しにくいそうです。

値引きはマイナーチェンジ後すぐで見込めない・・・と思いきや、10~15万円前後は見込めそうです。期末の決算や年末辺りであれば20万円くらいも狙えそうではあります。

自動ブレーキの搭載でまた一つレベルを上げたプジョー2008 ドイツ勢のSUVやコンパクトカーにたいしても安いと言える値付け、リーズナブルな価格の輸入コンパクトSUVとして、選択肢に加えてみても良いかもしれません。

などの記事も参考にしていただければと思います。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ